塩酸アルギニン

出典: meddic

arginine hydrochlorideL-arginine hydrochloride
塩酸L-アルギニン

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

関連リンク

ChemicalBook あなたのためにL-(+)-アルギニン塩酸塩(1119-34-2)の化学的性質を提供して、融点、価格、蒸気圧、沸点、毒性、比重、沸点、密度、分子式、分子量、物理的な性質、毒性 税関のコードなどの情報、同時にあなたは更にL ...
アルギニンで若返る! ミラクルアミノ酸『アルギニン』の驚異的な働き!! 若返り、美肌、ダイエット、育毛、長寿、老化病および生活習慣病予防改善のための 自分でできる最新若返り&長寿法 それがいま話題の”アルギニン ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。

添付文書

薬効分類名

  • 肝性脳症改善アミノ酸注射液

販売名

  • テルフィス点滴静注(200mL)

組成

成分・分量〉
 有効成分 1袋 200mL中

  • L-トレオニン 0.90g
    L-セリン 1.00g
    L-プロリン 1.60g
    L-システイン塩酸塩水和物 0.08g
    (L-システインとして) (0.06g)
    グリシン 1.80g
    L-アラニン 1.50g
    L-バリン 1.68g
    L-メチオニン 0.20g
    L-イソロイシン 1.80g
    L-ロイシン 2.20g
    L-フェニルアラニン 0.20g
    L-リシン塩酸塩 1.52g
    (L-リシンとして) (1.22g)
    L-ヒスチジン塩酸塩水和物 0.64g
    (L-ヒスチジンとして) (0.47g)
    L-トリプトファン 0.14g
    L-アルギニン塩酸塩 1.46g
    (L-アルギニンとして) (1.21g)

 添加物 1袋 200mL中

  • 亜硫酸水素ナトリウム(安定剤) 0.020g
    水酸化ナトリウム(pH調節剤) 適量

 1袋 200mL中

  • 総遊離アミノ酸 15.98g
    分岐鎖アミノ酸(BCAA)含有率 35.5w/w%
    必須アミノ酸/非必須アミノ酸 1.09
    総窒素 2.44g
    Fischer比# 37.03
     #(バリン+ロイシン+イソロイシン)/(チロシン+フェニルアラニン)[モル比]

電解質量〉 1袋 200mL中

  • Na+ 約3mEq
    Cl- 約19mEq

禁忌

  • 重篤な腎障害のある患者

[高窒素血症が誘発されるおそれがある.]

  • アミノ酸代謝異常症のある患者

[アミノ酸インバランスが助長されるおそれがある.]

効能または効果

  • 慢性肝障害時における脳症の改善
  • 通常成人1回500〜1000mLを点滴静注する.

投与速度は通常成人500mL当り180〜300分を基準とする.
経中心静脈輸液法を用いる場合は,本品の500〜1000mLを糖質輸液等に混和し,24時間かけて中心静脈内に持続注入する.
なお,年齢,症状,体重により適宜増減する.

  • 本剤はナトリウムイオン約14mEq/L,クロルイオン約94mEq/Lを含有するので,大量投与時又は電解質液を併用する場合には電解質バランスに注意すること.

慎重投与

  • 高度のアシドーシスのある患者

[アシドーシスが悪化するおそれがある.]

  • うっ血性心不全のある患者

[心不全が悪化するおそれがある.]

重大な副作用

低血糖

  • 低血糖があらわれることがあるので,発現時には速やかにブドウ糖注射液の投与を行うこと.

また,このような患者では栄養管理を十分に行うことが望ましい.

高アンモニア血症

  • 高アンモニア血症があらわれることがある.本剤適用時に本症が発現し遷延する場合には,本剤を含む窒素源の投与を中止し,適切な処置を行うこと.


★リンクテーブル★
リンク元L-arginine hydrochloride
関連記事アルギニン」「」「塩酸

L-arginine hydrochloride」

  [★]

塩酸L-アルギニン塩酸アルギニン

arginine hydrochloride

アルギニン」

  [★]

arginine, Arg, L-arginine, R
アミノ酸リジンヒスチジンオルニチン回路オルニチンアミジノ基グルタミン酸アルギニン


  • 極性、塩基性
  • 側鎖:

 -CH2-CH2-CH2-NH-C-(NH2)NH

  • グアニジウム基がついている(グアニジンはNH=C(NH2)2)
  • ヒゲ三本+グアニジウム基と覚える。
  • 生体内ではグルタミン酸からオルニチン(-CH2-CH2-CH2-NH2, リジンより炭素が1つ少ない)から尿酸サイクルを経て合成される。側鎖の根もとからの炭素源期の数は3つ




酸」

  [★]

acid
塩基


ブランステッド-ローリーの定義

ルイスの定義

塩酸」

  [★]

hydrogen chloride
塩化水素


  • HCl。





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡