嚥下訓練

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • ゲル状嚥下訓練食開発の研究 種々の食品を添加したキサンタンガム水溶液ゲルの動的粘弾性 : 感覚測定値と機器測定値との関連づけ (特集 介護食(摂食・嚥下困難者用食品))
  • ゲル状嚥下訓練食の開発研究 キサンタンガム水溶液ゲルの特異な性質(4)過酷な条件で作製したキサンタンガム水溶液ゲルの粘弾性に与える温度、応力の速さおよび大きさの影響とテクスチャーの関係

関連リンク

食物を使わない嚥下訓練. 別名を間接的訓練といいます。間接的訓練の利点は、なんと いっても誤嚥による危険性がほとんどないことです。 空嚥下, 口・舌の運動, pushing( 押し)訓練. 嚥下パターン訓練, 首周囲の関節可動域訓練, メンデルソーン手技. 寒冷/ 温熱 ...
女医さんのイラスト 嚥下障害のリハビリテーションには基礎訓練と、摂食訓練(リンク1 参照)があります。 基礎訓練は食物を用いない訓練です。全身状態が悪いときや、摂食 訓練の前などに行います。摂食訓練は、食物を用いて実際に食べる訓練です。

関連画像

図2 間接(基礎)訓練の実際食事の自力摂取を目標に  舌 訓練 嚥下 訓練言語障害 摂食 嚥下 障害


★リンクテーブル★
国試過去問096F024」「108G020」「101H047」「097G118」「096G117
関連記事嚥下」「訓練

096F024」

  [★]

  • 38歳の男性。3日前から発熱と咽頭痛とを自覚していた。夕刻から嚥下痛が増悪し、摂食困難となり、呼吸困難も出現したため、救急車で来院した。体温39.1℃。脈拍100/分、整。血圧154/92mmHg。胸腹部に異常を認めないが、喘鳴があり起坐呼吸の状態である。頚部に腫瘤は触知しない。喉頭ファイバースコープ写真を以下に示す。この患者への最も適切な対応はどれか。


[正答]
※国試ナビ4※ 096F023]←[国試_096]→[096F025

108G020」

  [★]

  • 在宅人工呼吸器管理中の筋萎縮性側索硬化症ALS〉患者の在宅支援チームによる活動のなかで、医師の指示が必要なのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 108G019]←[国試_108]→[108G021

101H047」

  [★]

  • 出生直後の新生児。妊娠35週、帝王切開で出生した。胎児エコーで軽度の脳室拡大と腰仙部の腫瘤とを認めていた。患部の写真を以下に示す。
  • この児で将来最も必要となるのはどれか。


[正答]
※国試ナビ4※ 101H046]←[国試_101]→[101H048

097G118」

  [★]

  • 最も適切な組合せはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 097G117]←[国試_097]→[097G119

096G117」

  [★]

  • 喉頭全摘出術後のリハビリテーションで最も有用なのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 096G116]←[国試_096]→[096G118

嚥下」

  [★]

swallowing, deglution (SP)
deglutitio
飲み込み
嚥下反射


  • 嚥下の第1相は随意的
  • 嚥下の第2,3相は多シナプス反射により起こる。
  • 多シナプス反射
  • 嚥下の中枢は延髄

嚥下の相 (also see SP.719)

  • 1. 口腔相(第1期) 随意的
  • 2. 咽頭相(第2期) 反射
  • 食塊→咽頭壁、軟口蓋刺激→延髄嚥下中枢による反射
  • 咽頭相中、呼吸停止(嚥下性無呼吸)
開口部  閉鎖する構造 
鼻腔   舌      
口腔   軟口蓋    
気道   喉頭蓋    
咽頭   -
  • 3. 食道相(第3期) 反射

食道括約筋 (also see SP.720)

  • 下部食道2/3を占める平滑筋
  • LESは収縮し、胃からの逆流を防ぐ
  • 迷走神経支配(背側運動核、アセチルコリン作動性)
Auerbach神経叢の節後ニューロン(アセチルコリン作動性(興奮性)、NO,VIP作動性(抑制性))

臨床関連

  • 腹圧↑→胃が胸腔内に嵌入→
  • 食道下部のAuerbach神経叢細胞の消失および変性→食道下部の蠕動(-)、LESの反射性弛緩(-)→口側食道の拡張→嚥下障害、無胆汁性嘔吐、逆流性食道炎


訓練」

  [★]

トレーニング




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡