吉田肉腫

出典: meddic

Yoshida sarcoma


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 吉田富三--吉田肉腫 (世界に誇る日本の医学研究者)
  • フォーラム 吉田富三生誕100周年,吉田富三没後30周年,吉田肉腫発見60周年--過渡期の指導原理と新時代の形成力を求めて
  • 吉田肉腫と腹水肝がん--細胞生物学から見た吉田富三先生の業績 (特別企画 吉田富三先生生誕100年記念会) -- (吉田先生とがん研究の流れ)

関連リンク

吉田肉腫の発見 昭和18年(1943年)6月 長崎大学で、吉田肉腫が発見されました。肝発がん実験中のシロネズミ(ラット)のお腹が大きくなり開いてみると白い液体がたまっていた。顕微鏡で見てみるとがん細胞が一杯だった ...
富三はその後、長崎医科大学に赴任(昭和13年)、第二次世界大戦という困難な時代の中、地道に研究を続けていった。そうして昭和18年6月、富三は、発がん実験中のラットの腹水中に、浮遊するがん細胞「吉田肉腫」を発見すること ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事肉腫」「

肉腫」

  [★]

sarcoma
癌腫 carcinoma悪性非上皮性腫瘍


特徴 癌腫
carcinoma
肉腫
sarcoma
由来 上皮 間葉系組織
良悪性 悪性 悪性
発生頻度 比較的多い
転移形式 多くがリンパ行性 多くが血行性
in situ時期
上皮内癌
粘膜内癌
有り 無し
年齢 老人・中年(50歳以上) 若年・壮年(50歳以下)


腫」

  [★]

がん腫瘍腫瘤良性新生物




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡