圧覚計

出典: meddic

baresthesiometer

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 電子式皮膚圧覚計の開発と臨床応用に関する検討
  • 今井 春雄,立川 厚太郎,迫 利広,福本 一朗
  • 日本手の外科学会雑誌 = The Journal of Japanese Society for Surgery of the Hand 12(6), 900-902, 1996-02-28
  • NAID 10008578848

関連リンク

触・圧覚計 S0~S4まで簡単に判別できるよう、代表的なfilamentを4本抽出。これをコンパクトにひとつにまとめました。 各filamentは検査時に押し出して使用し、使用後はペン状の筒の中に格納して保護できます。 したがって、ポケットの ...
触圧覚計を用いたFOLFOX療法による末梢神経症状調査の有効性の検討(多施設共同試験) ... J-GLOBALでは研究開発でキーとなる情報をつないでいます。例えば、文献と特許を人(著者・発明者)でつなぎ、そのつながりから次々と情報を ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事圧覚

圧覚」

  [★]

pressure sensation sense of pressure, baresthesia, piesesthesia
圧受容 pressoreception
触覚





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡