吸引ドレナージ

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 脊椎手術におけるドレナージチューブの無作為化臨床試験による比較検討 (日本脊椎脊髄病学会 英文原著号)
  • 難波 孝徳,上野 正喜,斎藤 亘 [他]
  • Journal of spine research : official journal of the Japanese Society for Spine Surgery and Related Research 5(2), 166-171, 2014-02
  • NAID 40019996998
  • 膵切離,膵消化管吻合と低圧持続吸引ドレナージ (特集 私たちはこう工夫している 膵切離・膵管再建,ドレナージ・合併症の管理)
  • 牧野 勇,北川 裕久,田島 秀浩 [他]
  • 手術 = Operation 68(2), 137-142, 2014-02
  • NAID 40019971957

関連リンク

・持続吸引ドレナージ 吸引装置を接続して、持続的に陰圧をかけて排液するドレナージです。 ・吸引留置カテーテル 持続的に吸引するために胃内などに留置するカテーテル(管)です。 [ Index ] [ Home ] ...
胸腔ドレナージの目的 肺からの空気漏れ(エアリーク)があれば速やかに体外に排泄させなければなりません。肺の拡張と再虚脱防止のためには、胸腔内を常に陰圧に保つ持続吸引が必要です。さらに出血や胸水などの液体成分の対外 ...

関連画像

胃ドレナージセットHYシリーズ 胸腔ドレーンの看護(挿入介助 主治医からは、「日常生活には 胸腔ドレーンの看護(挿入介助


★リンクテーブル★
関連記事ドレナージ」「吸引

ドレナージ」

  [★]

drainage
誘導法排液法排膿法



吸引」

  [★]

suction, vacuum, aspiration, inhalation




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡