合成ポリリボヌクレオチド

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • ウイルスの2本鎖 RNA と合成ポリリボヌクレオチド間の抗原性差異
  • ウイルスの2本鎖RNAと合成ポリリボヌクレオチド間の抗原性差異

関連リンク

リボヌクレオチド(Ribonucleotide)またはリボチド(Ribotide)は、ペントース成分としてD-リボースを含むヌクレオチドである。核酸の前駆体であると考えられている。ヌクレオチドは、DNAやRNAを構築する基礎的なブロックである。
プリンヌクレオチドと異なり,ピリミジンヌクレオチドのde novo合成は先にピリミジン環を完成させてからリボース-5-リン酸部分(PRPP)を結合させる方法をとる。ピリミジン骨格は,左の図のように,Gln ,AspおよびCO 2 からつくられる。

関連画像

公開公報: リン酸またはポリ ①-3.複数のタンパク質から DNAからmRNAへ転写される反応の 図1.リボヌクレオチド三リン酸


★リンクテーブル★
関連記事合成」「ポリリボヌクレオチド」「ヌクレオ

合成」

  [★]

synthesissynthesesconstructionelaborationsynthesizesynthetic
建設構成合成的作成生成同化同化作用総合的



ポリリボヌクレオチド」

  [★]

polyribonucleotide
・リリボ核酸


ヌクレオ」

  [★]

nucleo




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡