塩基性非ステロイド性抗炎症薬

出典: meddic

basic nonsteroidalantiinflammatory drug
非ステロイド性抗炎症薬

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 4-Ethoxy-2-methyl-5-morpholino-3(2H)-pyridazinone(M73101)の薬理学的研究 : 第1報鎮痛作用
  • 佐藤 誠,谷沢 久之,福田 保,由井薗 倫一
  • 日本薬理学雑誌 74(7), 841-855, 1978
  • … 原因は薬物代謝酵素誘導作用に基づくものであることが推察された.さらにinclined screen testの結果から,鎮痛作用量と筋弛緩作用量が接近していたMP,TA,BZとは異なり,M73101の鎮痛作用には筋弛緩作用が関与していないものと思われた.以上の成績からM73101は塩基性非ステロイド性抗炎症薬の範ちゅうに属し,既知薬物と同等以上の鎮痛作用を有することから,抗炎症薬として臨床的に有用であろうことが示唆された. …
  • NAID 130000758984

関連リンク

非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs) Non-Steroidal Anti-Inhlammatory Drugs 末梢(痛みの発生部位)に発生した炎症を抑えたり、中枢(脳の視床下部)に働いて熱を下げる作用のある薬です。 NSAIDsには酸性系と ...
塩基性非ステロイド性消炎鎮痛薬 塩酸チアラミド(ソランタール),塩酸ペンジダミン(リリベン) 薬理作用の特徴:PG 生合成抑制作用を示さない.作用機序は分かっていない.抗炎症作用が比較的弱く,慢性関節 ...
非ステロイド性抗炎症薬(エヌセイド) 【NSAIDs】 Non-Steroidal Anti-Inflammatory Drug ステロイドホルモン以外の薬物で抗炎症作用を持つ薬剤。 同時に解熱・鎮痛作用も持つ アラキドン酸代謝で、シクロオキシゲナーゼを阻害すること ...

関連画像

 (非ステロイド系抗炎症薬非ステロイド性抗炎症薬の画像 非ステロイド性抗炎症薬の画像


★リンクテーブル★
関連記事炎症」「」「塩基性」「ステロイド性抗炎症薬」「抗炎症

炎症」

  [★]

inflammation
炎症反応 inflammatory reaction
  • 急性炎症による有害な刺激物が除去され組織が修復されるが、障害が続けば慢性炎症となる。

主徴 (BPT.32)

原因

  • 病原微生物の感染
ウイルス、リケッチア、細菌、真菌、原虫、寄生虫
  • 外傷
  • 物理的刺激
日光、放射線物質、電気的刺激、摩擦
  • 化学的刺激
酸・アルカリ
  • 壊死物
  • 異物
  • 免疫学的な刺激(アレルギー、自己免疫疾患)

分類

  • 急性 acute
比較的短期間で終了し滲出と好中球浸潤が主体
  • 亜急性 subacute
  • 慢性 chronic
長時間持続し、組織増殖とリンパ球・組織球浸潤が主体
  急性炎症 慢性炎症
概要 滲出性病変が主体 増殖性変化が主体
経過 急性・一過性 遷延性・潜行性
血管 血管透過性亢進 血管新生
間質組織 充血・浮腫 線維芽細胞・血管・間質結合組織の増生
浸潤細胞 好中球→マクロファージ→リンパ球

急性炎症 (BPT.33)

  • vascular change
vasolilation
increased vascular permeability
  • cellular events
cellular recruitment and activation

慢性炎症

薬」

  [★]

drug, agent
薬物
作用薬ドラッグ媒介物病原体麻薬薬剤薬物代理人薬品


塩基性」

  [★]

basicitybasic
塩基塩基性度塩基度基礎基礎的基本基本的ベーシック

ステロイド性抗炎症薬」

  [★]

adrenocortical hormone agent、adrenocortical hormone drug、steroid anti-inflammation、steroid antiinflammation
非ステロイド性抗炎症薬


抗炎症」

  [★]

antiinflammationanti-inflammatoryantiinflammatory
抗炎症性抗炎症薬消炎消炎性



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡