呼気吹き込み法

出典: meddic


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • Peter Safar 先生の思い出
  • 1029 呼気吹き込み法指導における、気道確保の違いによる有効性の比較について : 頭部後屈法・下顎挙上法の比較
  • 長谷川 勝俊
  • 日本体育学会大会号 (34), 730, 1983-08-18
  • NAID 110001922994

関連リンク

人工呼吸としては、呼気吹き込み人工呼吸(口対口人工呼吸法)が一般的に行われます。これは図10aに示すように、救助者は傷病者の頭部側方にひざまずき、頭部後屈あご先挙上法で気道を確保した後、前額部に当てている手の親指 ...
・最初の1回は静かにそっと息を吹き込み、肺の膨らむ様子を見る。 ・呼気がスムーズに入らない場合はもう一度気道確保後、異物除去を行う。

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。

添付文書

定時保守中です。 It is a scheduled maintenance now.


★リンクテーブル★
関連記事」「呼気

法」

  [★]

methodlaw
測定法測定方法訴訟方法法律学手法方式法律


呼気」

  [★]

expiration (K), expired air
吸気 inspiration





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡