塩化カリウム

出典: meddic

potassium chloride
KCL注KCL補正液K.C.L.点滴液





Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/09/20 02:41:38」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 300℃から410℃における塩化カリウム : 水系の気液平衡
  • 澁江 靖弘
  • 兵庫教育大学研究紀要 : 学校教育・幼年教育・教育臨床・障害児教育・言語系教育・社会系教育・自然系教育・芸術系教育・生活・健康系教育・総合学習系教育 40, 79-91, 2012-02
  • NAID 120004161756
  • 黒ボク土の1_M塩化カリウム抽出アルミニウムは何を測っているのか?
  • 高橋 正,菅野 均志,辻村 夏希,南條 正巳
  • 日本土壌肥料學雜誌 82(1), 1-6, 2011-02-05
  • … 1_M塩化カリウム抽出アルミニウム(KCl-Al)は酸性土壌の交換性Alを測定する標準的な方法として用いられている.この方法で抽出されるAlイオンは,主に永久荷電上に吸着されたAlイオンがイオン交換によって放出されたものとみなされる.しかし,非アロフェン質黒ボク土では,Al-腐植複合体がKCl-Al測定値に影響を及ぼすことが予想された.そこで,Al-腐植複合体の多い非アロフェン質黒ボク土A層のKCl-Alの内容を検討した.1)用いた14 …
  • NAID 110008897969

関連リンク

塩化カリウム(えんかカリウム、potassium chloride)は化学式 KCl で表されるカリウム の塩化物で、結晶格子は塩化ナトリウム型構造をとる。工業的には塩加・塩化加里とも 呼称される。 アメリカでは薬物による死刑執行時に使用する薬物としても知られる。 ...

関連画像

今市署,高濃度塩化カリウム  マ 塩化カリウム 本体写真塩化カリウム塩化カリウム』の画像を検索 塩化カリウム 塩化カリウムの 粒状】塩化カリ「塩化カリウム

添付文書

薬効分類名

  • 高カロリー輸液用 糖・電解質・アミノ酸・総合ビタミン・微量元素液

販売名

エルネオパ1号輸液(1000mL袋)

組成

本剤は上室、小室V、小室T、下室の4 室を有し、ブドウ糖、アミノ酸、電解質、ビタミン及び微量元素を含む注射液で、それぞれ次の成分を含有する。

■上室液(692mL中)

糖質

ブドウ糖

  • 120g

電解質

塩化ナトリウム

  • 2.220g

塩化カリウム

  • 0.597g

L-乳酸ナトリウム

  • 1.310g

リン酸二水素カリウム

  • 0.688g

微量元素

ヨウ化カリウム

  • 0.0830mg

ビタミン

チアミン塩化物塩酸塩

  • 1.95mg

(チアミンとして)

  • (1.53mg)

ピリドキシン塩酸塩

  • 2.45mg

(ピリドキシンとして)

  • (2.02mg)

シアノコバラミン

  • 2.5μg

パンテノール

  • 7mg

(パントテン酸として)

  • (7.5mg)

添加物

氷酢酸(pH調整剤)

  • 適量

上室液のK濃度は、19mEq/L。

■小室V液(4mL中)

ビタミン

リボフラビンリン酸エステルナトリウム

  • 2.3mg

(リボフラビンとして)

  • (1.8mg)

アスコルビン酸

  • 50mg

ビオチン

  • 30μg

ビタミンA油

  • 1650ビタミンA単位

コレカルシフェロール

  • 2.5μg

トコフェロール酢酸エステル

  • 5mg

フィトナジオン

  • 1mg

添加物

ポリソルベート80

  • 20mg

ポリソルベート20

  • 4mg

D‐ソルビトール

  • 80mg

マクロゴール400

  • 40mg

水酸化ナトリウム(pH調整剤)

  • 適量

リン酸二水素ナトリウム(pH調整剤)

  • 適量

■小室T 液(4mL中)

微量元素

塩化第二鉄

  • 4.730mg

塩化マンガン

  • 0.09895mg

硫酸亜鉛水和物

  • 8.625mg

硫酸銅

  • 0.624mg

添加物

コンドロイチン硫酸エステルナトリウム

  • 4.887mg

水酸化ナトリウム(pH調整剤)

  • 適量

■下室液(300mL中)

アミノ酸

L‐ロイシン

  • 2.80g

L‐イソロイシン

  • 1.60g

L‐バリン

  • 1.60g

L-リシン酢酸塩

  • 2.96g

(*L‐リシンとして)

  • (2.10g)

L‐トレオニン

  • 1.14g

L‐トリプトファン

  • 0.40g

L‐メチオニン

  • 0.78g

アセチルシステイン

  • 0.27g

(L‐システインとして)

  • (0.20g)

L‐フェニルアラニン

  • 1.40g

L‐チロシン

  • 0.10g

L‐アルギニン

  • 2.10g

L‐ヒスチジン

  • 1.00g

L‐アラニン

  • 1.60g

L‐プロリン

  • 1.00g

L‐セリン

  • 0.60g

グリシン

  • 1.18g

L‐アスパラギン酸

  • 0.20g

L‐グルタミン酸

  • 0.20g

電解質

塩化カルシウム水和物

  • 0.294g

硫酸マグネシウム水和物

  • 0.493g

酢酸カリウム

  • 0.884g

ビタミン

ニコチン酸アミド

  • 20mg

葉酸

  • 0.2mg

添加物

亜硫酸水素ナトリウム

  • 15mg

コハク酸(pH調整剤)

  • 適量

下室液のK濃度は、30mEq/L。

■混合時(1袋、1000mL中)

糖質

ブドウ糖

  • 120g

糖濃度

  • 12.0%

電解質

Na+※

  • 50mEq

  • 22mEq

Mg2+

  • 4mEq

Ca2+

  • 4mEq

Cl

  • 50mEq

SO42−

  • 4mEq

Acetate−※

  • 41mEq

L-Lactate

  • 12mEq

Succinate2−※

  • 8mEq

  • 5mmol
  • (157mg)

ビタミン

チアミン塩化物塩酸塩

  • 1.95mg

リボフラビンリン酸エステルナトリウム

  • 2.3mg

ピリドキシン塩酸塩

  • 2.45mg

シアノコバラミン

  • 2.5μg

ニコチン酸アミド

  • 20mg

パンテノール

  • 7mg

葉酸

  • 0.2mg

ビオチン

  • 30μg

アスコルビン酸

  • 50mg

ビタミンA油

  • 1650ビタミンA単位

コレカルシフェロール

  • 2.5μg

トコフェロール酢酸エステル

  • 5mg

フィトナジオン

  • 1mg

微量元素

鉄(Fe)

  • 17.5μmol

マンガン(Mn)

  • 0.5μmol

亜鉛(Zn)

  • 30μmol

銅(Cu)

  • 2.5μmol

ヨウ素(I)

  • 0.5μmol

アミノ酸

総遊離アミノ酸量

  • 20g

総窒素量

  • 3.13g

必須アミノ酸/非必須アミノ酸

  • 1.44

分岐鎖アミノ酸含有率

  • 30w/w%

総熱量

  • 560kcal

非蛋白熱量

  • 480kcal

非蛋白熱量/窒素

  • 153

※:添加物に由来するものを含む。

禁忌

  • 電解質代謝異常のある患者[電解質異常を助長し、症状が悪化するおそれがある。]
  • 高ナトリウム血症の患者
  • 高クロル血症の患者
  • 高カリウム血症(乏尿、アジソン病、高窒素血症等)の患者
  • 高リン血症(副甲状腺機能低下症等)の患者
  • 高マグネシウム血症(甲状腺機能低下症等)の患者
  • 高カルシウム血症の患者
  • 重篤な肝障害(肝性昏睡又は肝性昏睡のおそれ等)のある患者[アミノ酸の代謝が十分に行われないため、症状が悪化するおそれがある。]
  • 胆道閉塞のある患者[排泄障害により、マンガンの全血中濃度及び銅などの微量元素の血漿中濃度を上昇させるおそれがある。]
  • 重篤な腎障害のある患者[水分、電解質の過剰投与に陥りやすく、症状が悪化するおそれがある。また、アミノ酸の代謝産物である尿素等が滞留し、症状が悪化するおそれがある。]
  • アミノ酸代謝異常のある患者[投与されたアミノ酸が代謝されず、症状が悪化するおそれがある。]
  • 本剤又は本剤配合成分に過敏症の既往歴のある患者
  • 血友病の患者[出血時間を延長させるおそれがある(パンテノール含有のため)。]

効能または効果

  • 経口・経腸管栄養補給が不能又は不十分で、経中心静脈栄養に頼らざるを得ない場合の水分、電解質、カロリー、アミノ酸、ビタミン、亜鉛、鉄、銅、マンガン及びヨウ素の補給

エルネオパ1号輸液

  • 本剤は経中心静脈栄養法の開始時で、耐糖能が不明の場合や耐糖能が低下している場合の開始液として、あるいは侵襲時等で耐糖能が低下しており、ブドウ糖を制限する必要がある場合の維持液として用いる。
    用時に上下2 室の隔壁と上室内にある黄褐色及び赤褐色の小室を同時に開通し十分に混合して、開始液又は維持液とする。
    通常、成人には1 日2000mL の開始液又は維持液を24 時間かけて中心静脈内に持続点滴注入する。
    なお、症状、年齢、体重に応じて適宜増減する。

エルネオパ2号輸液

  • 本剤は経中心静脈栄養法の維持液として用いる。
    用時に上下2 室の隔壁と上室内にある黄褐色及び赤褐色の小室を同時に開通し十分に混合して、維持液とする。
    通常、成人には1 日2000mL の維持液を24 時間かけて中心静脈内に持続点滴注入する。
    なお、症状、年齢、体重に応じて適宜増減する。
  • 黄疸がある場合又は本剤投与中にマンガンの全血中濃度の上昇が認められた場合及び銅などの微量元素の血漿中濃度の上昇が認められた場合には、投与を中止し、他の高カロリー輸液療法を考慮すること。

慎重投与

  • 菌血症の患者[カテーテルが二次感染巣となることがあり、敗血症さらには敗血症性ショックを起こすおそれがある。]
  • 脱水症の患者[本症には適切な水分、電解質管理が必要であり、本剤の投与により水分、電解質等に影響を与え、症状が悪化するおそれがある。]
  • 肝機能障害のある患者[代謝機能が低下している。微量元素の血漿・全血中濃度を上昇させるおそれがある。]
  • 腎障害のある患者[水分、電解質等の調節機能が低下している。微量元素の血漿・全血中濃度を上昇させるおそれがある。]
  • 重症熱傷のある患者[水分、電解質代謝等が著しく障害されている。]
  • 心不全のある患者[循環血液量を増すことから心臓に負担をかけ、症状が悪化するおそれがある。]
  • 閉塞性尿路疾患により尿量が減少している患者[水分、電解質の過負荷となり、症状が悪化するおそれがある。]
  • 糖尿病の患者[ブドウ糖の組織への移行が抑制されているので、高血糖を生じ症状が悪化するおそれがある。]
  • 尿崩症の患者[本症には適切な水分、電解質管理が必要であり、本剤の投与により電解質等に影響を与え、症状が悪化するおそれがある。]
  • 高度のアシドーシスのある患者[症状が悪化するおそれがある。]
  • 膵障害(膵炎、膵硬化症、膵腫瘍等)のある患者[糖代謝異常等を伴うことがある。]
  • 本人又は両親、兄弟に気管支喘息、発疹、蕁麻疹等のアレルギーを起こしやすい体質を持つ患者
  • 薬物過敏症の既往歴のある患者
  • 妊婦(「6. 妊婦、産婦、授乳婦等への投与」の項参照)
  • 小児(「7. 小児等への投与」の項参照)

重大な副作用

アシドーシス

  • 重篤なアシドーシスがあらわれた場合には、【警告】の項を参照し、適切な処置を行うこと。

ショック、アナフィラキシー様症状

  • ショック、アナフィラキシー様症状を起こすことがあるので、観察を十分に行い、血圧低下、意識障害、呼吸困難、チアノーゼ、悪心、胸内苦悶、顔面潮紅、そう痒感、発汗等があらわれた場合には、直ちに投与を中止し、適切な処置を行うこと。

高血糖

  • 本剤は高濃度のブドウ糖含有製剤なので、過度の高血糖、高浸透圧利尿、口渇があらわれるので、このような症状があらわれた場合には、インスリン投与等の適切な処置を行うこと。

薬効薬理

  • 正常ラット2)、微量元素欠乏下開腹術侵襲モデルラット3)を用い、市販のTPN 用糖・電解質・アミノ酸・総合ビタミン液とTPN 用微量元素製剤の混合液(対照液)と比較検討した結果、同様な栄養効果、電解質補給効果、微量元素補給効果を有すると考えられた。


★リンクテーブル★
国試過去問100C003」「107A027」「089A091
リンク元ラコールNF配合」「エンシュア・リキッド」「ツインラインNF配合」「ツインライン」「フェニルアラニン除去ミルク配合
関連記事カリウム」「塩化

100C003」

  [★]

  • 次の文を読み、1~3の問いに答えよ。
  • 70歳の男性。肺癌の手術目的で入院した。
  • 現病歴 : 3か月前から咳が出現した。近医にて胸部エックス線撮影、胸部CTおよび気管支鏡検査を受け、左上葉原発の肺癌と診断された。
  • 既往歴 : 38歳から高血圧症で降圧薬を服用中である。40歳から腎不全に対して週3回の血液透析を受け、無尿で経過している。
  • 現症 : 身長165cm、体重60kg。脈拍64/分、整。血圧148/88mmHg。皮膚は乾燥し、左前腕に内シャントを認める。心音と呼吸音とに異常を認めない。
  • 検査所見 : 血液所見:赤血球380万、Hb 10.1g/dl、Ht 35%、白血球6,800、血小板32万。血清生化学所見:尿素窒素72mg/dl、クレアチニン7.6mg/dl、Na
  • 140mEq/l、K 5.1mEq/l、Cl 104mEq/l。心電図上、洞調律であり虚血を疑う所見はない。手術前日に血液透析を受けた。
  • 手術・麻酔経過 : 右側臥位にて左肺上葉切除術を予定した。麻酔は全身麻酔で換気は左右分離肺換気で行った。開胸操作までは脈拍64/分、血圧160/96mmHg前後で推移したが、胸腔内操作が始まって1時間後、肺動脈からの出血が始まり、電解質液、代用血漿製剤1,000mlを投与した。10分後、出血量が1,900mlを超え、血圧が64/48mmHgへと低下した。赤血球濃厚液1,600mlを急速に輸血したところ、心電図上T波が尖鋭化し心室細動となった。純酸素による両肺換気、術者による心マッサージ、電気的除細動によって3分後に回復し、リドカイン1mg/kg/時間と塩酸ドパミン5μg/kg/分の持続投与で、以後洞調律で安定した。心拍再開後の瞳孔径は左右とも2mmであり、麻酔からの覚醒に問題はなかった。心室細動時の動脈血ガス分析(両肺換気、100%酸素)ではpH7.30、PaO2 592Torr、PaCO2 37Torr、BE -6.5mEq/l。Hb 9.6g/dlであった。
  • この患者の心室細動に対する治療薬として最も適切なのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 100C002]←[国試_100]→[100C004

107A027」

  [★]

  • 生後8日の新生児。異常な動きを心配した母親に連れられて来院した。在胎38週1日2,750gで出生した。生後特に異常なく退院した。生後6日からしゃっくりが出現した。生後7日には両手を挙げて首を振るような動作が数回みられ、目や口を見開き、びっくりするような表情がみられた。生後8日にも首を振る動作がみられ、四肢の振戦もみられるようになったため受診した。意識は清明。咽頭に異常を認めない。心音と呼吸音とに異常を認めない。腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知しない。四肢に振戦を認める。血液所見:赤血球518万、Hb 18.6g/dl、Ht 51%、白血球15,300、血小板21万。血液生化学所見:血糖50mg/dl、総蛋白6.3g/dl、アルブミン4.0g/dl、尿素窒素10mg/dl、クレアチニン0.3mg/dl、総ビリルビン15.2mg/dl、直接ビリルビン0.3mg/dl、AST 42IU/l、ALT 17IU/l、Na131mEq/l、K 3.2mEq/l、Cl 97mEq/l、Ca 6.2mg/dl。CRP 0.1mg/dl。
  • 対応として最も適切なのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 107A026]←[国試_107]→[107A028

089A091」

  [★]

  • そのまま静注してならない溶液はどれか

ラコールNF配合」

  [★]

たん白アミノ酸製剤
配合成分 1パウチ200mL(200kcal)中 1バッグ400mL(400kcal)中
乳カゼイン 6.800g 13.600g
分離大豆たん白質 3.332g 6.664g
トリカプリリン 1.500g 3.000g
ダイズ油 1.398g 2.796g
シソ油 0.360g 0.720g
パーム油 0.668g 1.336g
マルトデキストリン 29.716g 59.432g
精製白糖 2.600g 5.200g
クエン酸ナトリウム水和物 414.0mg 828.0mg
炭酸カリウム 395.4mg 790.8mg
塩化マグネシウム 311.0mg 622.0mg
塩化カルシウム水和物 235.2mg 470.4mg
クエン酸三カリウム 102.54mg 205.08mg
クエン酸カルシウム 79.06mg 158.12mg
リン酸二水素カリウム 19.288mg 38.576mg
塩化カリウム 12.060mg 24.120mg
グルコン酸第一鉄 6.576mg 13.152mg
硫酸亜鉛水和物 3.868mg 7.736mg
硫酸マンガン 984.2μg 1968.4μg
硫酸銅 786.2μg 1572.4μg
ビタミンA油(1g中20万IU含有) 2.070mg 4.140mg
コレカルシフェロール 0.680μg 1.360μg
トコフェロール酢酸エステル 1300.0μg 2600.0μg
フィトナジオン 12.50μg 25.00μg
チアミン塩化物塩酸塩 966.0μg 1932.0μg
リボフラビンリン酸エステルナトリウム 622.8μg 1245.6μg
ピリドキシン塩酸塩 911.8μg 1823.6μg
シアノコバラミン 0.640μg 1.280μg
アスコルビン酸ナトリウム 63.20mg 126.40mg
ニコチン酸アミド 5.000mg 10.000mg
パントテン酸カルシウム 2.082mg 4.164mg
葉酸 75.00μg 150.00μg
ビオチン 7.720μg 15.440μg

エンシュア・リキッド」

  [★]

Ensure liquid
  1缶250mL(250kcal)中 1バッグ500mL(500kcal)中
カゼインナトリウム 5.9g 11.8g
カゼインナトリウムカルシウム 2.7g 5.4g
分離大豆たん白質 1.3g 2.6g
トウモロコシ油 8.3g 16.6g
大豆レシチン 0.4g 0.8g
デキストリン 24.5g 49.0g
精製白糖 9.8g 19.6g
レチノールパルミチン酸エステル 344μg(625 I U) 688μg(1250 IU)
コレカルシフェロール 1.25μg(50 I U) 2.5μg(100 IU)
トコフェロール酢酸エステル 8.23mg 16.46mg
フィトナジオン 17.5μg 35μg
アスコルビン酸 38mg 76mg
チアミン塩化物塩酸塩 0.43mg 0.86mg
リボフラビン 0.43mg 0.86mg
ピリドキシン塩酸塩 0.61mg 1.22mg
シアノコバラミン 1.5μg 3μg
塩化コリン 0.15g 0.3g
葉酸 50μg 100μg
ニコチン酸アミド 5.0mg 10mg
パントテン酸カルシウム 1.36mg 2.72mg
ビオチン 38μg 76μg
炭酸水素ナトリウム 76.5μg 153μg
塩化マグネシウム 0.41g 0.82g
クエン酸カリウム 0.46g 0.92g
第三リン酸カルシウム 0.30g 0.60g
塩化カリウム 0.30g 0.60g
クエン酸ナトリウム水和物 0.39g 0.78g
硫酸亜鉛水和物 16.49mg 32.98mg
硫酸鉄水和物 11.20mg 22.40mg
塩化マンガン 1.80mg 3.60mg
硫酸銅 0.98mg 1.96mg


ツインラインNF配合」

  [★]

たん白アミノ酸製剤
配合成分 等量混合液400mL中
乳たん白加水分解物 17.342g
L-メチオニン 0.307g
L-トリプトファン  0.072g
マルトデキストリン 60.231g
トリカプリリン 7.872g
サフラワー油 1.819g
クエン酸ナトリウム水和物 0.134g
塩化カリウム 0.508g
グルコン酸カルシウム水和物 0.797g
塩化カルシウム水和物 0.381g
硫酸マグネシウム水和物 0.564g
グルコン酸第一鉄 21.71mg
硫酸亜鉛水和物 13.06mg
硫酸マンガン 2.64mg
硫酸銅 0.365mg
ビタミンA油(1g中20万IU含有) 4.134mg
コレカルシフェロール 1.36μg
トコフェロール酢酸エステル 2.676mg
フィトナジオン 25.00μg
チアミン塩化物塩酸塩 1.023mg
リボフラビンリン酸エステルナトリウム 1.14mg
ピリドキシン塩酸塩 1.204mg
シアノコバラミン 1.26μg
アスコルビン酸 89.80mg
ニコチン酸アミド 9.91mg
パントテン酸カルシウム 4.09mg
葉酸 0.10mg
ビオチン 15.40μg


ツインライン」

  [★]

たん白アミノ酸製剤
配合成分 等量混合液400mL中
乳たん白加水分解物 17.342g
L-メチオニン 0.307g
L-トリプトファン 0.072g
マルトデキストリン 60.231g
トリカプリリン 7.872g
サフラワー油 1.819g
クエン酸ナトリウム水和物 0.134g
塩化カリウム 0.508g
グルコン酸カルシウム水和物 0.797g
塩化カルシウム水和物 0.381g
硫酸マグネシウム水和物 0.564g
グルコン酸第一鉄 21.71mg
硫酸亜鉛水和物 13.06mg
硫酸マンガン 2.64mg
硫酸銅 0.365mg
ビタミンA油(1g中20万IU含有) 4.134mg
コレカルシフェロール 1.36μg
トコフェロール酢酸エステル 2.676mg
フィトナジオン 0.252mg
チアミン塩化物塩酸塩 1.023mg
リボフラビンリン酸エステルナトリウム 1.14mg
ピリドキシン塩酸塩 1.204mg
シアノコバラミン 1.26μg
アスコルビン酸 89.80mg
ニコチン酸アミド 9.91mg
パントテン酸カルシウム 4.09mg
葉酸 0.10mg
ビオチン 15.40μg


フェニルアラニン除去ミルク配合」

  [★]

乳幼児用剤
配合成分 等量混合液400mL中
乳たん白加水分解物 17.342g
L-メチオニン 0.307g
L-トリプトファン 0.072g
マルトデキストリン 60.231g
トリカプリリン 7.872g
サフラワー油 1.819g
クエン酸ナトリウム水和物 0.134g
塩化カリウム 0.508g
グルコン酸カルシウム水和物 0.797g
塩化カルシウム水和物 0.381g
硫酸マグネシウム水和物 0.564g
グルコン酸第一鉄 21.71mg
硫酸亜鉛水和物 13.06mg
硫酸マンガン 2.64mg
硫酸銅 0.365mg
ビタミンA油(1g中20万IU含有) 4.134mg
コレカルシフェロール 1.36μg
トコフェロール酢酸エステル 2.676mg
フィトナジオン 0.252mg
チアミン塩化物塩酸塩 1.023mg
リボフラビンリン酸エステルナトリウム 1.14mg
ピリドキシン塩酸塩 1.204mg
シアノコバラミン 1.26μg
アスコルビン酸 89.80mg
ニコチン酸アミド 9.91mg
パントテン酸カルシウム 4.09mg
葉酸 0.10mg
ビオチン 15.40μg

カリウム」

  [★]

potassium
K+
高カリウム血症低カリウム血症腎 Kと酸塩基平衡の異常
  • 植物の灰(pot-ash)が由来らしい
  • アルカリ金属
  • 原子番号:19
  • 原子量:39.10

カリウム濃度を調節する要素

PT.481-482
  • 血液のpH
血中K+が細胞内、細胞内H+が細胞外へ移動→低カリウム血症、K排泄↑
血中H+が細胞内、細胞内K+が細胞外へ移動→高カリウム血症、K排泄↓
  • 接合尿細管、集合管でK排泄↑
レニン・アンジオテンシン系の亢進 or 細胞外K+濃度の上昇 のいずれかにより副腎皮質からアルドステロンが放出される
Na/H交換体、Na-K-2Cl共輸送体、Na/K-ATPaseを活性化。
  • β2受容体を介してKの取り込みを促進。Na-Kポンプの活性化による。

例外

水・電解質と酸塩基平衡 改訂第2版 p.153
  • 水素イオンと共に投与される陰イオンが細胞内に移行しうる場合、電気的中性は保たれるのでカリウムイオンは細胞外に移動しない。
  • (細胞内に移行する)乳酸イオン、酢酸イオン  ⇔ (細胞内に移行しない)塩素イオン

基準値

LAB
  • 3.4-4.5 mEq/l

パニック値

出典不明
  • 6 mEq/l(外来)
  • 7 mEq/l(入院)

尿細管での再吸収・分泌

QB.E-128
  • 再吸収  :近位尿細管、ヘンレループ
  • 分泌・吸収:集合管(QB.E-128)、遠位尿細管(QB.E-130)、皮質集合管の主細胞(参考1)

調節するファクター

  • 1. アルドステロン
  • 2. 集合管に到達するナトリウムイオン:集合管では能動的にナトリウムが再吸収されるが、電気的中性を保つために受動的にカリウムが管腔側に移動する。(参考1)

臨床関連

  • 尿中カリウムの異常
  • 低カリウム血症
  • 尿中カリウム < 20mEq/L:腎外性喪失
  • 尿中カリウム > 40mEq/L:腎性喪失

参考1

  • 1. [charged] Pathophysiology of renal tubular acidosis and the effect on potassium balance - uptodate [1]




塩化」

  [★]

chloridechloro
塩化物塩素イオンクロライドクロリドクロロクロール



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡