塩酸アクラルビシン

出典: meddic

アクラルビシン

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

塩酸アクラルビシン;アクラシノン;アクラルビシン塩酸塩;アクラルビシン 英語化学名: ACLARUBICIN HYDROCHLORIDE 英語别名: aclacinon;Aclarubicin HCl;Aclarubicin hydrochlride;ACLARUBICIN HYDROCHLORIDE CBNumber: ...
用法/用量 1.注射液の調製:本品1バイアルに日局生理食塩液又は5%ブドウ糖液10mLを加えて溶解する。 2.投与方法: 1).固形癌及び悪性リンパ腫: (1).アクラルビシン塩酸塩として1日量40~50mg(力価 ...

関連画像

医療用医薬品 : アクラシノンPatent WO2012172892A1 - 金属サレン メディクイックブック第1部 2013 第十六改正日本薬局方(JP16)名称

添付文書

薬効分類名

  • 抗腫瘍性抗生物質

販売名

アクラシノン注射用20mg

組成

有効成分 (1バイアル中)

  • 日局 アクラルビシン塩酸塩20mg (力価)

添加物 (1バイアル中)

  • 乳糖水和物100mg、pH調節剤

禁忌

  • 心機能異常又はその既往歴のある患者[心筋障害があらわれることがある。]
  • 本剤の成分に対し重篤な過敏症の既往歴のある患者

効能または効果

  • 胃癌、肺癌、乳癌、卵巣癌、悪性リンパ腫、急性白血病の自覚的ならびに他覚的症状の寛解および改善

注射液の調製

  • 本品1バイアルに日局生理食塩液または5%ブドウ糖液10mLを加えて溶解する。

投与方法

固形癌及び悪性リンパ腫

  • アクラルビシン塩酸塩として1日量40〜50mg (力価) (0.8〜1.0mg (力価)/kg) を1週間に2回、1,2日連日または1,4日に静脈内ヘワンショット投与または点滴投与する。
  • アクラルビシン塩酸塩として1日量20mg (力価) (0.4mg (力価)/kg) を7日間連日静脈内へワンショット投与または点滴投与後、7日間休薬し、これを反復する。

急性白血病

  • アクラルビシン塩酸塩として1日量20mg (力価) (0.4mg (力価)/kg) を10〜15日間連日静脈内へワンショットまたは点滴投与する。


慎重投与

  • 肝障害のある患者[副作用が強くあらわれるおそれがある。]
  • 腎障害のある患者[副作用が強くあらわれるおそれがある。]
  • 骨髄機能抑制のある患者[骨髄抑制を悪化させるおそれがある。]
  • 感染症を合併している患者[骨髄機能抑制により感染を悪化させるおそれがある。]
  • 高齢者 (「高齢者への投与」の項参照)
  • 水痘症患者[致命的な全身障害があらわれるおそれがある。]

重大な副作用

心筋障害

(頻度不明)

  • 心筋障害さらに心不全等があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には、休薬又は投与を中止すること。特にアントラサイクリン系薬剤投与後症例ヘの本剤の投与には十分注意すること。

骨髄抑制

(5%以上)

  • 汎血球減少、貧血、白血球減少、血小板減少、出血があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には減量、休薬等適切な処置を行うこと。

薬効薬理

抗腫瘍効果6)〜8)

  • マウスのL1210白血病、P388白血病、エールリッヒ癌、ルイス肺癌、ザルコーマ180、CD8F1 (デニー・マーチン) 乳癌、C3H乳癌、Co-38及びラット腹水肝癌AH41C、AH66、AH13、AH44等の実験腫瘍に対して延命効果が認められている。また、ヌードマウスに移植されたヒト由来胃癌St-4、St-15及び結腸癌Co-3などに対し有効であった。

作用機序9) 10)

  • 本剤は、癌細胞のDNAに結合して核酸合成、特にRNA合成を強く阻害する。

有効成分に関する理化学的知見

一般名:

  • アクラルビシン塩酸塩 (Aclarubicin Hydrochloride)

化学名:

  • Methyl (1R , 2R , 4S )-4-{2, 6-dideoxy-4-O -[(2R , 6S )-6-methyl-5-oxo-3, 4, 5, 6-tetrahydro-2H -pyran-2-yl] -α-L-lyxo -hexopyranosyl-(1→4)-2, 3, 6-trideoxy-3-dimethylamino-α-L-lyxo -hexopyranosyloxy}-2-ethyl-2, 5, 7-trihydroxy-6, 11-dioxo-1, 2, 3, 4-tetrahydrotetracene-1-carboxylate monohydrochloride

分子式:

  • C42H53NO15・HCl

分子量:

  • 848.33
  • アクラルビシン塩酸塩は黄色〜微だいだい黄色の粉末である。

メタノール又はクロロホルムに極めて溶けやすく、水に溶けやすく、エタノール (95) に溶けにくい。 ■


★リンクテーブル★
リンク元aclarubicin hydrochloride
関連記事アクラルビシン」「」「塩酸

aclarubicin hydrochloride」

  [★]

  • 塩酸アクラルビシン
aclarubicin


アクラルビシン」

  [★]

aclarubicin
塩酸アクラルビシン aclarubicin hydrochloride, ACR
アクラシノマイシン aclacinomycin ACM
アクラシノン


酸」

  [★]

acid
塩基


ブランステッド-ローリーの定義

ルイスの定義

塩酸」

  [★]

hydrogen chloride
塩化水素


  • HCl。





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡