地方独立行政法人岡山県精神科医療センター

出典: meddic


ご注意下さい。最新の情報ではありません。
誤った情報がございましたらメールにてご連絡下さい。

病院名

  • 地方独立行政法人岡山県精神科医療センター

url

理念

  • 当院の理念1.人としての尊厳を第一に安心・安全の医療をめざします。

住所

  • 〒700-0915 岡山市北区鹿田本町3-16

診療の特徴、実績

  • 当院は岡山県の精神科救急医療の基幹病院です。入院部門は(1)精神科救急入院棟(2)児童思春期入院棟(3)依存症入院棟(4)複雑困難事例入院棟(5)ストレス緩和入院棟(6)医療観察法入院棟と、6つの入院棟それぞれに特化した性格を持たせています。精神科救急入院棟は、精神科救急情報センターや保健所と緊密な連携をとり、危機介入から修正型電気けいけん療法など、急性期の精神科治療が経験できます。児童思春期入院棟には院内学級が設置され、教育を保証しながらの治療を行うことができます。児童相談所や児童福祉施設とも連携しています。依存症入院棟は、専門外来や断酒会など自助グループ活動と合わせ、依存症回復センターを構成しています。アルコール依存症だけでなく、薬物依存症やギャンブル依存症などの症例も治療しています。医療観察法入院棟では、入念な評価と検証を伴うチーム医療が経験できます。外来部門は、一般外来のほか、児童思春期、依存症の専門外来と、夜間外来を有しています。リハビリテーション部門では、精神科デイケアを運用するほか、訪問看護部門が地域支援活動を行っています。

電子カルテ

  • 無し

一日平均入院患者数

  • 227.6人

一日平均外来患者数

  • 253.3人

平均在院日数(一般/精神)

  • 0.0日/74.6日

年間分娩件数

  • 0件(平成21年1月-21年12月実績)

年間剖検件数

  • 0件(平成21年1月-21年12月実績)

年間臨床病理研究会(CPC)の実施状況

  • 回数/0回

当院の救急医療の特徴

  • 当院は岡山県の精神科救急の基幹病院で、県全体の精神科救急入院の約8割が当院へ入院しています。入院患者数は年間約1000名ですが、休日・夜間の入院が3分の1以上を占めています。

救急専用診療室の有無

  • 有り

救急医療を行う診療科

  • 精神科

一日平均救急外来患者数

  • 3.7人(平成21年1月-平成21年12月実績・1日平均)

一日平均救急車搬送患者数

  • 0.0人(平成21年1月-平成21年12月実績・1日平均)

年間心肺停止状態搬送患者数

  • 0人(平成21年1月-平成21年12月実績)

当直回数(月平均)

  • 4回

当直手当

  • 有り

当直時の勤務体制(研修医以外の当直医数)

  • 1人

当直時の勤務体制(当直研修医数)

  • 1人

勤務体制

  • 精神保健指定医と二人で当直を行います

公的年金保険

  • 有り

国家・地方公務員災害補償法の適応

  • 有り

労働災害補償保険

  • 有り

医師賠償責任保険の扱い

  • 有り

個人加入

  • 有り

指導医から一言

  • 岡山駅から歩ける距離に当院はあります。消防署の真ん前というわかりやすい場所にあるのに、初めての方は迷って電話をかけて来ます。 「このマンションみたいなのがそうですか?」 穏やかなクリーム色の外壁にくすんだ緑の瓦屋根。木とレンガがふんだんに使われた内装。南欧のホテルを思わせる建物は、今年(平成21年)医療福祉建築賞を受賞しました。 街なかに街になじむ病院を・・・・しかも患者さんに快適な空間を。こうしたコンセプトで3年前に建て替えられた当院は、緑と若いドクターの熱気にあふれています。1階中心部の吹き抜けには多くの樹や草花が植えられ、外来の屋上には芝生のグラウンドが造られ2階児童棟の子ども達の運動場になっています。 当院は患者さんが多く、難しい事例も少なくないので、医師は多忙です。普通に過ごせば他病院の2倍の研修ができるでしょう。いかにも疲れそうですが、建物と緑のおかげで医師も職員も元気です。つまり患者さんを癒す環境が職員の癒しにもなっているのです。本当?って疑ってますね。・・・じゃあ、ためしに一度お越し下さい。1日コース、2日コース、1週間コースなどの見学・体験コースも取りそろえて、お待ちしています。

先輩研修医からの病院紹介と、この病院を選んだ理由

  • 2年目の後期研修医です。当院の一番の特徴は、なんといっても医局の雰囲気が明るいことです。上級医の方々も気さくで何でも相談できますし、同世代のレジデントもたくさんいるので活気があります。治療についてもかなり任せてもらえるので、自分が考えた治療を実践できる一方、つまづいたり困ったりしたときはすぐに指導を受けることができる態勢になっています。252床と精神科にしては小さめな病院ですが、スーパー救急病棟を筆頭に、依存症病棟、児童思春期病棟、医療観察法病棟など、病棟ごとに専門特化されているので、バラエティーに富んだ症例を診ることができます(指定医レポートの症例を集めることにほとんど不安を感じません)。保健所や児童相談所、生活支援センターなどとのコラボレーションも多いので、外の空気が吸えるダイナミックな仕事が展開できます。精神科の後期研修先病院として理想的なこの病院で、ぜひぜひ一緒に働きましょう!

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 当事者活動質疑討論
  • 川口 夏生,関口 明彦,桐原 尚之,加藤 真規子,山本 深雪,八田 智美,中神,小倉 未希,川上 真紀,宮本 めぐみ
  • 病院・地域精神医学 = The Japanese journal of hospital and community psychiatry 55(2), 173-175, 2012-11-20
  • NAID 10031131043
  • 人との繋がりを大切にした地域移行(2) : ピアスタッフとの「地域病院交流会」について
  • 小倉 未希,八田 智美
  • 病院・地域精神医学 = The Japanese journal of hospital and community psychiatry 55(2), 166-168, 2012-11-20
  • NAID 10031131040

関連リンク

地方独立行政法人岡山県精神科医療センター公式サイト。光と風と緑。岡山県精神科医療センターは明るく開放的な環境で公的病院としての使命を果たします。
地方独立行政法人 岡山県精神科医療センター 住所:〒700-0915 岡山県岡山市北区鹿田本町3-16 電話:086-225-3821 FAX:086-234-2639 ...

関連画像

岡山県精神科医療センター 地方独立行政法人岡山県精神科 地方独立行政法人岡山県精神科 岡山県精神科医療センター


★リンクテーブル★
関連記事行政」「独立」「地方」「医療」「センター

行政」

  [★]

管理行政的投薬投与与薬実行上管理職


独立」

  [★]

independenceindependent
独立性独立的非依存非依存性無関係別個非依存的


地方」

  [★]

provincelocalendemic
局在性局所性局所的固有地域局所

医療」

  [★]

health caremedical care
健康管理診療保健医療ヘルスケア


センター」

  [★]

centercentre
中央中心中央に置く中枢




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡