和剤局方

出典: meddic

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/06/25 08:17:02」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 漢方のたからもの(26)『和剤局方(わざいきょくほう)』と『局方発揮(きょくほうはっき)』
  • 小曽戸 洋
  • 漢方と診療 = Kampo practice journal 4(3), 206-207, 2013-10
  • NAID 40019834449
  • 和剤局方』と李東垣方における調製法の検討

関連リンク

『和剤局方』(わざいきょくほう、?音: Heji Juf?ng )は、大観年間(1107年 - 1110 年)に国家機関の関与のもと中国にて発行された医薬品の処方集の名称。 その後の増補 版である1151年発行の『太平恵民和剤局方』(たいへいけいみんわざいきょくほう、 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
リンク元中国医学
関連記事局方

中国医学」

  [★]

  • 三大古典の成立 前漢(前202-後8)~後漢(後25-後220)
黄帝内経:「素問」と「霊枢」からなる。陰陽五行説を基盤とする。基礎医学。臨床医学。現存最古の中国医学古典
神農本草経:生薬の薬効について記載された薬物学書で、365種類の動・植・鉱物薬が薬効別に、上薬・中薬・下薬に分類して収録。薬物学書
傷寒雑病論:張仲景によって記された。傷寒論と金匱要略に分けられた。
傷寒論:急性熱性病の治療について六病位に分けて記したもの
金匱要略:種々の慢性疾患について病名別に治療法を記したもの
  • 隋・唐
  • 和剤局方
  • 金・元
  • 金元四大家により陰陽五行説を中心とした古典の整理がなされた
  • 明・清


局方」

  [★]

PharmacopeiaPharmacopoeia
薬局方



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡