吉益東洞

出典: meddic

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/05/24 20:05:52」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

和文文献

  • 第18回吉益東洞顕彰会
  • エフェドリンの歴史 : 歴史遺産と現代社会への影響

関連リンク

吉益東洞(1702~1773)、安芸の国(広島)出身で名は為則、、はじめ東庵といい、のちに東洞と改めた。代々、刀傷及び産科専門の医者であり、先祖は遣唐使に随行し唐に渡り医学を学んでいる。吉益東洞は古今の医学書を隅々まで ...
美術人名辞典 - 吉益東洞の用語解説 - 江戸中後期の医者。広島生。名は為則、字は公言、通称は周助、初号を東庵。京都に出て開業、古医方を唱えたが認められず貧窮に苦しむが、山脇東洋の知遇を得て世に認められ、名医として名を ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。

添付文書

定時保守中です。 It is a scheduled maintenance now.


★リンクテーブル★
関連記事

洞」

  [★]

sinusantrumantraantral
幽門洞洞性




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡