基剤

出典: meddic

base
塩基基礎底部基づく基礎づけるベース


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 軟膏剤の調剤における基剤の選択に関する検討 : フィプロニルを有効成分とする滴下投与用液剤を原薬のモデルとして
  • 中村 有加里,鈴木 方子,深瀬 徹
  • 獣医畜産新報 68(5), 347-350, 2015-05
  • NAID 40020471652
  • 衣料用液体洗剤基剤
  • 川口 幸治
  • JETI : Japan energy & technology intelligence 63(4), 135-140, 2015-04
  • NAID 40020446427
  • 新規爪白癬治療薬エフィナコナゾール(クレナフィン®爪外用液10%)の薬理学的特性と臨床試験成績
  • 巽 良之
  • 日本薬理学雑誌 145(5), 250-258, 2015
  • … され,血中濃度は低かった.二つの第Ⅲ相臨床試験(国際共同治験および海外試験)では,爪白癬に対してそれぞれ17.8%および15.2%の完全治癒率(感染面積0%かつ真菌学的治癒の割合)が得られ,いずれも基剤群との有意差が認められた.また,日本人患者の完全治癒率は28.8%であった.これらの臨床試験成績から,エフィナコナゾール液剤は,爪白癬に対して海外承認の外用剤より高く,イトラコナゾール経口剤 …
  • NAID 130005067368

関連リンク

上矢印が吸収率が高い組み合わせ。()内は親和性。 主薬が脂溶性のステロイド剤を同じく脂溶性の軟膏剤に溶かした場合、基剤の脂溶性が高いので吸収率が大きいが、主薬の脂溶性も高いので主薬が基剤に溶けやすく ...
デジタル大辞泉 - 基剤の用語解説 - 軟膏(なんこう)剤や座剤などの製造に際して使われる賦形(ふけい)剤。吸収をよくしたり、皮膚病変部の保護・刺激・冷却などの作用をしたりする。軟膏のワセリン、散布剤のタルク、座薬のカカオ脂 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。

添付文書

薬効分類名

  • 抗生物質配合外用合成副腎皮質ホルモン剤

販売名

ベトノバールG軟膏0.12%

組成

※※成分・含量(1g中)

  • 日局ベタメタゾン吉草酸エステル 1.2mg
    日局ゲンタマイシン硫酸塩 1mg(力価)

基剤

  • 白色ワセリンを主体とする疎水性基剤

添加物

  • 流動パラフィン、ワセリン

禁忌

(次の場合には使用しないこと)

  •   
  • ゲンタマイシン耐性菌又は非感性菌による皮膚感染症のある患者
  • 真菌・スピロヘータ・ウイルス皮膚感染症、皮膚結核及び動物性皮膚疾患(疥癬、けじらみ等)[感染を悪化させるおそれがある]
  • 本剤の成分に対して過敏症の既往歴のある患者
  • 鼓膜に穿孔のある湿疹性外耳道炎[穿孔部位の治癒が遅れるおそれがある。また、感染のおそれがある]
  • 潰瘍(ベーチェット病は除く)、第2度深在性以上の熱傷・凍傷[皮膚の再生が抑制され、治癒が著しく遅れるおそれがある]
  • ストレプトマイシン、カナマイシン、ゲンタマイシン、フラジオマイシン等のアミノグリコシド系抗生物質又はバシトラシンに対し過敏症の既往歴のある患者


効能または効果

適応菌種

  • ゲンタマイシン感性菌

====適応症==== *・湿潤、びらん、結痂を伴うか、又は二次感染を併発している次の疾患:

  • 湿疹・皮膚炎群(進行性指掌角皮症、脂漏性皮膚炎を含む)、乾癬、掌蹠膿疱症
  • ・外傷・熱傷及び手術創等の二次感染
  • 通常1日1〜数回適量を塗布する。なお、症状により適宜増減する。


重大な副作用

(ベタメタゾン吉草酸エステルによる)

  • 眼瞼皮膚への使用に際しては、眼圧亢進、緑内障を起こすことがあるので注意すること。大量又は長期にわたる広範囲の使用、密封法(ODT)により緑内障、後のう白内障等の症状があらわれることがある。


薬効薬理

局所抗炎症作用2)3)

  • ベタメタゾン吉草酸エステルはMcKenzieらの方法による健康成人皮膚における血管収縮試験(皮膚蒼白度を指標)においてフルオシノロンアセトニドの約3.6倍の血管収縮作用を示した。

試験管内抗菌作用4)

  • ゲンタマイシン硫酸塩はブドウ球菌、連鎖球菌等のグラム陽性菌及び緑膿菌、変形菌、大腸菌等のグラム陰性菌に対して強い抗菌力を示す。なお、嫌気性菌に対してはほとんど耐性である。

全身への影響

  • ベタメタゾン吉草酸エステルのラットにおける胸腺萎縮作用はフルオシノロンアセトニドよりも低いことが認められている。5)また、肝グリコーゲン沈着作用(ラット、皮下注)は低く、ナトリウム貯留作用(ラット、皮下注)、男性・女性ホルモン作用(マウス、皮下注)はほとんど認められていない。

※※生物学的同等性試験6)

====Carrageenin足浮腫法

==

  • SD系雄性ラット( 1 群12匹)を用いたCarrageenin足浮腫法で、Carrageenin誘発足浮腫抑制効果を検討した結果、ベトノバールG軟膏0.12%と標準製剤(軟膏)間、またベトノバールGクリーム0.12%と標準製剤(クリーム)間に有意差は認められなかった。

====Croton油誘発耳浮腫抑制作用

==

  • SD系雄性ラット( 1 群10匹)を用いたCroton油誘発耳浮腫モデルにおいて、浮腫抑制作用を検討した結果、ベトノバールG軟膏0.12%と標準製剤(軟膏)間、またベトノバールGクリーム0.12%と標準製剤(クリーム)間に有意差は認められなかった。 

====抗菌効果

==

  •  チャールスリバーの雄性ラットに実験的熱傷を作成し、緑膿菌を感染させた後、ベトノバールG軟膏0.12%及び標準製剤(軟膏)を塗布し抗菌効果について検討した結果、両製剤間に有意差は認められなかった。また、ベトノバールGクリーム0.12%と標準製剤(クリーム)の両製剤間にも有意差は認められなかった。 


有効成分に関する理化学的知見

ベタメタゾン吉草酸エステル

一般名

  • ベタメタゾン吉草酸エステル(Betamethasone Valerate)

化学名

  • 9-Fluoro-11β,17,21-trihydroxy-16β-methylpregna-1,4-diene-3,20-dione 17-pentanoate

分子式

  • C27H37FO6

分子量

  • 476.58

性状

  • 本品は白色の結晶性の粉末で、においはない。
    本品はクロロホルムに溶けやすく、エタノール(95)にやや溶けやすく、メタノールにやや溶けにくく、ジエチルエーテルに溶けにくく、水にほとんど溶けない。

融点

  • 約190℃(分解)

分配係数(log P)

  • 4.8(pH7.1、1-オクタノール/水系)

ゲンタマイシン硫酸塩

一般名

  • ゲンタマイシン硫酸塩(Gentamicin Sulfate)

略号

  • GM

化学名

  • ゲンタマイシンC1 硫酸塩

6R)-2-Amino-2,3,4,6-tetradeoxy-6-methylamino-6-methyl-α-D-erythro-hexopyranosyl-(1→4)-[3-deoxy-4-C-methyl-3-methylamino-β-L-arabinopyranosyl-(1→6)]-2-deoxy-D-streptamine sulfate
ゲンタマイシンC2 硫酸塩
6R)-2,6-Diamino-2,3,4,6-tetradeoxy-6-methyl-α-D-erythro-hexopyranosyl-(1 → 4)-[3-deoxy-4-C-methyl-3-methylamino-β-L-arabinopyranosyl-(1 → 6)]-2-deoxy-D-streptamine sulfate
ゲンタマイシンC1a 硫酸塩
2,6-Diamino-2,3,4,6-tetradeoxy-α-D- erythro-hexopyranosyl-(1→4)-[3-deoxy-4-C-methyl-3-methylamino-β-L-arabinopyranosyl-(1→6)]-2-deoxy-D-streptamine sulfate

分子式


  • C1=C21H43N5O7・xH2SO4
    C2=C20H41N5O7・xH2SO4
    C1a=C19H39N5O7・xH2SO4

分子量

  • (塩基部分)


C1=477.60  C2=463.57  C1a=449.54* =CH3 R2=NHCH3
ゲンタマイシンC2硫酸塩:R1=CH3 R2=NH2
ゲンタマイシンC1a硫酸塩:R1=H R2=NH2
(ゲンタマイシン硫酸塩は、ゲンタマイシンC1、C2及びC1aの混合物の硫酸塩である。)

性状

  • 本品は白色〜淡黄白色の粉末である。
    本品は水に極めて溶けやすく、エタノール(99.5)にほとんど溶けない。
    吸湿性である。


★リンクテーブル★
先読みbase」「底部
リンク元基礎」「基づく」「ベース」「基礎づける
拡張検索軟膏基剤
関連記事

base」

  [★]

  • n.
basalbasebasementbasicbasiselementelementaryevidencefoundationfundamentalfundamentalsfundusgroundinfrastructurereason

WordNet   license wordnet

「any of various water-soluble compounds capable of turning litmus blue and reacting with an acid to form a salt and water; "bases include oxides and hydroxides of metals and ammonia"」
alkali

WordNet   license wordnet

「(numeration system) the positive integer that is equivalent to one in the next higher counting place; "10 is the radix of the decimal system"」
radix

WordNet   license wordnet

「the bottom side of a geometric figure from which the altitude can be constructed; "the base of the triangle"」

WordNet   license wordnet

「situate as a center of operations; "we will base this project in the new lab"」

WordNet   license wordnet

「a place that the runner must touch before scoring; "he scrambled to get back to the bag"」
bag

WordNet   license wordnet

「installation from which a military force initiates operations; "the attack wiped out our forward bases"」
base of operations

WordNet   license wordnet

「a support or foundation; "the base of the lamp"」
pedestal, stand

WordNet   license wordnet

「(electronics) the part of a transistor that separates the emitter from the collector」

WordNet   license wordnet

「a flat bottom on which something is intended to sit; "a tub should sit on its own base"」

WordNet   license wordnet

「the principal ingredient of a mixture; "glycerinated gelatin is used as a base for many ointments"; "he told the painter that he wanted a yellow base with just a hint of green"; "everything she cooked seemed to have rice as the base"」

WordNet   license wordnet

「the place where you are stationed and from which missions start and end」
home

WordNet   license wordnet

「(anatomy) the part of an organ nearest its point of attachment; "the base of the skull"」

WordNet   license wordnet

「the bottom or lowest part; "the base of the mountain"」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「《文》(人や人の行動・孝えが)『卑しい』,下劣な / (金属が)質の劣った;(貨幣が)粗悪な」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「『基礎』,根拠 / 『基部』,基底,土台 / 『根拠地』,基地 / (野球の)塁,ベース / 主成分;塩基(酸と反応シテ塩(官)を生じる化合物) / (数学で図形の)底;底辺;基線 / (…に)…‘の'『基礎をおく』《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》」

WordNet   license wordnet

「illegitimate」
baseborn

WordNet   license wordnet

「of low birth or station (`base'' is archaic in this sense); "baseborn wretches with dirty faces"; "of humble (or lowly) birth"」
baseborn, humble, lowly

WordNet   license wordnet

「not adhering to ethical or moral principles; "base and unpatriotic motives"; "a base, degrading way of life"; "cheating is dishonorable"; "they considered colonialism immoral"; "unethical practices in handling public funds"」
immoral

WordNet   license wordnet

「having or showing an ignoble lack of honor or morality; "that liberal obedience without which your army would be a base rabble"- Edmund Burke; "taking a mean advantage"; "chok''d with ambition of the meaner sort"- Shakespeare; "something essentially vulgar and meanspirited in politics"」
mean, meanspirited

WordNet   license wordnet

「(used of metals) consisting of or alloyed with inferior metal; "base coins of aluminum"; "a base metal"」

WordNet   license wordnet

「debased; not genuine; "an attempt to eliminate the base coinage"」


底部」

  [★]

base, bottom, basilar part


基礎」

  [★]

basebasisbasesbasicfundamentalbasal
塩基塩基性基剤基礎的基底基本基本的根拠底部必要ベーシック基づく基礎づける基盤ベース根本的


基づく」

  [★]

baseascribeascribable
塩基基剤帰する基礎底部基礎づける、原因である、ベース


ベース」

  [★]

base
塩基基剤基礎底部基づく基礎づける裏層

基礎づける」

  [★]

base
塩基基剤基礎底部基づくベース


軟膏基剤」

  [★]

ointment base

商品


剤」

  [★]

drugagent
作用薬ドラッグ媒介物病原体麻薬薬剤薬物代理人薬品




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡