回復室

出典: meddic

recovery room RR
cubiculum restitutionis
リカバリー室
ICU



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 回復室,病室で母子同室・母子同床する場合 (特集 カンガルーケアのヒヤリ・ハットにさようなら 分娩直後の早期皮膚接触(STS)ケーススタディ)
  • 秋葉 和敬
  • ペリネイタルケア 31(2), 153-156, 2012-02
  • NAID 40019211833
  • 「新生児治療回復室入院医療管理料」とNICU ・ GCUの看護師配置との関連について : 全国の実態調査から
  • 川谷 弘子,小越 明美,入江 暁子 [他]
  • 日本看護学会論文集. 看護管理 42(-) (-), 450-453, 2012
  • NAID 40019282143
  • 半覚醒状態の子どもが安心できるコミュニケーションスキル (特集 小児看護に必要なコミュニケーションスキル) -- (よく経験する場面でのコミュニケーションスキル)
  • 野口 京子,後藤 美津代
  • 小児看護 33(13), 1759-1764, 2010-12
  • NAID 40017363384

関連リンク

世界大百科事典 第2版 - 回復室の用語解説 - 手術直後の患者は麻酔からの覚醒が不十分であり,呼吸・循環状態が不安定であるため,一般病棟に戻る前に注意深い監視が必要な時期がある。手術室に併設され,術直後の患者を収容し ...
お子さんは、術後回復室に移動します。大抵の場合、外科医が術後訪問をして手術の結果をご報告します。ですから、手術が終了するくらいの時間に待合室にいて頂くとよいでしょう。スタッフが待合室でお迎えして、回復室までご ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。

添付文書

定時保守中です。 It is a scheduled maintenance now.


★リンクテーブル★
国試過去問106H013
リンク元RR
拡張検索麻酔後回復室
関連記事回復」「

106H013」

  [★]


[正答]


※国試ナビ4※ 106H012]←[国試_106]→[106H014

RR」

  [★]


麻酔後回復室」

  [★]

postanesthetic care unit, PACU


回復」

  [★]

recoveryrestorationresolutionreversalrestitutionameliorationrecoverrestorereturnregainameliorateresolverecuperate
解決回収回収率解像度寛解帰還逆転再建再建術修復反転復旧分解分解能分割分離戻る戻す返る返す消散復活取り戻す
DNA修復


室」

  [★]

ventricleventriculusventriculiventricular
心室心室性脳室




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1マーフィー徴候 18
2narrow segment 16
3" wounds are made"  15
4グレイ症候群 15
5"phenoxypolyethoxylethanol" 15
6ロイシンエンケファリン 13
7硝酸ミコナゾール 11
8Common Laboratory Equipment 11
9content 10
10だいすいたいしんけい 9
11粟粒結核と肉下種 9
12全身性ヒマン細胞小 9
13細胞内寄生菌 9
14kligler培地 原理 9
15不整脈  9
16角膜反射 中枢 9
17膜性骨化 8
18ソルデム 8
19ハプロ不全 疾患 8
20日本多毛 8

昨日の人気記事
 タイトル表示
1" wounds are made"  15
2kligler培地 原理 9
3kligler培地 硫化鉄 4
4ǸCαꥦ륹ΤǤ뤳ȤŦƤ֤Ƥ 4
5歳の女性。右目の疼痛、充血および霧視を主訴に来院した。眼底に異常を認めない。視力は右 0.9 (矯正不能)、左 1.2 (矯正不能)。眼圧は右 11 mmHg、左 12 mmHg。フルオレセイン染色後の前眼部写真 (別冊No. 5) を別に示す。 治療薬として適切なのはどれか。 4
6胃癌 borrmann分類 3
7回復過程 3
8ジェンドラシック法 メカニズム 3
9しょうすいたいしんけい 3
10ラリンゲルマスク ゼリー 3
11ハッセルバッハ三角 3
12白内障 grade 3
13フォンギールケ病 3
14マッコーネルサイン 3
15小児骨折 好発部位 3
16咽頭神経叢 3
17低アルドステロン症 3
18フロマン徴候 3
19オーグメンチン 販売中止 3
20クスマウル徴候 3