基質結合

出典: meddic

substrate binding

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 3P026 糖結合モジュールTrp導入変異体の基質結合能(01B.蛋白質:構造機能相関,ポスター,日本生物物理学会年会第51回(2013年度))
  • Tamashiro Tomonari,Asada Hiromi,Maruno Takahiro,Kanaori Kenji,Kobayashi Yuji,Oda Masayuki
  • 生物物理 53(SUPPLEMENT_1-2), S216, 2013-09-13
  • NAID 110009819830
  • 2P104 等温滴定型熱量計による多剤輸送担体EmrEの基質結合様式の解析(03.膜蛋白質,ポスター,日本生物物理学会年会第51回(2013年度))
  • Shimono Kazumi,Mori Yoshiro,Nara Toshifumi,Someya Tomomi,Shirouzu Mikako,Yokoyama Shigeyuki,Miyauchi Seiji
  • 生物物理 53(SUPPLEMENT_1-2), S176, 2013-09-13
  • NAID 110009819593
  • Aa-2 キトヘテロオリゴ糖を用いたFamily GH19キチナーゼの基質結合様式の解析(キチナーゼ・キチン関連酵素,一般講演,日本応用糖質科学会平成25年度大会(第62回))
  • 竹中 祥子,平野 勝紹,関 清彦,光富 勝,大沼 貴之,深溝 慶
  • 応用糖質科学 : 日本応用糖質科学会誌 3(3), B25, 2013-08-20
  • NAID 110009674764

関連リンク

【ベストアンサー】>水素結合、イオン結合、疎水結合 これらはいずれも非共有結合の仲間になります(分子間結合というのは聴いたことがありません)。 ...
生体内のほとんどの化学変化は酵素(enzyme)というタンパク質によって触媒される。酵素と結びつき変化を受ける物質を基質(substrate)という。基質は酵素分子の表面の特定の部位(活性部位, active site)に結合し,酵素タンパク質が ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
拡張検索基質結合部位
関連記事結合」「基質

基質結合部位」

  [★]

substrate binding site
触媒部位


結合」

  [★]

bindingbondlinkageconnectionconjugationconjunctionunionbonding、engagement,
bindassociateconjugatecombineconnectcoupleengagejoindockligateconjoin
会合関係関与関連協同共役組み合わせ結合性結紮結線従事接合接合体同僚ドッキングバインディング複合物付随併用抱合抱合体結びつける約束癒合癒着連関連結連合連鎖連接、連絡、団結組合参加接続一対合併組み合わせるカップル組合せ



基質」

  [★]

substrate(酵素学), stroma(組織学・病理学), ground substance
substantia fundamentalis





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡