基電流

出典: meddic

rheobase
強さ・時間曲線

和文文献

  • MBE2000-40 筋の振動特性とクロナキシー自動計測システムの開発
  • 宮島 智,岡 久雄
  • 電子情報通信学会技術研究報告. MBE, MEとバイオサイバネティックス 100(190), 9-16, 2000-07-08
  • … さらに本システムを用いて, 筋疲労の経過測定を行ったが, 筋が疲労すると基電流は上昇し, クロナキシー値はやや減少する傾向が見られた。 …
  • NAID 110003287716

関連リンク

興奮するための刺激電流の大きさと期間との関係をグラフに表したのが、強さ-期間 曲線 (strength-duration curve) である(図4-3)。 <図4-3> 充分長い期間の矩形 波電流で刺激となる最小の大きさの電流を基電流(Rheobase)という。この刺激電流の 強 ...
この特徴を踏まえて神経及び筋の興奮特性を基にして、強度-刺激時間曲線から筋の 神経正常支配、不完全脱神経、完全脱神経状態などを推定できます。 基電流 rheobaseは、充分長い刺激時間で興奮反応が起きる最小電流強度です。

関連画像

 前 L側電流ドライブAMP基板控制原理與電路分析結語包裝 配件 產地 size 40 l x30 w x22 5 基板裏。基電流(Ir: Rheobase current)


★リンクテーブル★
先読み強さ・時間曲線

強さ・時間曲線」

  [★]

strength-duration curve
電流-時間曲線、電圧-時間曲線





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡