国試 111

出典: meddic

111A001 111B001 111C001 111D001 111E001 111F001 111G001 111H001 111I001
111A002 111B002 111C002 111D002 111E002 111F002 111G002 111H002 111I002
111A003 111B003 111C003 111D003 111E003 111F003 111G003 111H003 111I003
111A004 111B004 111C004 111D004 111E004 111F004 111G004 111H004 111I004
111A005 111B005 111C005 111D005 111E005 111F005 111G005 111H005 111I005
111A006 111B006 111C006 111D006 111E006 111F006 111G006 111H006 111I006
111A007 111B007 111C007 111D007 111E007 111F007 111G007 111H007 111I007
111A008 111B008 111C008 111D008 111E008 111F008 111G008 111H008 111I008
111A009 111B009 111C009 111D009 111E009 111F009 111G009 111H009 111I009
111A010 111B010 111C010 111D010 111E010 111F010 111G010 111H010 111I010
111A011 111B011 111C011 111D011 111E011 111F011 111G011 111H011 111I011
111A012 111B012 111C012 111D012 111E012 111F012 111G012 111H012 111I012
111A013 111B013 111C013 111D013 111E013 111F013 111G013 111H013 111I013
111A014 111B014 111C014 111D014 111E014 111F014 111G014 111H014 111I014
111A015 111B015 111C015 111D015 111E015 111F015 111G015 111H015 111I015
111A016 111B016 111C016 111D016 111E016 111F016 111G016 111H016 111I016
111A017 111B017 111C017 111D017 111E017 111F017 111G017 111H017 111I017
111A018 111B018 111C018 111D018 111E018 111F018 111G018 111H018 111I018
111A019 111B019 111C019 111D019 111E019 111F019 111G019 111H019 111I019
111A020 111B020 111C020 111D020 111E020 111F020 111G020 111H020 111I020
111A021 111B021 111C021 111D021 111E021 111F021 111G021 111H021 111I021
111A022 111B022 111C022 111D022 111E022 111F022 111G022 111H022 111I022
111A023 111B023 111C023 111D023 111E023 111F023 111G023 111H023 111I023
111A024 111B024 111C024 111D024 111E024 111F024 111G024 111H024 111I024
111A025 111B025 111C025 111D025 111E025 111F025 111G025 111H025 111I025
111A026 111B026 111C026 111D026 111E026 111F026 111G026 111H026 111I026
111A027 111B027 111C027 111D027 111E027 111F027 111G027 111H027 111I027
111A028 111B028 111C028 111D028 111E028 111F028 111G028 111H028 111I028
111A029 111B029 111C029 111D029 111E029 111F029 111G029 111H029 111I029
111A030 111B030 111C030 111D030 111E030 111F030 111G030 111H030 111I030
111A031 111B031 111C031 111D031 111E031 111F031 111G031 111H031 111I031
111A032 111B032   111D032 111E032   111G032 111H032 111I032
111A033 111B033   111D033 111E033   111G033 111H033 111I033
111A034 111B034   111D034 111E034   111G034 111H034 111I034
111A035 111B035   111D035 111E035   111G035 111H035 111I035
111A036 111B036   111D036 111E036   111G036 111H036 111I036
111A037 111B037   111D037 111E037   111G037 111H037 111I037
111A038 111B038   111D038 111E038   111G038 111H038 111I038
111A039 111B039   111D039 111E039   111G039   111I039
111A040 111B040   111D040 111E040   111G040   111I040
111A041 111B041   111D041 111E041   111G041   111I041
111A042 111B042   111D042 111E042   111G042   111I042
111A043 111B043   111D043 111E043   111G043   111I043
111A044 111B044   111D044 111E044   111G044   111I044
111A045 111B045   111D045 111E045   111G045   111I045
111A046 111B046   111D046 111E046   111G046   111I046
111A047 111B047   111D047 111E047   111G047   111I047
111A048 111B048   111D048 111E048   111G048   111I048
111A049 111B049   111D049 111E049   111G049   111I049
111A050 111B050   111D050 111E050   111G050   111I050
111A051 111B051   111D051 111E051   111G051   111I051
111A052 111B052   111D052 111E052   111G052   111I052
111A053 111B053   111D053 111E053   111G053   111I053
111A054 111B054   111D054 111E054   111G054   111I054
111A055 111B055   111D055 111E055   111G055   111I055
111A056 111B056   111D056 111E056   111G056   111I056
111A057 111B057   111D057 111E057   111G057   111I057
111A058 111B058   111D058 111E058   111G058   111I058
111A059 111B059   111D059 111E059   111G059   111I059
111A060 111B060   111D060 111E060   111G060   111I060
  111B061     111E061   111G061   111I061
  111B062     111E062   111G062   111I062
        111E063   111G063   111I063
        111E064   111G064   111I064
        111E065   111G065   111I065
        111E066   111G066   111I066
        111E067   111G067   111I067
        111E068   111G068   111I068
        111E069   111G069   111I069
                111I070
                111I071
                111I072
                111I073
                111I074
                111I075
                111I076
                111I077
                111I078
                111I079
                111I080

和文文献

  • 細菌性肺炎を対象としたgarenoxacinの臨床第III相比較試験

関連リンク

サンプル動画はこちらをご覧ください
薬学まとめました。このサイトは薬学の重要事項をコアカリキュラムに準拠したかたちでまとめています。大学の授業や薬剤師国家試験の対策にぜひ役立ててください。
第111回国試を解説する、大学単位ネット講座「国試111 SELECT講座」の概要をご紹介します。医師国家試験予備校のテコムはネット講座や個別指導、模擬試験の多様なメニューで合格をサポートします。
最近の国試は丸暗記で解答できる問題が著しく減少し、臨床上のトピックが多く出題されるなどの驚くべき進化を遂げています。 本連載では歯科医師国家試験の「いま」を分析し、傾向と対策について述べていきたいと思います。お子 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
国試過去問111F027」「111E062」「111G068」「111F029」「111G067」「111G066」「111H034」「111F026」「111E061」「111E060」「111B052」「111F028」「111B051」「111E067」「111E066」「111E068」「111G062」「111F031」「111B050」「111E065

111F027」

  [★]

  • 次の文を読み、26、27の問いに答えよ。
  • 52歳の女性。耳鳴りを主訴に夫に伴われて来院した。
  • 現病歴:2か月前から毎晩就寝時に心臓の鼓動が耳や頭の中でドクドクと響くように感じ、次第に寝付けなくなった。耳鼻咽喉科を受診したところ「耳鏡検査や聴力検査に異常はないので様子をみるように」と説明された。その後も改善がみられないため脳神経外科を受診したが「診察で神経学的所見に異常はなく脳血管障害の可能性は低いので再診は必要ない」と説明された。循環器内科も受診したが「心電図の異常もないので心臓の病気は心配しなくてもよい」と説明された。症状が改善しないため総合診療科を受診した。
  • 既往歴:48歳から高血圧症で降圧薬を内服中。
  • 生活歴:喫煙歴はない。飲酒は機会飲酒。
  • 家族歴:父親が脳出血で死亡。
  • 現症:意識は清明。身長 156cm、体重 54kg。体温 36.8℃。脈拍 84/分、整。血圧 148/88mmHg。呼吸数 12/分。SpO2 98%(room air)。眼瞼結膜と眼球結膜とに異常を認めない。対光反射は正常。口腔内と咽頭とに異常を認めない。甲状腺腫と頸部リンパ節とを触知しない。頸動脈に雑音を聴取しない。心音と呼吸音とに異常を認めない。腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知しない。下腿に浮腫を認めない。
  • 再び面接を行った。
  • 医師 ①「あなたの症状についてご家族からもお話を伺えますか」
  • 患者 「はい、後で待合室にいる主人から聞いていただければと思います」
  • 医師 ②「あなたの症状についてご主人はどのように考えていると思いますか」
  • 患者 「私の体調不良は気になっている様子です」
  • 医師 ③「最初に耳鼻咽喉科を受診されたのですね」
  • 患者 「はい、最初は耳のせいかと思っていました」
  • 医師 ④「いろいろ診てもらった結果、耳鳴りの原因は何だと思いますか」
  • 患者 「私は血圧が高く父も脳出血だったので、脳に異常がないか不安です」
  • 医師 ⑤「しばらく様子をみてはどうかと思いますが、いかがですか」
  • 患者 「やはり脳の異常が心配です」
  • この患者への対応として適切なのはどれか。
  • a 今後の検査は他院で相談するように伝える。
  • b ひとまず帰宅して家族とよく相談するように伝える。
  • c いつでも連絡がとれるよう医師個人の電話番号を伝える。
  • d 不安が強いときは自ら精神科医に相談するように伝える。
  • e 外来通院を継続しながら患者の意向を確認していくと伝える。


[正答]


※国試ナビ4※ 111F026]←[国試_111]→[111F028

111E062」

  [★]

  • 次の文を読み、60~62の問いに答えよ。
  • 20歳の男性。発熱と右下肢の発赤、疼痛および腫脹とを主訴に来院した。
  • 現病歴:4日前、屋外でバスケットボールの練習中に転倒し右下腿を打撲した。次第に打撲した部位の発赤、疼痛および腫脹が出現して急速に拡がり、発熱も出現したため救急外来を受診した。
  • 既往歴:3歳時に肺炎で入院。薬物アレルギーはない。
  • 生活歴:大学生。バスケットボールのサークルに所属している。喫煙歴はない。飲酒は機会飲酒。
  • 家族歴:父親が高血圧症で内服治療中。母親は健康。
  • 現症:意識レベルはJCSⅠ-2-R。身長 175cm、体重 63kg。体温 40.6℃。脈拍 120/分、整。血圧 82/40mmHg。呼吸数 22/分。SpO2 96%(room air)。全身に発汗を認める。心音と呼吸音とに異常を認めない。腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知しない。右鼠径部に径2cmで可動性良好なリンパ節を3個触知し、圧痛を認める。右下腿は打撲部位を中心に膝から足首に及ぶ著明な発赤、腫脹および圧痛を認め、皮膚表面には大小の血性水疱を認める。右膝関節および足関節は腫脹と疼痛のため十分な診察ができない。足背動脈は両側とも触知可能である。
  • 検査所見:血液所見:赤血球 468万、Hb 13.9g/dL、Ht 42%、白血球 15,300(桿状核好中球 30%、分葉核好中球 55%、好酸球 1%、好塩基球 0%、単球 7%、リンパ球 7%)、血小板 9万、PT-INR 1.6(基準 0.9~1.1)、Dダイマー 3.4μg/mL(基準 1.0以下)。血液生化学所見:総蛋白 6.0g/dL、総ビリルビン 0.9mg/dL、AST 114U/L、ALT 30U/L、LD 602U/L(基準 176~353)、CK 12,200U/L(基準 30~140)、尿素窒素 30mg/dL、クレアチニン 1.9mg/dL、血糖 98mg/dL、Na 134mEq/L、K 5.0mEq/L、Cl 97mEq/L。CRP 22mg/dL。動脈血ガス分析(room air):pH 7.30、PaCO2 32Torr、PaO2 70Torr、HCO3- 14mEq/L。
  • 骨盤部・下肢CTで右膝関節周囲から足部にかけての皮下組織と筋肉の強い浮腫像と、下腿の筋肉表面に沿った広範な液体成分の貯留像とを認める。
  • 急速大量輸液を開始した。
  • 来院時に採取した血液培養から菌の発育を認めた。培養液のGram染色標本(別冊No. 13)を別に示す。当初、広域スペクトル抗菌薬が投与されていたが、この結果から抗菌薬の変更を検討することとなった。
  • 最適な候補薬はどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 111E061]←[国試_111]→[111E063

111G068」

  [★]

  • 次の文を読み、66~68の問いに答えよ。
  • 84歳の男性。早期胃癌の治療のため入院中である。
  • 現病歴:2か月前から上腹部痛を自覚し、改善がないため受診した。上部消化管内視鏡検査で胃前庭部小彎の早期胃癌と診断された。5日前に入院し、翌日に内視鏡的粘膜下層剥離術が行われたが、同日夜に200mL程度の吐血があり、緊急で内視鏡的止血術が行われた。吐血した際には激しい咳を伴っていた。昨日から38.7℃の発熱と呼吸困難とを自覚している。
  • 既往歴:60歳時に胆嚢摘出術。
  • 生活歴:喫煙は60歳まで10本/日を40年間。飲酒歴はない。石綿などの粉塵吸入歴はない。
  • 家族歴:父親が肺癌で死亡。母親が脳梗塞で死亡。
  • 現症:意識は清明。身長 154cm、体重 41kg。体温 37.6℃。脈拍 96/分、整。血圧 112/60mmHg。呼吸数 16/分。SpO2 92%(リザーバー付マスク6L/分酸素投与下)。眼瞼結膜と眼球結膜とに異常を認めない。心音に異常を認めないが、両側の胸部にcoarse cracklesを聴取する。腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知しない。下腿に浮腫を認めない。
  • 検査所見:尿所見:蛋白(-)、糖(-)、ケトン体(±)、潜血(-)。血液所見:赤血球 378万、Hb 11.4g/dL、Ht 33%、白血球 16,800(桿状核好中球 8%、分葉核好中球 76%、好酸球 3%、単球 3%、リンパ球 10%)、血小板 33万。血液生化学所見:総蛋白 6.1g/dL、アルブミン 2.3g/dL、総ビリルビン 0.6mg/dL、AST 32U/L、ALT 59U/L、LD 363U/L(基準 176~353)、尿素窒素 15mg/dL、クレアチニン 0.6mg/dL、血糖 169mg/dL、HbA1c 6.0%(基準 4.6~6.2)、Na 135mEq/L、K 3.9mEq/L、Cl 99mEq/L、脳性ナトリウム利尿ペプチド(BNP) 120pg/mL(基準 18.4以下)。免疫血清学所見:プロカルシトニン 0.20ng/mL(基準 0.05未満)、CRP 18mg/dL。尿中レジオネラ抗原陰性、尿中肺炎球菌抗原陰性。
  • 動脈血ガス分析(リザーバー付マスク6L/分酸素投与下):pH 7.45、PaCO2 35Torr、PaO2 63Torr、HCO3- 25mEq/L。仰臥位のポータブル胸部エックス線写真(別冊No. 11A)及び胸部CTの水平断像(別冊No. 11B)と冠状断像(別冊No. 11C)とを別に示す。



  • この患者にみられる可能性が高いのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 111G067]←[国試_111]→[111G069

111F029」

  [★]

  • 次の文を読み、28、29の問いに答えよ。
  • 62歳の男性。右下肢の痛みを主訴に来院した。
  • 現病歴:半年前から散歩の際に右下肢の疲れやすさを自覚していた。1か月前から15分程度の平地歩行で右下肢の痛みが出現するようになった。しばらく立ち止まっていると痛みが軽快して再び歩くことができた。様子をみていたが同様の症状が続くため受診した。
  • 既往歴:45歳から高血圧症、脂質異常症および高尿酸血症。55歳から心房細動。57歳から逆流性食道炎。アンジオテンシン変換酵素(ACE)阻害薬、スタチン(HMG-CoA還元酵素阻害薬)、尿酸排泄促進薬、抗凝固薬およびプロトンポンプ阻害薬を処方されている。
  • 生活歴:喫煙は30本/日を42年間。飲酒はビール500mL/日を42年間。営業職で外食が多い。
  • 家族歴:父親が82歳で大動脈瘤破裂。母親が84歳で脳梗塞。
  • 現症:意識は清明。身長 172cm、体重 82kg。体温 36.2℃。脈拍 92/分、整。血圧は右上腕で142/92mmHg。呼吸数 16/分。SpO2 98%(room air)。眼瞼結膜と眼球結膜とに異常を認めない。頸静脈の怒張を認めない。両頸部および両鎖骨上部に血管雑音を聴取しない。心音と呼吸音とに異常を認めない。腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知しない。腸雑音を聴取する。腹部大動脈の拍動を触知しない。両鼠径部に血管雑音を聴取しない。四肢末梢に皮膚潰瘍を認めない。
  • 検査所見:尿所見:蛋白(-)、糖(-)、ケトン体(-)、潜血(-)。血液所見:赤血球 537万、Hb 17.4g/dL、Ht 54%、白血球 6,300、血小板 22万、PT-INR 2.1(基準 0.9~1.1)。血液生化学所見:総蛋白 7.4g/dL、アルブミン 3.8g/dL、総ビリルビン 1.0mg/dL、直接ビリルビン 0.3mg/dL、AST 26U/L、ALT 18U/L、LD 182U/L(基準 176~353)、ALP 320U/L(基準 115~359)、γ-GTP 142U/L(基準8~50)、CK 120U/L(基準30~140)、尿素窒素 22mg/dL、クレアチニン 1.2mg/dL、尿酸 7.2mg/dL、血糖 108mg/dL、総コレステロール 278mg/dL、トリグリセリド 356mg/dL、HDLコレステロール 48mg/dL、Na 140mEq/L、K 3.9mEq/L、Cl 98mEq/L。
  • 抗血小板作用を有する血管拡張薬を追加する場合、服用中の薬剤で副作用が出現する可能性が高まるのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 111F028]←[国試_111]→[111F030

111G067」

  [★]

  • 次の文を読み、66~68の問いに答えよ。
  • 84歳の男性。早期胃癌の治療のため入院中である。
  • 現病歴:2か月前から上腹部痛を自覚し、改善がないため受診した。上部消化管内視鏡検査で胃前庭部小彎の早期胃癌と診断された。5日前に入院し、翌日に内視鏡的粘膜下層剥離術が行われたが、同日夜に200mL程度の吐血があり、緊急で内視鏡的止血術が行われた。吐血した際には激しい咳を伴っていた。昨日から38.7℃の発熱と呼吸困難とを自覚している。
  • 既往歴:60歳時に胆嚢摘出術。
  • 生活歴:喫煙は60歳まで10本/日を40年間。飲酒歴はない。石綿などの粉塵吸入歴はない。
  • 家族歴:父親が肺癌で死亡。母親が脳梗塞で死亡。
  • 現症:意識は清明。身長 154cm、体重 41kg。体温 37.6℃。脈拍 96/分、整。血圧 112/60mmHg。呼吸数 16/分。SpO2 92%(リザーバー付マスク6L/分酸素投与下)。眼瞼結膜と眼球結膜とに異常を認めない。心音に異常を認めないが、両側の胸部にcoarse cracklesを聴取する。腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知しない。下腿に浮腫を認めない。
  • 検査所見:尿所見:蛋白(-)、糖(-)、ケトン体(±)、潜血(-)。血液所見:赤血球 378万、Hb 11.4g/dL、Ht 33%、白血球 16,800(桿状核好中球 8%、分葉核好中球 76%、好酸球 3%、単球 3%、リンパ球 10%)、血小板 33万。血液生化学所見:総蛋白 6.1g/dL、アルブミン 2.3g/dL、総ビリルビン 0.6mg/dL、AST 32U/L、ALT 59U/L、LD 363U/L(基準 176~353)、尿素窒素 15mg/dL、クレアチニン 0.6mg/dL、血糖 169mg/dL、HbA1c 6.0%(基準 4.6~6.2)、Na 135mEq/L、K 3.9mEq/L、Cl 99mEq/L、脳性ナトリウム利尿ペプチド(BNP) 120pg/mL(基準 18.4以下)。免疫血清学所見:プロカルシトニン 0.20ng/mL(基準 0.05未満)、CRP 18mg/dL。尿中レジオネラ抗原陰性、尿中肺炎球菌抗原陰性。
  • 動脈血ガス分析(リザーバー付マスク6L/分酸素投与下):pH 7.45、PaCO2 35Torr、PaO2 63Torr、HCO3- 25mEq/L。仰臥位のポータブル胸部エックス線写真(別冊No. 11A)及び胸部CTの水平断像(別冊No. 11B)と冠状断像(別冊No. 11C)とを別に示す。



  • この患者に投与すべき薬剤はどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 111G066]←[国試_111]→[111G068

111G066」

  [★]

  • 次の文を読み、66~68の問いに答えよ。
  • 84歳の男性。早期胃癌の治療のため入院中である。
  • 現病歴:2か月前から上腹部痛を自覚し、改善がないため受診した。上部消化管内視鏡検査で胃前庭部小彎の早期胃癌と診断された。5日前に入院し、翌日に内視鏡的粘膜下層剥離術が行われたが、同日夜に200mL程度の吐血があり、緊急で内視鏡的止血術が行われた。吐血した際には激しい咳を伴っていた。昨日から38.7℃の発熱と呼吸困難とを自覚している。
  • 既往歴:60歳時に胆嚢摘出術。
  • 生活歴:喫煙は60歳まで10本/日を40年間。飲酒歴はない。石綿などの粉塵吸入歴はない。
  • 家族歴:父親が肺癌で死亡。母親が脳梗塞で死亡。
  • 現症:意識は清明。身長 154cm、体重 41kg。体温 37.6℃。脈拍 96/分、整。血圧 112/60mmHg。呼吸数 16/分。SpO2 92%(リザーバー付マスク6L/分酸素投与下)。眼瞼結膜と眼球結膜とに異常を認めない。心音に異常を認めないが、両側の胸部にcoarse cracklesを聴取する。腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知しない。下腿に浮腫を認めない。
  • 検査所見:尿所見:蛋白(-)、糖(-)、ケトン体(±)、潜血(-)。血液所見:赤血球 378万、Hb 11.4g/dL、Ht 33%、白血球 16,800(桿状核好中球 8%、分葉核好中球 76%、好酸球 3%、単球 3%、リンパ球 10%)、血小板 33万。血液生化学所見:総蛋白 6.1g/dL、アルブミン 2.3g/dL、総ビリルビン 0.6mg/dL、AST 32U/L、ALT 59U/L、LD 363U/L(基準 176~353)、尿素窒素 15mg/dL、クレアチニン 0.6mg/dL、血糖 169mg/dL、HbA1c 6.0%(基準 4.6~6.2)、Na 135mEq/L、K 3.9mEq/L、Cl 99mEq/L、脳性ナトリウム利尿ペプチド(BNP) 120pg/mL(基準 18.4以下)。免疫血清学所見:プロカルシトニン 0.20ng/mL(基準 0.05未満)、CRP 18mg/dL。尿中レジオネラ抗原陰性、尿中肺炎球菌抗原陰性。
  • 動脈血ガス分析(リザーバー付マスク6L/分酸素投与下):pH 7.45、PaCO2 35Torr、PaO2 63Torr、HCO3- 25mEq/L。仰臥位のポータブル胸部エックス線写真(別冊No. 11A)及び胸部CTの水平断像(別冊No. 11B)と冠状断像(別冊No. 11C)とを別に示す。



  • この患者にみられる所見はどれか。2つ選べ。


[正答]


※国試ナビ4※ 111G065]←[国試_111]→[111G067

111H034」

  [★]

  • 次の文を読み、33、34の問いに答えよ。
  • 55歳の男性。息切れと下腿の浮腫とを主訴に来院した。
  • 現病歴:約6か月前から全身倦怠感を自覚していたが他に症状がないので様子をみていた。1か月前から下腿の浮腫を自覚し、次第に労作時の息切れを感じることが多くなったため受診した。
  • 既往歴:30歳時に虫垂炎手術。
  • 家族歴:父親が80歳時に脳梗塞、母親が82歳時に膵癌で死亡。
  • 生活歴:喫煙歴はない。飲酒は機会飲酒。
  • 現症:意識は清明。身長 161cm、体重 60kg。体温 36.2℃。脈拍 96/分、整。血圧 110/72mmHg。呼吸数 20/分。SpO2 90%(room air)。眼瞼結膜と眼球結膜とに異常を認めない。頸静脈の怒張を認める。心音はⅢ音とⅣ音とを聴取する。呼吸音は両側下胸部で減弱している。腹部は平坦、軟で、右季肋部に肝を2cm触知する。両下腿に圧痕を伴う浮腫を認める。
  • 検査所見:尿所見:蛋白3+、糖(-)、沈渣に異常を認めない。血液所見:赤血球 417万、Hb 13.0g/dL、Ht 41%、白血球 6,800、血小板 28万。血液生化学所見:総蛋白 9.8g/dL、アルブミン 2.8g/dL、総ビリルビン 0.7mg/dL、AST 34U/L、ALT 26U/L、LD 345U/L(基準 176~353)、ALP 225U/L(基準 115~359)、尿素窒素 18mg/dL、クレアチニン 2.3mg/dL、血糖 79mg/dL、HbA1c 5.3%(基準 4.6~6.2)、Na 138mEq/L、K 4.9mEq/L、Cl 106mEq/L、Ca 10.8mg/dL、P 2.1mg/dL、脳性ナトリウム利尿ペプチド(BNP) 253pg/mL(基準 18.4以下)。CRP 0.1mg/dL。心電図は心拍数 91/分の洞調律で肢誘導の低電位、左房負荷および不完全左脚ブロックを認める。胸部エックス線写真で心胸郭比は 52%で、両側に少量の胸水を認める。心エコー図(別冊No. 4A、B)を別に示す。


  • その後の経過:入院後、血清M蛋白が検出され、上部消化管内視鏡による胃生検組織検査からアミロイド蛋白の沈着が証明された。他の検査結果と総合して、予後不良な全身性アミロイドーシスと診断された。
  • SPIKESモデルに基づく患者への伝え方として適切でないのはどれか。
  • a 患者の感情に共感を示す。
  • b 患者自身の病気に対する認識を知る。
  • c どこまで知りたいかについて把握する。
  • d 正確な病状や病名についての説明は避ける。
  • e プライバシーに配慮した面談の環境を整える。


[正答]


※国試ナビ4※ 111H033]←[国試_111]→[111H035

111F026」

  [★]

  • 次の文を読み、26、27の問いに答えよ。
  • 52歳の女性。耳鳴りを主訴に夫に伴われて来院した。
  • 現病歴:2か月前から毎晩就寝時に心臓の鼓動が耳や頭の中でドクドクと響くように感じ、次第に寝付けなくなった。耳鼻咽喉科を受診したところ「耳鏡検査や聴力検査に異常はないので様子をみるように」と説明された。その後も改善がみられないため脳神経外科を受診したが「診察で神経学的所見に異常はなく脳血管障害の可能性は低いので再診は必要ない」と説明された。循環器内科も受診したが「心電図の異常もないので心臓の病気は心配しなくてもよい」と説明された。症状が改善しないため総合診療科を受診した。
  • 既往歴:48歳から高血圧症で降圧薬を内服中。
  • 生活歴:喫煙歴はない。飲酒は機会飲酒。
  • 家族歴:父親が脳出血で死亡。
  • 現症:意識は清明。身長 156cm、体重 54kg。体温 36.8℃。脈拍 84/分、整。血圧 148/88mmHg。呼吸数 12/分。SpO2 98%(room air)。眼瞼結膜と眼球結膜とに異常を認めない。対光反射は正常。口腔内と咽頭とに異常を認めない。甲状腺腫と頸部リンパ節とを触知しない。頸動脈に雑音を聴取しない。心音と呼吸音とに異常を認めない。腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知しない。下腿に浮腫を認めない。
  • 再び面接を行った。
  • 医師 ①「あなたの症状についてご家族からもお話を伺えますか」
  • 患者 「はい、後で待合室にいる主人から聞いていただければと思います」
  • 医師 ②「あなたの症状についてご主人はどのように考えていると思いますか」
  • 患者 「私の体調不良は気になっている様子です」
  • 医師 ③「最初に耳鼻咽喉科を受診されたのですね」
  • 患者 「はい、最初は耳のせいかと思っていました」
  • 医師 ④「いろいろ診てもらった結果、耳鳴りの原因は何だと思いますか」
  • 患者 「私は血圧が高く父も脳出血だったので、脳に異常がないか不安です」
  • 医師 ⑤「しばらく様子をみてはどうかと思いますが、いかがですか」
  • 患者 「やはり脳の異常が心配です」
  • 現在の患者の解釈モデルを尋ねているのはどれか。
  • a ①
  • b ②
  • c ③
  • d ④
  • e ⑤


[正答]


※国試ナビ4※ 111F025]←[国試_111]→[111F027

111E061」

  [★]

  • 次の文を読み、60~62の問いに答えよ。
  • 20歳の男性。発熱と右下肢の発赤、疼痛および腫脹とを主訴に来院した。
  • 現病歴:4日前、屋外でバスケットボールの練習中に転倒し右下腿を打撲した。次第に打撲した部位の発赤、疼痛および腫脹が出現して急速に拡がり、発熱も出現したため救急外来を受診した。
  • 既往歴:3歳時に肺炎で入院。薬物アレルギーはない。
  • 生活歴:大学生。バスケットボールのサークルに所属している。喫煙歴はない。飲酒は機会飲酒。
  • 家族歴:父親が高血圧症で内服治療中。母親は健康。
  • 現症:意識レベルはJCSⅠ-2-R。身長 175cm、体重 63kg。体温 40.6℃。脈拍 120/分、整。血圧 82/40mmHg。呼吸数 22/分。SpO2 96%(room air)。全身に発汗を認める。心音と呼吸音とに異常を認めない。腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知しない。右鼠径部に径2cmで可動性良好なリンパ節を3個触知し、圧痛を認める。右下腿は打撲部位を中心に膝から足首に及ぶ著明な発赤、腫脹および圧痛を認め、皮膚表面には大小の血性水疱を認める。右膝関節および足関節は腫脹と疼痛のため十分な診察ができない。足背動脈は両側とも触知可能である。
  • 検査所見:血液所見:赤血球 468万、Hb 13.9g/dL、Ht 42%、白血球 15,300(桿状核好中球 30%、分葉核好中球 55%、好酸球 1%、好塩基球 0%、単球 7%、リンパ球 7%)、血小板 9万、PT-INR 1.6(基準 0.9~1.1)、Dダイマー 3.4μg/mL(基準 1.0以下)。血液生化学所見:総蛋白 6.0g/dL、総ビリルビン 0.9mg/dL、AST 114U/L、ALT 30U/L、LD 602U/L(基準 176~353)、CK 12,200U/L(基準 30~140)、尿素窒素 30mg/dL、クレアチニン 1.9mg/dL、血糖 98mg/dL、Na 134mEq/L、K 5.0mEq/L、Cl 97mEq/L。CRP 22mg/dL。動脈血ガス分析(room air):pH 7.30、PaCO2 32Torr、PaO2 70Torr、HCO3- 14mEq/L。
  • 骨盤部・下肢CTで右膝関節周囲から足部にかけての皮下組織と筋肉の強い浮腫像と、下腿の筋肉表面に沿った広範な液体成分の貯留像とを認める。
  • 急速大量輸液を開始した。
  • 最も優先して行うべきなのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 111E060]←[国試_111]→[111E062

111E060」

  [★]

  • 次の文を読み、60~62の問いに答えよ。
  • 20歳の男性。発熱と右下肢の発赤、疼痛および腫脹とを主訴に来院した。
  • 現病歴:4日前、屋外でバスケットボールの練習中に転倒し右下腿を打撲した。次第に打撲した部位の発赤、疼痛および腫脹が出現して急速に拡がり、発熱も出現したため救急外来を受診した。
  • 既往歴:3歳時に肺炎で入院。薬物アレルギーはない。
  • 生活歴:大学生。バスケットボールのサークルに所属している。喫煙歴はない。飲酒は機会飲酒。
  • 家族歴:父親が高血圧症で内服治療中。母親は健康。
  • 現症:意識レベルはJCSⅠ-2-R。身長 175cm、体重 63kg。体温 40.6℃。脈拍 120/分、整。血圧 82/40mmHg。呼吸数 22/分。SpO2 96%(room air)。全身に発汗を認める。心音と呼吸音とに異常を認めない。腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知しない。右鼠径部に径2cmで可動性良好なリンパ節を3個触知し、圧痛を認める。右下腿は打撲部位を中心に膝から足首に及ぶ著明な発赤、腫脹および圧痛を認め、皮膚表面には大小の血性水疱を認める。右膝関節および足関節は腫脹と疼痛のため十分な診察ができない。足背動脈は両側とも触知可能である。
  • 検査所見:血液所見:赤血球 468万、Hb 13.9g/dL、Ht 42%、白血球 15,300(桿状核好中球 30%、分葉核好中球 55%、好酸球 1%、好塩基球 0%、単球 7%、リンパ球 7%)、血小板 9万、PT-INR 1.6(基準 0.9~1.1)、Dダイマー 3.4μg/mL(基準 1.0以下)。血液生化学所見:総蛋白 6.0g/dL、総ビリルビン 0.9mg/dL、AST 114U/L、ALT 30U/L、LD 602U/L(基準 176~353)、CK 12,200U/L(基準 30~140)、尿素窒素 30mg/dL、クレアチニン 1.9mg/dL、血糖 98mg/dL、Na 134mEq/L、K 5.0mEq/L、Cl 97mEq/L。CRP 22mg/dL。動脈血ガス分析(room air):pH 7.30、PaCO2 32Torr、PaO2 70Torr、HCO3- 14mEq/L。
  • 骨盤部・下肢CTで右膝関節周囲から足部にかけての皮下組織と筋肉の強い浮腫像と、下腿の筋肉表面に沿った広範な液体成分の貯留像とを認める。
  • 急速大量輸液を開始した。
  • 輸液に対する反応から敗血症性ショックと判断するための指標はどれか。2つ選べ。


[正答]


※国試ナビ4※ 111E059]←[国試_111]→[111E061

111B052」

  [★]

  • 次の文を読み、50~52の問いに答えよ。
  • 78歳の男性。倦怠感と口渇を訴え、通院中の病院を受診した。
  • 現病歴:68歳時に人間ドックで高血糖を指摘されて治療を開始した。3か月ごとに定期受診しており毎朝1錠の内服薬で、これまでHbA1cは6%台であった。1か月前から倦怠感とのどの渇きが出現した。
  • 既往歴:特記すべきことはない。
  • 生活歴:喫煙歴と飲酒歴はない。
  • 家族歴:父親は肺癌で死亡。母親は胃癌で死亡。糖尿病の家族歴はない。
  • 現症:意識は清明。身長 162cm、体重 53kg。体温 36.2℃。脈拍 80/分、整。血圧 134/82mmHg。呼吸数 18/分。眼瞼結膜と眼球結膜とに異常を認めない。口腔内は軽度乾燥している。頸静脈の怒張を認めない。甲状腺腫と頸部リンパ節とを触知しない。心音と呼吸音とに異常を認めない。腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知しない。振動覚と腱反射は正常である。
  • 検査所見:尿所見:蛋白(±)、糖3+、ケトン体1+、潜血(-)、沈渣に異常を認めない。血液所見:赤血球 444万、Hb 12.9g/dL、Ht 43%、白血球 6,000(好中球 54%、好酸球 2%、好塩基球 0%、単球 8%、リンパ球 36%)、血小板 19万。血液生化学所見:総蛋白 6.9g/dL、アルブミン 3.5g/dL、総ビリルビン 0.6mg/dL、直接ビリルビン 0.3mg/dL、AST 22U/L、ALT 19U/L、LD 186U/L(基準 176~353)、ALP 186U/L(基準 115~359)、γ-GTP 17U/L(基準8~50)、アミラーゼ 352U/L(基準 37~160)、CK 132U/L(基準 30~140)、尿素窒素 20mg/dL、クレアチニン 0.8mg/dL、尿酸 4.0mg/dL、血糖 235mg/dL、HbA1c 8.9%(基準 4.6~6.2)、総コレステロール 147mg/dL、トリグリセリド 64mg/dL、HDLコレステロール 51mg/dL、Na 140mEq/L、K 4.4mEq/L、Cl 105mEq/L、Ca 9.1mg/dL、P 3.0mg/dL、TSH 3.0μU/mL(基準 0.2~4.0)、FT4 1.2ng/dL(基準 0.8~2.2)。心電図と胸部エックス線写真とに異常を認めない。
  • 精査の結果、腹部CTで膵尾部に径2cmの腫瘤影を認め、膵癌と診断された。本人や家族と相談の結果、膵尾部切除術を行うこととなった。
  • 術前の血糖コントロールの方法として適切なのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 111B051]←[国試_111]→[111B053

111F028」

  [★]

  • 次の文を読み、28、29の問いに答えよ。
  • 62歳の男性。右下肢の痛みを主訴に来院した。
  • 現病歴:半年前から散歩の際に右下肢の疲れやすさを自覚していた。1か月前から15分程度の平地歩行で右下肢の痛みが出現するようになった。しばらく立ち止まっていると痛みが軽快して再び歩くことができた。様子をみていたが同様の症状が続くため受診した。
  • 既往歴:45歳から高血圧症、脂質異常症および高尿酸血症。55歳から心房細動。57歳から逆流性食道炎。アンジオテンシン変換酵素(ACE)阻害薬、スタチン(HMG-CoA還元酵素阻害薬)、尿酸排泄促進薬、抗凝固薬およびプロトンポンプ阻害薬を処方されている。
  • 生活歴:喫煙は30本/日を42年間。飲酒はビール500mL/日を42年間。営業職で外食が多い。
  • 家族歴:父親が82歳で大動脈瘤破裂。母親が84歳で脳梗塞。
  • 現症:意識は清明。身長 172cm、体重 82kg。体温 36.2℃。脈拍 92/分、整。血圧は右上腕で142/92mmHg。呼吸数 16/分。SpO2 98%(room air)。眼瞼結膜と眼球結膜とに異常を認めない。頸静脈の怒張を認めない。両頸部および両鎖骨上部に血管雑音を聴取しない。心音と呼吸音とに異常を認めない。腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知しない。腸雑音を聴取する。腹部大動脈の拍動を触知しない。両鼠径部に血管雑音を聴取しない。四肢末梢に皮膚潰瘍を認めない。
  • 検査所見:尿所見:蛋白(-)、糖(-)、ケトン体(-)、潜血(-)。血液所見:赤血球 537万、Hb 17.4g/dL、Ht 54%、白血球 6,300、血小板 22万、PT-INR 2.1(基準 0.9~1.1)。血液生化学所見:総蛋白 7.4g/dL、アルブミン 3.8g/dL、総ビリルビン 1.0mg/dL、直接ビリルビン 0.3mg/dL、AST 26U/L、ALT 18U/L、LD 182U/L(基準 176~353)、ALP 320U/L(基準 115~359)、γ-GTP 142U/L(基準8~50)、CK 120U/L(基準30~140)、尿素窒素 22mg/dL、クレアチニン 1.2mg/dL、尿酸 7.2mg/dL、血糖 108mg/dL、総コレステロール 278mg/dL、トリグリセリド 356mg/dL、HDLコレステロール 48mg/dL、Na 140mEq/L、K 3.9mEq/L、Cl 98mEq/L。
  • この患者の四肢の収縮期血圧と考えられるのはどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 111F027]←[国試_111]→[111F029

111B051」

  [★]

  • 次の文を読み、50~52の問いに答えよ。
  • 78歳の男性。倦怠感と口渇を訴え、通院中の病院を受診した。
  • 現病歴:68歳時に人間ドックで高血糖を指摘されて治療を開始した。3か月ごとに定期受診しており毎朝1錠の内服薬で、これまでHbA1cは6%台であった。1か月前から倦怠感とのどの渇きが出現した。
  • 既往歴:特記すべきことはない。
  • 生活歴:喫煙歴と飲酒歴はない。
  • 家族歴:父親は肺癌で死亡。母親は胃癌で死亡。糖尿病の家族歴はない。
  • 現症:意識は清明。身長 162cm、体重 53kg。体温 36.2℃。脈拍 80/分、整。血圧 134/82mmHg。呼吸数 18/分。眼瞼結膜と眼球結膜とに異常を認めない。口腔内は軽度乾燥している。頸静脈の怒張を認めない。甲状腺腫と頸部リンパ節とを触知しない。心音と呼吸音とに異常を認めない。腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知しない。振動覚と腱反射は正常である。
  • 検査所見:尿所見:蛋白(±)、糖3+、ケトン体1+、潜血(-)、沈渣に異常を認めない。血液所見:赤血球 444万、Hb 12.9g/dL、Ht 43%、白血球 6,000(好中球 54%、好酸球 2%、好塩基球 0%、単球 8%、リンパ球 36%)、血小板 19万。血液生化学所見:総蛋白 6.9g/dL、アルブミン 3.5g/dL、総ビリルビン 0.6mg/dL、直接ビリルビン 0.3mg/dL、AST 22U/L、ALT 19U/L、LD 186U/L(基準 176~353)、ALP 186U/L(基準 115~359)、γ-GTP 17U/L(基準8~50)、アミラーゼ 352U/L(基準 37~160)、CK 132U/L(基準 30~140)、尿素窒素 20mg/dL、クレアチニン 0.8mg/dL、尿酸 4.0mg/dL、血糖 235mg/dL、HbA1c 8.9%(基準 4.6~6.2)、総コレステロール 147mg/dL、トリグリセリド 64mg/dL、HDLコレステロール 51mg/dL、Na 140mEq/L、K 4.4mEq/L、Cl 105mEq/L、Ca 9.1mg/dL、P 3.0mg/dL、TSH 3.0μU/mL(基準 0.2~4.0)、FT4 1.2ng/dL(基準 0.8~2.2)。心電図と胸部エックス線写真とに異常を認めない。
  • Mini-Mental State Examination(MMSE)を行うこととした。注意点はどれか。3つ選べ。
  • a 質問の順番を守る。
  • b ゆっくりと話しかける。
  • c 本人の了承を得てから始める。
  • d 家族と相談して解答してもらう。
  • e 検査紙の文言を分かりやすく言い換える。


[正答]


※国試ナビ4※ 111B050]←[国試_111]→[111B052

111E067」

  [★]

  • 次の文を読み、66~68の問いに答えよ。
  • 36歳の男性。全身倦怠感を主訴に来院した。
  • 現病歴:約1年前から易疲労感を感じていたが、仕事が忙しいせいではないかと考えて医療機関を受診していなかった。約1週間前から陰茎に傷があることに気付いていたが、痛みがないためそのままにしていた。同じころから朝起きると寝汗で布団が濡れていることが多くなってきた。これらの症状が心配になり受診した。
  • 既往歴:約2年前に淋菌性尿道炎の治療歴がある。アレルギー歴はない。
  • 生活歴:健康食品の営業職。独身で一人暮らし。喫煙歴はなく、飲酒は機会飲酒。ペットは飼っていない。海外渡航歴はない。約10年前から不特定多数の女性と性交渉がある。
  • 家族歴:父親が肺癌のため56歳で死亡。母親は高血圧症で治療中。妹は健康。
  • 現症:意識は清明。身長 180cm、体重 58kg。体温 38.0℃。脈拍 60/分、整。血圧 110/80mmHg。呼吸数 12/分。SpO2 98%(room air)。心音と呼吸音とに異常を認めない。腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知しない。腸蠕動音に異常を認めない。表在リンパ節を触知しない。四肢筋力と腱反射は正常である。陰茎に潰瘍を認めるが痛みはない。検査所見:血液所見:赤血球 468万、Hb 13.9g/dL、Ht 42%、白血球 4,300(好中球 75%、好酸球 8%、好塩基球 1%、単球 6%、リンパ球 10%)、血小板 21万、PT-INR 1.3(基準 0.9~1.1)。血液生化学所見:総蛋白 7.5g/dL、アルブミン 3.9g/dL、総ビリルビン 0.9mg/dL、直接ビリルビン 0.2mg/dL、AST 34U/L、ALT 18U/L、LD 178U/L(基準 176~353)、ALP 340U/L(基準 115~359)、γ-GTP 30U/L(基準 8~50)、アミラーゼ 90U/L(基準 37~160)、CK 42U/L(基準 30~140)、尿素窒素 16mg/dL、クレアチニン 0.7mg/dL、尿酸 6.9mg/dL、血糖 98mg/dL、Na 131mEq/L、K 4.4mEq/L、Cl 97mEq/L。陰茎の写真(別冊 No.15)を別に示す。


  • この患者に投与すべき薬剤はどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 111E066]←[国試_111]→[111E068

111E066」

  [★]

  • 次の文を読み、66~68の問いに答えよ。
  • 36歳の男性。全身倦怠感を主訴に来院した。
  • 現病歴:約1年前から易疲労感を感じていたが、仕事が忙しいせいではないかと考えて医療機関を受診していなかった。約1週間前から陰茎に傷があることに気付いていたが、痛みがないためそのままにしていた。同じころから朝起きると寝汗で布団が濡れていることが多くなってきた。これらの症状が心配になり受診した。
  • 既往歴:約2年前に淋菌性尿道炎の治療歴がある。アレルギー歴はない。
  • 生活歴:健康食品の営業職。独身で一人暮らし。喫煙歴はなく、飲酒は機会飲酒。ペットは飼っていない。海外渡航歴はない。約10年前から不特定多数の女性と性交渉がある。
  • 家族歴:父親が肺癌のため56歳で死亡。母親は高血圧症で治療中。妹は健康。
  • 現症:意識は清明。身長 180cm、体重 58kg。体温 38.0℃。脈拍 60/分、整。血圧 110/80mmHg。呼吸数 12/分。SpO2 98%(room air)。心音と呼吸音とに異常を認めない。腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知しない。腸蠕動音に異常を認めない。表在リンパ節を触知しない。四肢筋力と腱反射は正常である。陰茎に潰瘍を認めるが痛みはない。検査所見:血液所見:赤血球 468万、Hb 13.9g/dL、Ht 42%、白血球 4,300(好中球 75%、好酸球 8%、好塩基球 1%、単球 6%、リンパ球 10%)、血小板 21万、PT-INR 1.3(基準 0.9~1.1)。血液生化学所見:総蛋白 7.5g/dL、アルブミン 3.9g/dL、総ビリルビン 0.9mg/dL、直接ビリルビン 0.2mg/dL、AST 34U/L、ALT 18U/L、LD 178U/L(基準 176~353)、ALP 340U/L(基準 115~359)、γ-GTP 30U/L(基準 8~50)、アミラーゼ 90U/L(基準 37~160)、CK 42U/L(基準 30~140)、尿素窒素 16mg/dL、クレアチニン 0.7mg/dL、尿酸 6.9mg/dL、血糖 98mg/dL、Na 131mEq/L、K 4.4mEq/L、Cl 97mEq/L。陰茎の写真(別冊 No.15)を別に示す。


  • 行うべき検査はどれか。
  • a 梅毒血清反応
  • b 病変部の生検
  • c 尿淋菌核酸増幅検査
  • d 尿クラミジア核酸増幅検査
  • e 浸出液のヘルペスウイルス抗原検査


[正答]


※国試ナビ4※ 111E065]←[国試_111]→[111E067

111E068」

  [★]

  • 次の文を読み、66~68の問いに答えよ。
  • 36歳の男性。全身倦怠感を主訴に来院した。
  • 現病歴:約1年前から易疲労感を感じていたが、仕事が忙しいせいではないかと考えて医療機関を受診していなかった。約1週間前から陰茎に傷があることに気付いていたが、痛みがないためそのままにしていた。同じころから朝起きると寝汗で布団が濡れていることが多くなってきた。これらの症状が心配になり受診した。
  • 既往歴:約2年前に淋菌性尿道炎の治療歴がある。アレルギー歴はない。
  • 生活歴:健康食品の営業職。独身で一人暮らし。喫煙歴はなく、飲酒は機会飲酒。ペットは飼っていない。海外渡航歴はない。約10年前から不特定多数の女性と性交渉がある。
  • 家族歴:父親が肺癌のため56歳で死亡。母親は高血圧症で治療中。妹は健康。
  • 現症:意識は清明。身長 180cm、体重 58kg。体温 38.0℃。脈拍 60/分、整。血圧 110/80mmHg。呼吸数 12/分。SpO2 98%(room air)。心音と呼吸音とに異常を認めない。腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知しない。腸蠕動音に異常を認めない。表在リンパ節を触知しない。四肢筋力と腱反射は正常である。陰茎に潰瘍を認めるが痛みはない。検査所見:血液所見:赤血球 468万、Hb 13.9g/dL、Ht 42%、白血球 4,300(好中球 75%、好酸球 8%、好塩基球 1%、単球 6%、リンパ球 10%)、血小板 21万、PT-INR 1.3(基準 0.9~1.1)。血液生化学所見:総蛋白 7.5g/dL、アルブミン 3.9g/dL、総ビリルビン 0.9mg/dL、直接ビリルビン 0.2mg/dL、AST 34U/L、ALT 18U/L、LD 178U/L(基準 176~353)、ALP 340U/L(基準 115~359)、γ-GTP 30U/L(基準 8~50)、アミラーゼ 90U/L(基準 37~160)、CK 42U/L(基準 30~140)、尿素窒素 16mg/dL、クレアチニン 0.7mg/dL、尿酸 6.9mg/dL、血糖 98mg/dL、Na 131mEq/L、K 4.4mEq/L、Cl 97mEq/L。陰茎の写真(別冊 No.15)を別に示す。


  • この患者に混合感染している可能性が高いのはどれか。2つ選べ。


[正答]


※国試ナビ4※ 111E067]←[国試_111]→[111E069

111G062」

  [★]

  • 次の文を読み、60~62の問いに答えよ。
  • 34歳の女性。腹痛、下痢および発熱を主訴に来院した。
  • 現病歴:2日前に夫婦で焼き鳥と鳥刺しを食べた。昨日深夜に腹痛と悪寒とで目を覚まし、トイレに駆け込んだところ水様下痢であった。朝までに5、6回の水様下痢と1回の嘔吐があり、夫に連れられて受診した。夫は下腹部痛はあるが、下痢はない。
  • 既往歴:4歳時に肺炎。
  • 生活歴:会社員。33歳の夫との2人暮らし。ペットは飼っていない。海外渡航歴はない。
  • 家族歴:父親が高血圧症。母親が糖尿病。
  • 現症:意識は清明。身長 155cm、体重 48kg。体温 37.8℃。脈拍 112/分、整。血圧 102/68mmHg。呼吸数 18/分。眼瞼結膜と眼球結膜とに異常を認めない。口腔内と皮膚は乾燥している。心音と呼吸音とに異常を認めない。腹部は平坦で、全体に軽度の圧痛を認めるが反跳痛はない。肝・脾を触知しない。皮疹を認めない。
  • 検査所見:尿所見:比重 1.031、蛋白(±)、糖(-)、ケトン体2+、潜血(-)。便所見:外観は淡黄色水様。血液の付着はない。血液所見:赤血球 452万、Hb 13.1g/dL、Ht 40%、白血球 10,300(好中球 81%、好酸球 2%、好塩基球 0%、単球 1%、リンパ球 16%)、血小板 32万。血液生化学所見:総蛋白 8.0g/dL、アルブミン 4.1g/dL、総ビリルビン 1.0mg/dL、AST 10U/L、ALT 16U/L、LD 289U/L(基準 176~353)、ALP 215U/L(基準 115~359)、γ-GTP 14U/L(基準8~50)、アミラーゼ 55U/L(基準 37~160)、CK 50U/L(基準 30~140)、尿素窒素 22mg/dL、クレアチニン 0.7mg/dL、尿酸 4.2mg/dL、血糖 82mg/dL、Na 133mEq/L、K 3.0mEq/L、Cl 95mEq/L。CRP 4.5mg/dL。
  • 脱水と判断し、直ちに生理食塩液の急速輸液を開始した。
  • 治療開始後は順調に回復し入院3日目に退院したが、退院10日目から両下肢の脱力が出現した。脱力感は徐々に進行し、退院12日目に歩行困難となったため、救急車で搬入された。
  • 最も考えられるのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 111G061]←[国試_111]→[111G063

111F031」

  [★]

  • 次の文を読み、30、31の問いに答えよ。
  • 61歳の男性。ふらつきを主訴に来院した。
  • 現病歴:1週間前から立ち上がるときにふらつきがあった。意識が薄らぐように感じるが消失することはない。悪心、胸痛、呼吸困難、動悸、頭痛、耳鳴り及び難聴はない。この数日ふらつきがひどくなっていることに加え、2日前から便が黒色になっているため、心配して受診した。
  • 既往歴:42歳から脂質異常症。55歳時に心筋梗塞。スタチン(HMG-CoA還元酵素阻害薬)とアスピリンを処方されている。
  • 生活歴:喫煙は55歳まで40本/日を35年間。飲酒歴はない。保険会社の支店長で仕事量は多いが人間関係は良好である。運動をする時間はないという。
  • 家族歴:独身。父親は心筋梗塞で死亡。母親は健康である。妹が脂質異常症。
  • 現症:意識は清明。身長 175cm、体重 82kg。体温 36.8℃。仰臥位脈拍 80/分、立位脈拍 88/分、整。仰臥位血圧 146/86mmHg、立位血圧 122/80mmHg。呼吸数 20/分。SpO2 98%(room air)。皮膚は正常。眼瞼結膜は貧血様だが、眼球結膜に黄染を認めない。口腔内は湿潤している。頸静脈の怒張を認めない。頸部血管雑音を聴取しない。甲状腺腫と頸部リンパ節とを触知しない。心音と呼吸音とに異常を認めない。腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知しない。下腿に浮腫を認めない。眼振を認めない。指鼻試験陰性、Romberg徴候陰性。四肢の筋力に異常を認めない。腱反射は正常。
  • その後の経過:患者が検査に行くために診察室のドアを開けたところ、突然その場で倒れてしまった。駆け寄って患者の肩をたたいてみたが反応がないため、そばにいた看護師に応援を呼ぶことと隣の処置室の除細動器と救急カートとを持ってくることを依頼した。気道を確保し、呼吸と頸動脈の脈拍とを確認したが、呼吸はなく脈拍は触知できない。
  • 次に行うべきなのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 111F030]←[国試_111]→[111G001

111B050」

  [★]

  • 次の文を読み、50~52の問いに答えよ。
  • 78歳の男性。倦怠感と口渇を訴え、通院中の病院を受診した。
  • 現病歴:68歳時に人間ドックで高血糖を指摘されて治療を開始した。3か月ごとに定期受診しており毎朝1錠の内服薬で、これまでHbA1cは6%台であった。1か月前から倦怠感とのどの渇きが出現した。
  • 既往歴:特記すべきことはない。
  • 生活歴:喫煙歴と飲酒歴はない。
  • 家族歴:父親は肺癌で死亡。母親は胃癌で死亡。糖尿病の家族歴はない。
  • 現症:意識は清明。身長 162cm、体重 53kg。体温 36.2℃。脈拍 80/分、整。血圧 134/82mmHg。呼吸数 18/分。眼瞼結膜と眼球結膜とに異常を認めない。口腔内は軽度乾燥している。頸静脈の怒張を認めない。甲状腺腫と頸部リンパ節とを触知しない。心音と呼吸音とに異常を認めない。腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知しない。振動覚と腱反射は正常である。
  • 検査所見:尿所見:蛋白(±)、糖3+、ケトン体1+、潜血(-)、沈渣に異常を認めない。血液所見:赤血球 444万、Hb 12.9g/dL、Ht 43%、白血球 6,000(好中球 54%、好酸球 2%、好塩基球 0%、単球 8%、リンパ球 36%)、血小板 19万。血液生化学所見:総蛋白 6.9g/dL、アルブミン 3.5g/dL、総ビリルビン 0.6mg/dL、直接ビリルビン 0.3mg/dL、AST 22U/L、ALT 19U/L、LD 186U/L(基準 176~353)、ALP 186U/L(基準 115~359)、γ-GTP 17U/L(基準8~50)、アミラーゼ 352U/L(基準 37~160)、CK 132U/L(基準 30~140)、尿素窒素 20mg/dL、クレアチニン 0.8mg/dL、尿酸 4.0mg/dL、血糖 235mg/dL、HbA1c 8.9%(基準 4.6~6.2)、総コレステロール 147mg/dL、トリグリセリド 64mg/dL、HDLコレステロール 51mg/dL、Na 140mEq/L、K 4.4mEq/L、Cl 105mEq/L、Ca 9.1mg/dL、P 3.0mg/dL、TSH 3.0μU/mL(基準 0.2~4.0)、FT4 1.2ng/dL(基準 0.8~2.2)。心電図と胸部エックス線写真とに異常を認めない。
  • 確認すべきなのはどれか。3つ選べ。
  • a ペットの有無
  • b 石綿曝露歴
  • c 体重の変化
  • d 服薬の状況
  • e 食事の状況


[正答]


※国試ナビ4※ 111B049]←[国試_111]→[111B051

111E065」

  [★]

  • 次の文を読み、63~65の問いに答えよ。
  • 46歳の男性。心窩部から左前胸部にかけての痛みを主訴に来院した。
  • 現病歴:本日、午前9時、職場の会議中に心窩部から左前胸部にかけての締め付けられるような痛みが出現した。同時に咽頭部と左肩にも痛みを感じたという。そのまま安静にしていたところ、15分程度で改善したため様子をみていたが、午前9時30分、会議終了時に再び発作が生じた。これも15分程度で治まったが、症状が繰り返すため心配になって、仕事を早退して午前10時30分に来院した。
  • 既往歴:10年前から高血圧症と脂質異常症で内服治療中。
  • 生活歴:妻と2人暮らし。喫煙は40歳まで10本/日を20年間。飲酒は機会飲酒。
  • 家族歴:特記すべきことはない。
  • 現症:意識は清明。身長 162cm、体重 60kg。脈拍 60/分、整。血圧 140/80mmHgで左右差を認めない。呼吸数 16/分。SpO2 99%(room air)。心音と呼吸音とに異常を認めない。腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知しない。
  • 検査所見:尿所見:蛋白(-)、糖(-)。血液所見:赤血球 450万、Hb 13.3g/dL、Ht 40%、白血球 6,200(桿状核好中球 2%、分葉核好中球 58%、好酸球 3%、好塩基球 1%、単球 8%、リンパ球 28%)、血小板 18万、Dダイマー 0.6μg/mL(基準 1.0以下)。血液生化学所見:AST 32U/L、ALT 45U/L、LD 260U/L(基準 176~353)、CK 98U/L(基準 30~140)、尿素窒素 11mg/dL、クレアチニン 0.9mg/dL。心筋トロポニンT陰性。胸部エックス線写真(別冊No. 14A)と心電図(別冊No. 14B)とを別に示す。心エコーで前壁から心尖部にかけて軽度の収縮性低下を認める。



  • 今後、繰り返し検査して経時的に所見を確認すべきなのはどれか。2つ選べ。


[正答]


※国試ナビ4※ 111E064]←[国試_111]→[111E066



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡