塩基転位

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

ファヴォルスキー転位(-てんい、Favorskii rearrangement)はα位に脱離基を持つケトン が塩基の存在下にカルボン酸誘導体に変化する転位反応のことである。 1913年に アレクセイ・ファヴォルスキーによってカルボニル基のα位が臭素で二置換されている ケトン ...
リボソームは、一連の伝令RNA(en: Messenger RNA)を読み取り、転移RNA(en: Transfer RNA (TRNA))に結びついたアミノ酸 ... リボソームのタンパク質合成部位で mRNA上の塩基配列(コドン)を認識し、対応するアミノ酸を合成中のポリペプチド鎖に 転移 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事転位

転位」

  [★]

DNAの転移

translocation, transposition

骨の転位

dislocation






★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡