名古屋第一赤十字病院

出典: meddic


ご注意下さい。最新の情報ではありません。
誤った情報がございましたらメールにてご連絡下さい。

病院名

  • 名古屋第一赤十字病院

url

理念

  • 皆さまとの出会いを一期のことと心得、その痛みを分かちあい、苦しみを共にしつつ、一日も早く健康の幸せを喜びあえるよう努めます。

住所

  • 〒453-8511 名古屋市中村区道下町3-35

診療の特徴、実績

  • 名古屋市北西部に位置し地域医療支援病院としてこの地域の基幹病院となっている。救命救急センター、小児医療センター、総合周産期母子医療センター、造血細胞移植センターを運営するとともに、神経疾患、循環器疾患、消化器疾患、呼吸器疾患などの診療においても、内科・外科を問わず専門家の壁を越えた医療を実践している。内科系、外科系とも症例数が多く、研修医が思い切り腕を振るうことが出来るアクティブな研修環境は当院の伝統となっている。職員は職種の枠をこえ、皆仲が良く気さくで、これからの医療のキーワードであるチーム医療を学び、実践する上で最良の病院である。また、日本赤十字社の使命である災害救護、海外救援については共に幾多の実績を有し、定期的に行われる訓練には研修医も積極的に参加させている。

電子カルテ

  • 有り

一日平均入院患者数

  • 707.0人

一日平均外来患者数

  • 1,453.0人

平均在院日数(一般/精神)

  • 13.1日/0.0日

年間分娩件数

  • 1249件(平成21年1月-21年12月実績)

年間剖検件数

  • 39件(平成21年1月-21年12月実績)

年間臨床病理研究会(CPC)の実施状況

  • 回数/24回

当院の救急医療の特徴

  • 平成15年5月1日をもって愛知県で9番目の救命救急センターに指定され、愛知県西部の中核的病院として救急医療の指名を担っている。現在救急車搬送患者数が名古屋市内で上位に上る。脳神経外科、心臓血管外科の医師による連携や産婦人科・小児科・循環器内科の医師が当直に当たる等、多岐にわたって救急対応が出来る体制が整備されている。また、救急部ローテーション研修を取り入れ、臨床研修医の指導にも力を注いで高度医療を行っている。

救急専用診療室の有無

  • 有り

救急医療を行う診療科

  • 神経内科/循環器内科/消化器内科/心臓血管外科/小児科/産科/婦人科/麻酔科/救急部/外科/脳神経外科/整形外科/形成外科

一日平均救急外来患者数

  • 72.3人(平成21年1月-平成21年12月実績・1日平均)

一日平均救急車搬送患者数

  • 16.3人(平成21年1月-平成21年12月実績・1日平均)

年間心肺停止状態搬送患者数

  • 358人(平成21年1月-平成21年12月実績)

当直回数(月平均)

  • 4回

当直手当

  • 有り

当直時の勤務体制(研修医以外の当直医数)

  • 10人

当直時の勤務体制(当直研修医数)

  • 4人

勤務体制

公的年金保険

  • 有り

国家・地方公務員災害補償法の適応

  • 有り

労働災害補償保険

  • 無し

医師賠償責任保険の扱い

  • 有り

個人加入

  • 有り

指導医から一言

  • 当院は赤十字病院として、また名古屋市西部の基幹病院として救命・救急、災害医療、周産期医療、がん診療を中心に医療を行っています。幅広く様々な疾患に出会え、頻度の高い疾患から特殊でまれな疾患まで経験できるのは当院での研修の特徴の一つです。初期研修は救急医療・総合診療に重点がおかれますが、ローテーションする各科では実力派の経験豊かな専門医があなたたちを待っています。ここで皆さんはチーム医療の一翼を担いつつ、経験を積んで進路を選択することになります。2009年1月に新病棟が完成し、電子カルテが導入され高度医療を行う体制の整った私達の病院で研修しませんか?

先輩研修医からの病院紹介と、この病院を選んだ理由

  •  名古屋第一赤十字病院での臨床研修の魅力の1つは、充実した専門各科と豊富な症例数です。初期研修で経験すべき から専門性の高い稀な疾患まで、上級医の指導の下、幅広く経験することができます。指導医の先生方はみな、私たちの熱意に応えて下さり、研修医はやる気次第で何人でも患者を担当することができます。 病院全体としても、総合診療科が中心となり研修医教育に力を入れています。毎朝、研修医向けの勉強会があり、日々の研修や救急外来での疑問点、問題症例などを各科の先生方と検討します。その他にも研修医を対象としたレクチャーやCPCが週1回行われています。 また、当院は三次救急施設であり、救命救急センターでの研修も魅力の1つです。夜間は1年目が外来患者、2年目が救急車対応をする体制をとっています。毎晩、軽症から重症まで数多くの症例に直面し、臨床に必要な初期対応を身につけるには貴重な機会となっています。 当院は研修医のやる気に応えてくれる病院です。みなさんと働ける日を楽しみにしています!

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/11/02 02:16:42」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

和文文献

関連リンク

名古屋第一赤十字病院は70年余の歴史と伝統を受け継ぎ、高度急性期病院としての総ての機能を備え、地域医療支援病院、救命救急センター、総合周産期母子医療センター、地域がん診療連携拠点病院、及び地域中核災害医療センター ...
名古屋第一赤十字病院は70年余の歴史と伝統を受け継ぎ、高度急性期病院としての総ての機能を備え、地域医療支援病院、救命救急センター、総合周産期母子医療センター、地域がん診療連携拠点病院、及び地域中核災害医療センター ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。

添付文書

定時保守中です。 It is a scheduled maintenance now.


★リンクテーブル★
関連記事第一

第一」

  [★]

primarily
一次的主要本来




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡