国立病院機構名古屋医療センター

出典: meddic


ご注意下さい。最新の情報ではありません。
誤った情報がございましたらメールにてご連絡下さい。

病院名

  • 国立病院機構名古屋医療センター

url

理念

  • 病む人の立場に立って、安全でより質の高い医療を提供します。 1.病める人の尊厳と権利を守る医療の推進。 2.地域医療機関 との連携と役割分担。 3.高度医療の実践と救急医療の充実。 4.拠点病院としての役割の強化。 5.研修・教育・研究の推進。 6.安定した医療を提供する基盤の確立。

住所

  • 460-0001 名古屋市中区三の丸四丁目1番1号

診療の特徴、実績

  • 当院は、高度医療・臨床研究・教育研修を行う東海北陸地区の基幹病院であり、標榜診療科は30科、病床数804床、職員数約950名の高度総合医療施設です。政策医療として重点的に取り組んでいる医療分野は、血液・造血器疾患は全国を代表する高度専門施設、がん・免疫以上は基幹医療施設、循環器病・精神疾患・成育医療・内分泌・代謝性疾患・感覚器疾患・骨運動器疾患の6分野では専門医療施設として政策医療機能を実施している。その他に、厚生省エイズ治療東海ブロック拠点病院、広域災害拠点病院、第三次救命救急医療施設としての役割を果たしている。

電子カルテ

  • 有り

一日平均入院患者数

  • 620.3人

一日平均外来患者数

  • 1,312.0人

平均在院日数(一般/精神)

  • 16.3日/103.5日

年間分娩件数

  • 82件(平成21年1月-21年12月実績)

年間剖検件数

  • 15件(平成21年1月-21年12月実績)

年間臨床病理研究会(CPC)の実施状況

  • 回数/12回

当院の救急医療の特徴

  • 第三次救命救急医療施設として、毎月救急車400台以上、脳神経・循環器疾患を中心に積極的に受け入れている。心肺停止(CPA)患者の搬送が名古屋市内で一番多い施設で、重症患者さんが多数搬入される。

救急専用診療室の有無

  • 有り

救急医療を行う診療科

  • 全科

一日平均救急外来患者数

  • 20.1人(平成21年1月-平成21年12月実績・1日平均)

一日平均救急車搬送患者数

  • 11.2人(平成21年1月-平成21年12月実績・1日平均)

年間心肺停止状態搬送患者数

  • 24人(平成21年1月-平成21年12月実績)

当直回数(月平均)

  • 5回

当直手当

  • 有り

当直時の勤務体制(研修医以外の当直医数)

  • 8人

当直時の勤務体制(当直研修医数)

  • 4人

勤務体制

公的年金保険

  • 有り

国家・地方公務員災害補償法の適応

  • 有り

労働災害補償保険

  • 有り

医師賠償責任保険の扱い

  • 無し

個人加入

  • 無し

指導医から一言

  • 当院は第三次救命救急センターとして心筋梗塞,脳卒中,外傷をはじめとした救急疾患における地域の拠点であるとともに,がん,呼吸器疾患,消化器疾患,血液難病、内分泌・代謝疾患、リウマチ・膠原病、感覚器疾患などの専門施設でもあります。研修の場ではそれぞれの領域の専門医から最新の医療を学ぶことにより,豊富で,幅広い知識と経験を積むことが可能です。 若い力が活躍することは病院を活性化し,病院にとって大きな戦力ともなります。一方,いったん働きだせば研修医といえども患者さんや御家族からは一人前の医師としてみられ,厳しい医療現場の中で,研修医だからミスを犯しても良いということにはなりません。その意味で,研修医教育は指導医だけでなく,看護部,薬剤部をはじめ,検査・放射線部門,さらには医療安全や感染管理部門など病院全体で取り組む必要があります。その中で卒後教育研修センターは研修医教育の中心となるとともに『常に研修医のことを考えているチーム』として,病院との太いパイプ役になりたいと考えています。当院の研修は甘いものではありませんが,決して厳しいだけでなく若き日の良き思い出となるよう,また,将来,皆さん方がどのような道に進もうとも当院で研修を送った事が自信につながるようサポートしていければと思っています。

先輩研修医からの病院紹介と、この病院を選んだ理由

  • 当院は一学年に19名の研修医が在籍しており、助け合いながら日々の業務に励んでいます。月平均五回の当直も豊富な数の指導医によるサポートのおかげで乗り切ることができています。病院に余裕があるからこそ研修医への指導に手間と労力が掛けられるのだと思います。当院は名古屋の中心部に位置していますので研修に必要な書物の入手や他病院で開催される勉強会、ついでに飲み会の会場へのアクセスのよさは東海地区随一でしょう。そういった環境の中で、仕事の内容は勿論、オンとオフの時間の使い分けも多くの同期と共に学ぶことができ、医師のスタート地点として当院を選んだことは間違ってはいなかったと思っております。教科書に記載してあることはもちろん重要ですが、教科書どおりの疾患にはなかなかお目にかかれないことや、日本が超高齢社会に突入していることを、働き出してから痛感しています。医療は時代と共に進歩する必要があり、医療に携わる医師も同様に日々技術と知識の研鑽に努めなければなりません。新人でしか持ち得ない皆さん方の斬新な発想と力をぜひとも私たちに提供してください。毎日が挑戦の連続という意味では私たちも皆さんと同じ立場です。新人だからと言って決して尻込みする必要はありません。就職した日から臨床現場の第一線に立てるよう、私たちは後輩の皆さんを全力でサポートいたします!

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/02/26 00:51:46」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 症例4.類血管型悪性線維性組織球腫Angiomatoid malignant fibrous histiocytomaの1例(第48回 日本呼吸器内視鏡学会中部支部会)
  • 山田 有里紗,堀 和美,伊勢 裕子,村上 靖,中畑 征史,岡 さおり,坪井 理恵,小暮 啓人,北川 智余恵,沖 昌英,坂 英雄,水谷 優子,小笠原 智彦,吉岡 洋
  • 気管支学 : 日本気管支研究会雑誌 37(1), 128, 2015-01-25
  • NAID 110009922745
  • 臨床研究中核病院における臨床試験データの電子化への取り組み
  • 齋藤 俊樹,齋藤 明子,近藤 修平,永井 かおり,西岡 絵美子,堀部 敬三
  • レギュラトリーサイエンス学会誌 5(1), 61-71, 2015
  • 名古屋医療センターが主に支援してきた希少疾患領域の臨床試験は,市場が小さく臨床研究実施の資金供与を受けにくかった.電子化により品質を担保しつつ業務を効率化することを試みた.具体的にはコスト,即ち時間と資金がかかる症例報告書作成,問合せ業務,重複登録対応,安全性情報マネジメント,収集データの標準化,国際共同試験対応,検査値入力とモニタリングについて電子化を推進した.独自ウェブアプリケーション開発,安 …
  • NAID 130005069064

関連リンク

2016.06.16 平成29年度初期研修医、募集情報を掲載しました new 2016.06.13 やすらぎサロン7月勉強会のご案内 new 2016.06.09 最新の広報誌:NMC Researchを掲載しました new 2016.06.09 最新の広報誌:名古屋医療センターニュースを ...
所在地 〒460-0001 名古屋市中区三の丸四丁目1番1号 電話 052-951-1111 FAX 052-951-0664 地下鉄(名古屋駅から) 桜通線(久屋大通りで乗換え) 東山線(栄で乗換え) 名城線、市役所で下車1番出口 (徒歩1分) 市バス・名鉄 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事機構」「医療」「センター

機構」

  [★]

mechanismmachinery、(団体)organizationmechanistic
器質化機序組織組織化組成機作メカニズム仕組み機械類機構的マシナリー


医療」

  [★]

health caremedical care
健康管理診療保健医療ヘルスケア


センター」

  [★]

centercentre
中央中心中央に置く中枢




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡