塩酸

出典: meddic

hydrogen chloride
塩化水素



  • HCl。


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/01/08 22:18:19」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 新薬紹介総説 抗悪性軟部腫瘍薬パゾパニブ塩酸塩(ヴォトリエント錠)の薬理作用と臨床効果
  • 新井 裕幸,深澤 宣明,上田 文枝
  • 日本薬理学雑誌 = Folia pharmacologica Japonica : くすりとからだ : ファーマコロジカ 141(1), 37-42, 2013-01-00
  • NAID 40019555737
  • 抗血栓療法で良好に維持している左心室腔内血栓症の犬の1例 (日本獣医師会学会学術誌) -- (小動物臨床関連部門)
  • 船山 麻理菜,寺崎 絵里,小宮山 絵梨 [他]
  • 日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association 66(1), 52-56, 2013-01-00
  • NAID 40019538718

関連リンク

濃塩酸を扱うときは塩化水素が発生するので風通しの良いところで行う。 安全めがねを使うと安心である。 目や手についたときは、多量の水でよく洗い流す。 飲み込んだときは、水で薄めた牛乳を飲ませて、すぐ医師の診察を受ける。
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 - 塩酸の用語解説 - 塩化水素の水溶液。濃塩酸は空気中で発煙する。純粋なものは無色。微量の鉄,塩素,有機物を含むときは黄色みを帯びる。市販の濃塩酸は 37.2重量%の塩化水素を含み,比重は ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
国試過去問100H028」「104I078」「099B028
リンク元有機スズ化合物」「次亜塩素酸」「濫用薬物」「無塩酸症」「テタノブリン
拡張検索塩酸メトクロプラミド」「塩酸メチルフェニデート
関連記事

100H028」

  [★]

  • 50歳の男性。自宅で死亡しているのを発見された。近くに空の瓶と遺書とがあった。死体検案では、角膜混濁は軽度で、眼瞼結膜に溢血点はなく、瞳孔は左右とも縮瞳している。口唇と口腔内とには腐食性変化を認めない。アーモンド臭などの異臭はない。
  • 死亡の原因として最も考えられるのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 100H027]←[国試_100]→[100H029

104I078」

  [★]


[正答]


※国試ナビ4※ 104I077]←[国試_104]→[104I079

099B028」

  [★]

  • 塩酸による眼の化学損傷の救急対応で適切なのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 099B027]←[国試_099]→[099B029

有機スズ化合物」

  [★]

organotin compound

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%89%E6%A9%9F%E3%82%B9%E3%82%BA%E5%8C%96%E5%90%88%E7%89%A9 有機スズ化合物(ゆうきスズかごうぶつ)またはスタナン (stannane) は炭化水素などの有機置換基を持つスズ化合物である。最初の有機スズ化合物はジメチルジヨードスズ (CH3)2SnI2 で、これは1849年にエドワード・フランクランドによって発見された。商業的にはポリ塩化ビニルを製造する際の塩酸の捕捉剤や熱的安定化剤、あるいは殺生物剤として利用される。酸化ビス(トリブチルスズ) (TBTO) は材木の防腐剤として広く用いられている。トリブチルスズ誘導体はフジツボなどの付着生物を船体から除去する薬剤としても使われたが、毒性の高さ(1リットルあたり1ナノグラムの濃度でも海洋生物に影響を与えるとする報告もある)への懸念から国際海事機関によって世界中で禁止されるに至った。N-ブチルトリクロロスズは、化学気相成長法を使ってガラスの表面に酸化スズの膜を乗せるのに用いられる。

調製

有機スズ化合物の合成法として以下のものが知られる<ref>Thoonen, S. H. L.; Deelman, B.-J.; van Koten, G. (2004). "Synthetic aspects of tetraorganotins and organotin(IV) halides". J. Organomet. Chem. 689: 2145?2157. Template:doi. オンライン版</ref>。

n RMgX + SnCl4 → RnSnCl(4−n) + n MgClX
  • アルキルナトリウムとハロゲン化スズのウルツ反応。
n RNa + SnX4 → RnSnX(4−n) + n NaX
  • 有機アルミニウム化合物とハロゲン化スズの交換反応。
n/3 R3Al + SnX4 → RnSnX(4−n) + AlX3
  • 有機置換基を3つ持つスズハロゲン化物はコチェシュコフ反応 (Kocheshkov redistribution)<ref>Thoonen, S.; Deelman, B.-J.; van Koten, G. Chem. Commun. 2001 1840. doi:10.1039/b106082c</ref> によって合成できる。
R4Sn + 3 SnCl4 → 4 R3SnCl

グリニャール試薬を経由する合成例としてトリブチル[(Z)-5-フェニル-2-ペンテン-2-イル]スタナンの合成を示す<ref>Stoermer, M. J.; Pinhey, J. T. (1998). "Tributyl-[(Z)-5-phenyl-2-penten-2-yl]stannane". Molecules 3: M67. オンライン版</ref>。

ファイル:Reaction of organotin with Grignard reagent.svg

乾燥テトラヒドロフラン中で削り状マグネシウムと (Z)-2-ブロモ-5-フェニル-2-ペンテンからグリニャール試薬を調製し、溶液が脱色するまで塩化トリブチルスズで滴定する。得られた溶液を室温で1時間撹拌してからエバポレーターで溶媒を留去する。残渣をジエチルエーテルで抽出したのち溶液を飽和食塩水で洗い、ろ過・溶媒留去を行う。粗生成物をクーゲルロールで蒸留すると、トリブチル[(Z)-5-フェニル-2-ペンテン-2-イル]スタナンが無色のオイルとして得られる。

反応

  • 右田・小杉・スティルカップリング ? パラジウム塩を触媒とする、ハロゲン化アリール、ハロゲン化アルケニルなどと有機スズ化合物とのカップリング反応。
  • トリアルキルスズ(水素化トリブチルスズ、n-Bu3SnHなど)はラジカル (化学)的還元剤として用いられる。

用途と毒性

4有機置換スズは非常に安定であり、毒性や生理活性も低い。殺生物剤としては作用しないが、代謝されると有毒な3有機置換スズになる。触媒を合成する際の前駆体として利用される。

3有機置換スズは非常に毒性が高い。トリ-n-アルキルスズは植物毒性を持つため農薬として使用できない。持っている有機置換基によっては強力な殺菌剤 (農薬その他)や殺真菌剤となり得る。トリブチルスズは布や紙、木材パルプ、およびビール醸造所、冷却機の殺真菌剤として利用される。トリフェニルスズは抗真菌塗料の活性成分である。その他の3有機置換スズは殺ダニ剤(ダニ駆除薬)として使われる。

ジフェニルスズを除く2有機置換スズは抗真菌活性を持たず、毒性・抗菌活性も低い。ポリマーの製造やポリ塩化ビニルの熱安定化剤、触媒、ポリウレタンの製造、シリコーンゴムの硬化剤といった用途を持つ。

1有機置換スズは殺生物剤としての活性を持たない。哺乳類に対する毒性は非常に低い。メチルスズ、ブチルスズ、オクチルスズ、モノエステルスズはポリ塩化ビニルの熱安定化剤として用いられる。

重要な化合物

  • ジアルキルおよびモノアルキルスズチオジラート (thiogylate) ? ポリ塩化ビニルの熱安定化剤。
  • 酸化ビス(トリブチルスズ) ? 無色から淡黄色の液体。材木の防腐剤。
  • 酢酸トリフェニルスズ ? 灰白色結晶。殺虫剤、抗真菌剤。
  • 塩化トリフェニルスズ ? 無色結晶。殺生物剤、化学合成の中間体。
  • 水酸化トリフェニルスズ ? 灰白色粉末。抗真菌剤、昆虫の不妊化剤。
  • 酸化フェンブタスズ ? 安定性の高い白色固体。ダニの駆除剤。
  • アゾシクロチン (azocyclotin) ? 無色結晶。効果の持続する殺ダニ剤、植物に付くハダニの駆除。
  • シヘキサチン ? 白色固体。殺ダニ剤。
  • 水素化トリブチルスズ ? 液体。ラジカル的水素化剤として有機合成で使用。

関連項目

参考文献

<references /> 共にオンラインで全文が閲覧可能(英語)。

外部リンク


次亜塩素酸」

  [★]

hypochlorous acid

次亜塩素酸(じあえんそさん、Hypochlorous acid)は塩素オキソ酸の1つで、塩素の酸化数は+1である。組成式では HClO と表わされるが、水素原子と塩素原子が酸素原子に結合した構造 H−O−Cl を持つ。不安定な物質であり水溶液中で徐々に分解する。次亜塩素酸および次亜塩素酸の塩類は酸化剤漂白剤、外用殺菌剤、消毒剤として利用される。

性質

実験室的には水酸化カリウム水溶液などに塩素を通じたりして調整した次亜塩素酸塩水溶液を硫酸で中和し、水蒸気蒸留して遊離酸の水溶液を得る。また、酸化水銀 の四塩化炭素懸濁液に塩素を通じた後に水で抽出したり、あるいは酸化ビスマスを水懸濁液中に塩素を通じることで遊離酸の水溶液を得る方法も知られている。

薄い水溶液としては存在するが、25%以上の濃度では一酸化二塩素に変化するので遊離酸を単離することはできない。濃厚水溶液は淡黄色である。また、遊離酸が弱酸 (pKa = 7.53)<ref>「次亜塩素酸」、『岩波理化学辞CD-ROM版』 第5版、岩波書店、1998年。</ref> のため、次亜塩素酸ナトリウムなどの次亜塩素酸塩水溶液はかなり強い塩基性を示す。

水溶液中でも不安定で、次のような不均化により塩化水素を放出しながら徐々に分解する。

<math>\rm 2 HClO \longrightarrow 2 HCl + O_{2}</math>
<math>\rm 3 HClO \longrightarrow 2 HCl + HClO_{3}</math>

次亜塩素酸やその塩の水溶液は、カルキ臭と呼ばれるプールの消毒槽のようなにおいを持つ。

また、塩素を水に溶かすと、次のような平衡により一部が塩酸と次亜塩素酸となる<ref>「次亜塩素酸」、『世界百科事典CD-ROM版』 V1.22、平凡社、1998年。</ref>。

<math>

{\rm Cl_2 + H_2O \ \overrightarrow\longleftarrow \ HCl + HClO} \quad K _{\rm w}=1.56 \times 10^{-4} </math> すなわち、中性~酸性条件ではこの反応はあまり進行しないが、アルカリ性条件では生成する遊離酸が次亜塩素酸塩となり平衡が右に偏るので、次亜塩素酸塩を製造する方法の1つとなる。

  • 水と一酸化二塩素の反応
<math>

\rm Cl_2O + H_2O \longrightarrow 2HClO </math>

<math>

\rm HClO + H_2O_2 \longrightarrow HCl + H_2O + O_2 </math>

  • ハロホルム反応により、アルカリ性条件下で次亜塩素酸(塩)はメチルケトンアルコール類を塩素化する。
  • 炭素二重結合に次亜塩素酸が付加すると、クロロヒドリン体を与える。

出典

<references />

参考文献

  • R・B・ヘスロップ、K・ジョーンズ 『ヘスロップ ジョーンズ無機化学(下)』 第1版、斎藤喜彦訳、東京化学同人、1977年。

関連項目


濫用薬物」

  [★]

毒物及び劇薬取締法 毒物 シアン化合物、ヒ素黄リン水銀ニコチン
劇物 硫酸硝酸塩酸メタノール
特定毒物 パラチオン四アルキル鉛メタノール
  毒薬 アトロピンジギタリス配糖体スコポラミンストリキニーネ
劇薬 カフェインプロカイン
麻薬及び向精神薬取締法 麻薬 アヘンアルカロイドコカイン合成麻薬LSD
第1腫向精神薬 セロバルビタール、メチルフェニデート
第2腫向精神薬 アキサゾラム、ペンタゾシンペントバルビタール
第3腫向精神薬 アロバルビタールオキサゾラムクロルジアゼポキシドジアゼパムトリアゾラムフェノバルビタール、トラゼパム
覚醒剤取締法 覚醒剤 アンフェタミンメタンフェタミン
大麻取締法 大麻 大麻草及び製品
あへん法 けし属 けし、けしがら、アヘン


無塩酸症」

  [★]

achlorhydria 
chlorhydria 胃酸過多. (adj.)chlorhydric=hydrochloric. hydrochloric acid 塩酸
  • 壁細胞による自己抗体の出現により生じうる。壁細胞の破壊により悪性貧血も伴う


テタノブリン」

  [★] 破傷風抗毒素ポリエチレングリコールグリシンD-マンニトール塩化ナトリウム水酸化ナトリウム塩酸


塩酸メトクロプラミド」

  [★]

metoclopramide hydrochloride
メトクロプラミド


塩酸メチルフェニデート」

  [★] メチルフェニデート


酸」

  [★]

acid
塩基


ブランステッド-ローリーの定義

ルイスの定義



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡