圧迫損傷

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • クリップによる圧迫損傷術を施したラット脊髄におけるカテプシンDの免疫組織化学的研究(解剖学)
  • Moon Changjong,Lee Tae-Ki,Kim Heechul [他],ほか5名,LEE Yongduk,KIM Moon Doo,SIM Ki-Bum,SHIN Taekyun
  • The journal of veterinary medical science 70(9), 937-941, 2008-09-25
  • … 脊髄損傷(SCI)時におけるカテプシンDの関与を検討するため,クリップによる圧迫損傷術をラットに施し,当該タンパク質の一過性発現を観察した.ウエスタンブロット解析の結果,SCI後4ならびに7日目において約31kDaの活性型カテプシンDが有意に増加したが,約44kDaの非活性型カテプシンDは相対的に変化しなかった.免疫染色によってカテプシンDは正常な脊髄のほとんどの神経細胞ならびに多くの神経膠細胞に恒常的に発現して …
  • NAID 110006946009
  • 重度の脊髄圧迫損傷モデルの、亜急性期および慢性期における、脊髄空洞内へのキトサンチューブ移植と肋間神経移植の組み合わせの試み
  • 野村 裕,前田 健,土井 俊郎,播广谷 勝三,松本 嘉寛,岡田 誠司,TATOR Charles,岩本 幸英
  • 日本脊椎脊髄病学会雑誌 = The journal of the Japan Spine Research Society 19(2), 336, 2008-03-20
  • NAID 10025188814

関連リンク

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
拡張検索伸展圧迫損傷
関連記事損傷」「圧迫」「

伸展圧迫損傷」

  [★]

compressive extension  injury


損傷」

  [★]

injury, lesion
傷害
  • 損傷 injury:組織の生理的な連絡が絶たれる、または機能が傷害された状態 → 機能障害が含まれる。
  • 機械的なエネルギーにより生じた損傷。
  • 外力によって生じた組織損傷を総括して創傷と言うが、皮膚や粘膜の連続性が離断した開放性損傷を<創>、連続性が保持された閉鎖性損傷を<傷>と区別して用いることがある(SLE.12)

分類(SLE.106)

  • 鈍体損傷
  • 鋭器損傷
  • 刺器・尖器によるもの
  • 銃器・火薬による損傷

参考

  • 1.
[display]http://www.jaam.jp/html/dictionary/dictionary/word/0906.htm
  • 2.
[display]http://www.med.nagoya-cu.ac.jp/legal.dir/lectures/newest/node4.html



圧迫」

  [★]

compressioncompresssqueeze
圧縮圧迫症加圧湿布圧搾
compression


傷」

  [★]

wound
創傷傷つける





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡