吸引生検法

出典: meddic

aspiration biopsy
穿刺吸引細胞診


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • PS-033-5 超音波ガイド下経気管支吸引生検法EBUS-TBNAによる縦隔リンパ節のEGFR遺伝子変異解析(PS-033 肺 診断-1,ポスターセッション,第114回日本外科学会定期学術集会)
  • 胃粘膜下腫瘍の病理組織診断における粘膜切開生検法の有用性について
  • 超音波内視鏡下穿刺吸引生検法(EUS-FNA)~さらなる診断能向上を目指して~

関連リンク

穿刺吸引細胞診は細胞診の一種です。穿刺吸引細胞診では、病変部に直接細い針を刺して、注射器で吸い出した細胞を顕微鏡で観察します(図2)。多くの場合は局所麻酔なしに行われ、超音波で病変を確認しながら針を刺します。
Fig. 3. 症例1の吸引細胞像(×200) 著明な重畳性を認める 轟 蝋鑓. Fig. 5. 響旧識 盛著% 醤 ヨ勢暴騰 症例2のリンパ管造影およひ欝欝腸骨 リンパ節穿刺像 Flg.4.症例1の摘出外腸骨リンパ節組織像(×100) ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
先読み穿刺吸引細胞診」「aspiration biopsy
拡張検索経直腸式吸引生検法
関連記事生検」「」「吸引生検」「吸引

穿刺吸引細胞診」

  [★]

aspiration biopsy cytology ABCfine-needle aspiration biopsy FNA
剥離細胞診




aspiration biopsy」

  [★]

needle biopsy


経直腸式吸引生検法」

  [★]

transrectal aspiration biopsy
前立腺生検法


生検」

  [★]

biopsy
バイオプシー診査切除術 exploratory excision試験切除術


  • 管腔臓器に対しては内視鏡を用いて鉗子で病変を採取
  • 体内臓器を穿刺する。肝、腎、前立腺

施行

条件付き

  • リンパ節腫脹:感染によるリンパ節腫脹は自然消退しうるので一ヶ月以上経過観察してから。

禁忌

  • 悪性黒色腫:転移しやすいため
  • 精巣腫瘍:血行転移のおそれ   →  ゆえに精巣腫瘍を否定できない陰嚢腫脹に対しては診断を兼ねた高位精巣摘除が標準的治療


法」

  [★]

methodlaw
測定法測定方法訴訟方法法律学手法方式法律


吸引生検」

  [★]

aspiration biopsy
針生検吸引細胞診


吸引」

  [★]

suction, vacuum, aspiration, inhalation




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1マーフィー徴候 18
2narrow segment 16
3" wounds are made"  15
4グレイ症候群 15
5"phenoxypolyethoxylethanol" 15
6ロイシンエンケファリン 13
7硝酸ミコナゾール 11
8Common Laboratory Equipment 11
9content 10
10だいすいたいしんけい 9
11粟粒結核と肉下種 9
12全身性ヒマン細胞小 9
13細胞内寄生菌 9
14kligler培地 原理 9
15不整脈  9
16角膜反射 中枢 9
17膜性骨化 8
18ソルデム 8
19ハプロ不全 疾患 8
20日本多毛 8

昨日の人気記事
 タイトル表示
1" wounds are made"  15
2kligler培地 原理 9
3kligler培地 硫化鉄 4
4ǸCαꥦ륹ΤǤ뤳ȤŦƤ֤Ƥ 4
5歳の女性。右目の疼痛、充血および霧視を主訴に来院した。眼底に異常を認めない。視力は右 0.9 (矯正不能)、左 1.2 (矯正不能)。眼圧は右 11 mmHg、左 12 mmHg。フルオレセイン染色後の前眼部写真 (別冊No. 5) を別に示す。 治療薬として適切なのはどれか。 4
6胃癌 borrmann分類 3
7回復過程 3
8ジェンドラシック法 メカニズム 3
9しょうすいたいしんけい 3
10ラリンゲルマスク ゼリー 3
11ハッセルバッハ三角 3
12白内障 grade 3
13フォンギールケ病 3
14マッコーネルサイン 3
15小児骨折 好発部位 3
16咽頭神経叢 3
17低アルドステロン症 3
18フロマン徴候 3
19オーグメンチン 販売中止 3
20クスマウル徴候 3