圧迫性表皮剥脱

出典: meddic


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

図 3.2: 挫裂創の一般的理解。挫創は外力作用部に生じ, 裂創はその延長線上などに生ずる。したがって挫創は表皮剥脱を伴うことが多く, 裂創はこれを欠くが両者は連続的に現れ,厳密な区分ができないことも多い。
創の種類 表皮剥脱 組織の架橋状残存 切創 割創 刺創 挫創 裂創 × ×(あることも) (一部) × × × × 皮下出血 ・皮下の血管が破れて皮下軟部組織内に出血した状態。 ・鈍体が作用した面積以上の大きさ。 ・成傷物体の ...


★リンクテーブル★
関連記事表皮」「表皮剥脱」「剥脱」「圧迫」「

表皮」

  [★]

epidermis (M)
皮膚の構造皮膚真皮


発生

組織学 (NDE)

国試

  • 106B028:手掌・足底は1mm、その他は0.2mm。ちなみに、コンドームの厚みは0.02mmらしい。


表皮剥脱」

  [★]

abrasion, excoriation
abrasio
擦過傷 scratch, graze, friction mark
  • 鈍体による創傷。生活反応 (法医学的には表皮剥離は表皮が剥がれた状態を示す)
  • 鈍体が皮膚を擦過・打撲・圧迫することによって表皮剥離し、真皮を露出した状態(SLE.108)


剥脱」

  [★]

exfoliationexcoriationdeprivation
欠乏欠乏症擦過傷脱皮剥離落屑


圧迫」

  [★]

compressioncompresssqueeze
圧縮圧迫症加圧湿布圧搾
compression


脱」

  [★]

(comb form.)des, prolapse
ヘルニア




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡