吸角療法

出典: meddic

cupping therapy, cupping glass treatment
吸玉療法


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 刺激療法に関する考述 : 吸角療法の全身反応効果(鍼灸基礎)
  • 坂本 秀治
  • 関西鍼灸短期大学年報 5, 115-118, 1990-04-01
  • NAID 110001072255

関連リンク

刺絡は経絡治療の補助療法・救急法の一つとして用いられるもので、打撲、捻挫、肩こり、口内炎など様々な症状に効果があります。 主として三稜針を用い、愁訴部の血絡や井穴などを1、2ミリ切り、数滴から数CC採血する療法ですが ...
吸角療法 背中にカップを当て吸圧(真空状態に)します。その後カップを外すと血行が回復し、今まで以上の血流をもたらし、筋肉内に溜まった乳酸や二酸化炭素を早期に除去できます。血液をきれいにしたり、血行を良くする効果が ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事」「療法

法」

  [★]

methodlaw
測定法測定方法訴訟方法法律学手法方式法律


療法」

  [★]

therapyregimencureremedytherapeutic





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡