和蘭全躯内外分合図

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 和蘭全躯内外分合図と越俎弄筆

関連リンク

本書完成から90年を経た明和9年(1772)に、その写本が周防(山口県)の医師、鈴木 宗云の手によって刊行された。この刊本は「和蘭全躯内外分合図」、「験号」と各々 題する2冊からなる。前者が図によって構成された本体であり、それがここに展示されて いる。
しかし良意の『和蘭全躯内外分合図』は出版されず稿本のままでした。良意の下に訪れ た遊学の医師が稿本の写しを持ち帰り、それを1772年(明和9年)に周防の医者鈴木宗 云が校正し出版しました。 良意は出島に派遣された商館医から教えを仰ぎ、原書は ...

関連画像

e4物類品隲」平賀源内杏蔭斎正骨術の整骨免許皆伝状これは日本で最初の人体解剖図


★リンクテーブル★
関連記事」「合図

図」

  [★]

figureplateplotdiagramdrawingfig
シャーレ図示板状プレートプロット図表蒔くイチジク


合図」

  [★]

cuecue
手がかりキュー




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡