垂直感染

出典: meddic

vertical infection
垂直伝播 vertical transmission
母子感染周産期感染症

典型的な病原体




Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/05/07 17:38:21」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • B型慢性肝炎の動向と診断 (新時代のウイルス性肝炎学--基礎・臨床研究の進歩) -- (B型慢性肝炎)
  • 四柳 宏,山田 典栄,小池 和彦
  • 日本臨床 69(-) (999), 453-456, 2011-05
  • NAID 40018838517
  • 母子感染 (ミニ特集 性感染症の診断と治療Update) -- (主な感染(症)と母子感染)

関連リンク

垂直感染(すいちょくかんせん、英: vertical infevction)は、病原体が親から直接その 子孫に伝播される感染様式。狭義には経胎盤感染や経卵感染(in egg、on egg)などの 出生以前の伝播のみを指すが、産道感染や母乳などによる分娩後短期間内の伝播を ...
広義の垂直感染は,子供が生れた後の感染を含みますが,狭義の垂直感染は子供が 母親のお腹にいる時期におこる子宮内感染をさします.実際は,出生以前の感染と出生 以後の感染が区別つきにくい場合が多く,また,出生時におこりますので,広義の意味で ...

関連画像

炎ウイルス感染」と入輸血等を原因として感染する 各病菌傳染途徑母子感染の垂直感染以外にも 001B型肝炎 垂直感染


★リンクテーブル★
先読み垂直伝播
国試過去問097H001」「095B070」「104I005」「093A039」「098G020
リンク元母子感染」「周産期感染症」「経胎盤感染」「vertical disease transmission」「母児感染
拡張検索母子垂直感染
関連記事感染」「垂直

垂直伝播」

  [★]

vertical transmission


097H001」

  [★]

  • 妊娠中の薬物投与で正しいのはどれか。
  • a. てんかんでは妊娠の早期に抗痙攣薬を中止する。
  • b. 腎孟腎炎に対する抗菌薬の投与量は非妊時の約半量とする。
  • c. 後期の下腿浮腫予防のために利尿薬を投与する。
  • d. 高血圧にはACE阻害薬が第一選択である。
  • e. HIV陽性妊婦では抗ウイルス薬投与によって垂直感染の頻度が低下する。
[正答]


※国試ナビ4※ 097G120]←[国試_097]→[097H002

095B070」

  [★]

  • a. 妊娠中の薬物投与で、垂直感染を減少させることができる。
  • b. 選択的帝王切開術は適応とならない。
  • c. 妊娠中絶が適応である。
  • d. 垂直感染の診断には妊娠中期の羊水穿刺が有用である。
  • e. 妊娠中の性行為感染はまれである。
[正答]


※国試ナビ4※ 095B069]←[国試_095]→[095B071

104I005」

  [★]

[正答]


※国試ナビ4※ 104I004]←[国試_104]→[104I006

093A039」

  [★]

  • 妊娠の感染症について正しいのはどれか
  • a. (1)(2)
  • b. (1)(5)
  • c. (2)(3)
  • d. (3)(4)
  • e. (4)(5)

098G020」

  [★]

  • 垂直感染が起こりにくいのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 098G019]←[国試_098]→[098G021

母子感染」

  [★]

mother-to-child transmission MTCT
垂直感染, vertical disease transmission, vertical transmission周産期感染症


母子感染において重要なウイルス

資料より(http://www.jsog.or.jp/PDF/56/5609-541.pdf)

RV風疹ウイルス先天性風疹症候群
CMVサイトメガロウイルス巨細胞封入体症
HSV単純ヘルペスウイルス新生児ヘルペス
VZV水痘・帯状疱疹ウイルス先天性水痘帯状疱疹症候群
B19V:パルボウイルス非免疫性胎児水腫
HPVヒトパピローマウイルス:咽頭乳頭症

その他

HBV :B型肝炎ウイルス感染症
HCV :C型肝炎ウイルス感染症
HIV :ヒト免疫不全ウイルス感染
HTLV:ヒトT細胞白血病ウイルス感染症

TORCHS症候群

  • 古典的な母子感染
TO:トキソプラズマ
R :風疹ウイルス
C :サイトメガロウイルス
H :ヘルペスウイルス(単純ヘルペス水痘・帯状疱疹ウイルス
S :梅毒

母子感染の経路

資料2

1. 胎内感染

1. 母体が感染した場合,あるいは持続感染した微生物が再活性化した場合に,母体血を介し胎盤から臍帯を通じ児に感染
2. 胎盤に感染した微生物が増殖し児に感染
3. 子宮頸部や腟から上行性に羊膜や羊水を介し感染

2. 分娩時感染

1. 産道感染:
1. 子宮頸部,腟,外陰部などに感染している微生物が分娩時に産道内で児の粘膜などから感染
2. 産道内の母体血中の微生物が児の粘膜などから感染
2. placental leakage : B 型肝炎ウイルスやHIV の胎内感染率が切迫早産既往群に多いことから推定された.母体血の新生児血中への混入量を胎盤性アルカリフォスファターゼを指標として測定した場合,予定帝切群で0.8ml/kg(新生児体重)、経腟分娩群で1.2ml/kg と有意差があるという報告もある

3. 経母乳感染

母乳中の微生物や感染リンパ球が経口的に児に感染。
サイトメガロウイルスは経母乳感染をするが、成熟児はこの感染により自然免疫を得て,成人してから初感染することは防げる。
1,500g 未満の極低出生体重児では経母乳感染により,肝炎などを発症する可能性がある。

母子感染症

G10M.168
  胎内感染 分娩時感染 母乳時感染
経胎盤感染 上行性感染 経胎盤感染 産道感染 母乳感染
ウイルス 風疹ウイルス × × × ×
サイトメガロウイルス × ×
ヒトパルボウイルスB19 × × × ×
水痘・帯状疱疹ウイルス × × ×
単純ヘルペスウイルス × ×
B型肝炎ウイルス × ×
C型肝炎ウイルス × ×
成人T細胞白血病ウイルス1型 × × ×
ヒト免疫不全ウイルス
細菌 梅毒トレポネーマ × × ×
淋菌 × × × ×
B群連鎖球菌 × × × ×
真菌 カンジダ・アルビカンス × × × ×
原虫 トキソプラズマ × × × ×
クラミジア クラミジア・トラコマチス × × × ×
G10M.182改変
病原体 疾患 感染経路 問題となる感染時期 母体 胎児
ウイルス 風疹ウイルス 先天性風疹症候群 経胎盤感染 妊娠12週未満。18週未満は軽微 初感染妊婦  
サイトメガロウイルス 巨細胞封入体症 経胎盤感染 妊娠前半 初感染妊婦。感冒様症状 小頭症、脳内石灰化、精神遅滞、網脈絡膜炎、感音性難聴、貧血、黄疸、出血斑、低体重児、肝脾腫
ヒトパルボウイルスB19   経胎盤感染 妊娠20週未満 伝染性紅斑 非免疫性胎児水腫、胎児死亡
水痘・帯状疱疹ウイルス 先天性水痘症候群 産道感染 妊娠20週未満 初感染妊婦 精神遅滞、網脈絡膜炎、皮膚瘢痕、四肢低形成、低出生体重児
単純ヘルペスウイルス 新生児ヘルペス 産道感染   中枢神経:小頭症、眼:脈絡網膜炎角結膜炎、皮膚:水疱疹
B型肝炎ウイルス   産道感染   無症候キャリアー化
C型肝炎ウイルス   産道感染    
成人T細胞白血病ウイルス1型   母乳感染    
ヒト免疫不全ウイルス HIV感染症 産道感染 HIV感染症 HIV感染症
細菌 梅毒トレポネーマ 先天梅毒 経胎盤感染 妊娠14週以降 梅毒 水頭症、難聴、老人様顔貌、鼻炎、粘膜斑(梅毒性天疱瘡)、黄疸、貧血、点状出血、パロー仮性麻痺、肝脾腫、骨軟骨炎
晩発性梅毒ハッチンソン三徴
淋菌 淋疾 産道感染 産科合併症(流産・早産、前期破水、絨毛膜羊膜炎、子宮内膜炎) 化膿性結膜炎(膿漏眼)
B群連鎖球菌 B群連鎖球菌感染症 産道感染 常在菌 髄膜炎
真菌 カンジダ・アルビカンス   産道感染 常在菌。カンジダ膣炎 口腔内カンジダ症
原虫 トキソプラズマ 先天性トキソプラズマ症 経胎盤感染 妊娠中後期 初感染妊婦。無症状 脳室拡大、小頭症、脳内石灰化、髄膜炎、精神遅滞、脳性麻痺、けいれん、網脈絡膜炎、黄疸、発疹、貧血、リンパ節腫脹、肝脾腫、低出生体重児
クラミジア クラミジア・トラコマチス   産道感染 無症状。早産・流産 新生児結膜炎、新生児肺炎

感染時期と胎児影響

  • 妊娠初期:早産、先天性胎児奇形:風疹ウイルス、水痘ウイルス、麻疹ウイルス、HHV-6、パルボウイルスB19
  • 妊娠中期~末期:新生児ウイルス感染:単純ヘルペスウイルス、水痘ウイルス、サイトメガロウイルス、梅毒トレポネーマ(妊娠13週までは胎児感染しにくい)

資料

  • 1. 各種感染症の母子感染予防
[display]http://www.jsog.or.jp/PDF/58/5809-416.pdf
  • 2. 母子感染の経路と主な病原微生物
[display]http://www.jsog.or.jp/PDF/56/5609-535.pdf


周産期感染症」

  [★]

perinatal infection
母子感染垂直感染
  • (SMB.609)
  • 子宮内感染
TORCH症候群
  • 産道感染
  • 経母乳感染


経胎盤感染」

  [★]

transplacental infection
胎盤感染 placental infection、経胎盤垂直感染経胎盤母子感染
感染経路垂直感染



vertical disease transmission」

  [★]

maternal-fetal transmissionmother-to-child transmissionMTCTvertical infectionvertical transmission


母児感染」

  [★]

fetomaternal infection, maternal infection
産道感染C型肝炎垂直感染B型肝炎


母子垂直感染」

  [★]

infection transmitted from the mother to the newborn infant
母子感染


感染」

  [★]

infection
定着感染症不顕性感染顕性感染サブクリニカル感染
  • 細菌が宿主の体表面、体内や組織内に付着して増殖し、定着している状態。
  • 感染の成立には微生物(定着能、増殖能、細胞内進入能、毒素産生能などを総合した病原性)と宿主(排除能、殺菌能などの生体防御機構)の力関係が崩れたときに生じる




垂直」

  [★]

verticalperpendicularverticallyperpendicularly
鉛直垂直的垂直方向




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡