哺乳類

出典: meddic

mammalmammalian
哺乳動物

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/01/02 13:37:47」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

和文文献

  • Structure-Based Drug Screening手法を用いた<i>Staphylococcus</i>属細菌に対する新規抗菌薬同定の試み
  • 小林 舞子,金城 知広,小関 祐司,山田 淳美,アリィヴァロ 志穂,青木 俊介
  • 情報処理学会研究報告. BIO, バイオ情報学 2012-BIO-30(11), 1-2, 2012-08-02
  • … またそれら化合物は腸内モデル細菌や培養哺乳類細胞に対し有意な毒性を持っていないことも確かめる事が出来た。 …
  • NAID 110009432499
  • <i>in silico</i> Structure-Based Drug Screening手法を用いた<i>Mycobacterium</i>に対する新規抗菌作用化合物の同定
  • 金城 知広,小関 祐司,山田 淳美,出水園優也 ,アリィヴァロ 志穂,小林 舞子,青木 俊介
  • 情報処理学会研究報告. BIO, バイオ情報学 2012-BIO-30(9), 1-2, 2012-08-02
  • … in silico structure-based drug screening手法を用いて結核菌enoyl-acyl carrier protein reductaseに対する新規抗菌剤の同定を行った.その結果,モデル細菌Mycobacterium smegmatisに対して安定的な抗菌作用を示し,かつ腸内モデル細菌と哺乳類モデル細胞に対して有意な毒性がない2化合物が同定された. …
  • NAID 110009432497

関連リンク

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
先読みmammalian
リンク元アミノエチルスルホン酸」「mammal」「哺乳動物
拡張検索哺乳類ホモログ」「哺乳類相同分子」「哺乳類細胞」「哺乳類ラパマイシン標的タンパク質」「非哺乳類
関連記事哺乳

mammalian」

  [★]

  • 哺乳類の
mammal

WordNet   license wordnet

「of or relating to the class Mammalia」


アミノエチルスルホン酸」

  [★]

aminoethylsulfonic acid
2-アミノエタンスルホン酸 2-aminoethane sulfonic acid、タウリン taurine
[[]]


Template:Infobox 有機化合物

概念

  • タウリン(Taurine)は生体内で重要な働きを示す含硫アミンの一種
  • H2N-CH2-CH2-SO3H
  • 分子量125.15
  • タウリンはヒトの体内などで胆汁の主要な成分である胆汁酸と結合(抱合)し、タウロコール酸などの形で存在する。消化作用を助けるほか、神経伝達物質としても作用する。白血球の一種である好中球が殺菌の際に放出する活性酸素過酸化水素の放出(呼吸バースト)を抑える作用もある。哺乳類においては肝臓筋肉などに分布する。とりわけ軟体動物、特にタコイカはタウリンを多く含む。するめの表面に出る白い粉にはタウリンが凝縮されている。
  • ネコはタウリンを合成する酵素を持っていないため、ネコにとっての重要な栄養素といえる。このためキャットフードにはタウリンの含有量を明記したものが多い。ネコではタウリンの欠乏により拡張型心筋症が生じる。ただし、ヒト、トリネズミなどは体内で合成できる。ヒトの生体内ではアミノ酸のシステインから合成される。
  • 有機合成化学ではシスタミンの酸化、システアミンの酸化のほか、ブロモエタンスルホン酸とアンモニアなどから誘導される。構造式は、NH2CH2CH2SO2OH。分子量125.15。IUPAC名は2-アミノエタンスルホン酸。無色の結晶であり、約300℃で分解する。水溶性だが有機溶媒には溶けない。CAS登録番号は107-35-7。

タウリンの代謝

タウリンはカルボキシル基を持たないので、アミノ酸ではない。また、タンパク質の構成成分になることもない。したがって、ネコにおいてはタウリンは必須アミノ酸ではなく、ビタミンの一種である。しかし、アミノ基を持つであることもあって、古くからアミノ酸として混同されている。合成経路においてはまず、タンパク質の構成成分にもなる含硫アミノ酸であるシステインからシステイン・ジオキゲナーゼによりシステイン酸が合成される。タウリンはシステインスルフィン酸デカルボキシラーゼ(スルフィノアラニン・デカルボキシラーゼ)によりこのシステイン酸から合成される。ヒトはこの合成経路の両酵素をもつため、タンパク質を摂取していれば、タウリンの形での積極的摂取は不要である。胆汁酸と縮合したタウロコール酸はコリル・コエンザイムAとタウリンから合成される。タウリンは尿中に一日約200mgが排泄される。


mammal」

  [★]

哺乳類哺乳動物

mammalian

WordNet   license wordnet

「any warm-blooded vertebrate having the skin more or less covered with hair; young are born alive except for the small subclass of monotremes and nourished with milk」
mammalian

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「哺(ほ)乳動物」


哺乳動物」

  [★]

mammal
哺乳類


哺乳類ホモログ」

  [★]

mammalian homolog
哺乳動物相同遺伝子哺乳類相同分子哺乳類相同遺伝子


哺乳類相同分子」

  [★]

mammalian homolog
哺乳動物相同遺伝子哺乳類ホモログ哺乳類相同遺伝子


哺乳類細胞」

  [★]

mammalian cell
哺乳動物細胞


哺乳類ラパマイシン標的タンパク質」

  [★]

mammalian target of rapamycinmTOR


非哺乳類」

  [★]

nonmammalnonmammalian


哺乳」

  [★]

suckling, feeding
摂食乳児吸乳

形式

  • 反射的哺乳
  • 自発的哺乳/随意的哺乳:生後3ヶ月には自発的哺乳に移行

哺乳量

参考1
  • 前期新生児期:0-50 ml
  • 後期新生児期:110-150 ml
  • 乳児期:160-220 ml

哺乳時間と哺乳回数

  • 1日10-15分は正常
  • 出生後3ヶ月で6回/日(4時間毎)

参考

  • 1.
[display]http://www.den.hokudai.ac.jp/gakuko/cleft32.html




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡