味覚消失症

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 肝治療解毒剤チオプロニンによると思われる味覚消失症の1例
  • 大山 治 [他]
  • 日本口腔科学会雑誌 32(2), p415-418, 1983-04
  • NAID 40002906638

関連リンク

自己の体験を通じて、味覚障害でお悩みの方の治療を十数年行ってきました。味覚減退・味覚消失・自発性味覚異常・悪味症・解離性味覚障害・嗅覚障害の相談を受けております。体験者の貴重なご報告は、悩める方の大きな希望に ...
味覚障害の専門医である池田稔先生に、味覚障害の基礎知識や最新の治療方法についてお話を伺いました。 ... 味覚低下 何を食べても味が薄いと感じる。 味覚消失・脱失 何を食べても全く味がしない。 自発性異常味覚 口の中に何も ...

関連画像

味覚障害に陥る原因は 三、酮症、酮症酸中毒导致糖尿 舌痛症と委縮性カンジダ症の 掌蹠膿胞、顔面アレルギー発疹


★リンクテーブル★
関連記事味覚」「消失」「」「味覚消失

味覚」

  [★]

gustatory sensation (SP), gustation, degustation, taste sense, sensation of taste


器官

解剖

神経支配

味蕾 顔面神経 舌咽神経 迷走神経 顔面神経 部位 特異性
  鼓索神経 舌枝 上喉頭神経 大錐体神経    
茸状乳頭       の前2/3 味覚・酸味
葉状乳頭     の前2/3で外側端  
有郭乳頭       の後1/3 苦味
咽頭喉頭部          
口蓋         

味覚の伝導路

  • 同側を伝導していく

 0. 味細胞  1. 味神経 (1次ニューロン)  2. 延髄孤束核(NTS) (2次ニューロン)  3. 中心被蓋路(TTC)  4. 視床腹側後内側核小細胞部(VPMpc) (3次ニューロン)  5. 大脳皮質第一次味覚野    頭頂弁蓋部と島の境界部ならびに中心溝下端付近  6. 高次味覚野    眼窩前頭皮質など


消失」

  [★]

disappearanceeliminationablationdisappearregress
消える消滅、除去、切除切断退行脱離排出、排除、アブレーション焼灼焼灼術

症」

  [★]

sis, pathy
  • 検査や徴候に加えて症状が出ている状態

味覚消失」

  [★]

loss of tasteageusia
味覚脱失無味覚症




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡