吸収上皮

出典: meddic

[[]]
[[]]


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/09/05 15:53:37」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

和文文献

  • 消化・吸収機能からのアプローチ
  • 穂苅 量太,三浦 総一郎
  • 日本内科学会雑誌 100(1), 126-132, 2011-01-10
  • … 小腸腸管粘膜は吸収機能のみならず,バリアー機能と情報伝達機能を有している.情報伝達機構は吸収上皮細胞の受容体に加え,enteroendocrine細胞の受容体を介して個々の栄養素を認識して個別に制御されている.受容体は核内受容体のほか,膜貫通型G蛋白質結合受容体の存在も知られ,脂質や糖質がリガンドとなる.これらの異常がメタボリック症候群などの病態に関与する可能性も示唆されている. …
  • NAID 10029095786
  • 新生児期・乳飲期・離乳期における腸の吸収機構
  • 藤田 守,馬場 良子,熊谷 奈々
  • 顕微鏡 = Microscopy 45(4), 229-236, 2010-12-30
  • NAID 10031144708
  • 【幹細胞を用いた消化器再生医療の展望】 消化管の再生を支える幹細胞システムはどのようになっているか
  • 藤谷 幹浩,奈田 利恵,高後 裕
  • 分子消化器病 6(4), 324-331, 2009-12
  • … 雑誌掲載版腸管幹細胞は、すべての腸管上皮細胞、すなわち吸収上皮細胞と3つの分泌型上皮(杯細胞、腸管内分泌細胞、パネート細胞)に分化する多能性と自己複製能を有する細胞であり、その存在部位については2つの候補が同定されている。 …
  • NAID 120004442098

関連リンク

小腸の絨毛にある細胞は円柱 上皮です。二種類あり、粘液を産生する杯細胞と表面に微 絨毛(小皮縁)を持つ吸収上皮です。突起の先端は吸収上 皮が多く粘液細胞はあまり見られません。また小腸の腸陰 窩にはパネート細胞 ...
... 、そして小腸の分泌する腸液に含まれる消化酵素によって、食物の消化が進み、粘膜の上皮から吸収 できるような形にまで、化学的に分解されるのです。 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事上皮」「吸収

上皮」

  [★]

epithelium, (pl.)epithelia
上皮組織消化器系#上皮の移行呼吸器の上皮の移行


上皮の分類


吸収」

  [★]

absorption


  • 水分は小腸で80-90%、大腸で10-20%吸収される (YN.A-12)





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡