司法解剖

出典: meddic

judicial autopsy
行政解剖解剖



Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2012/08/07 18:13:59」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

和文文献

  • 局在性脳損傷とびまん性軸索損傷の併発の可能性について
  • 張 月琳,青村 茂,中楯 浩康,藤原 敏
  • 日本保健科学学会誌 13(3), 112-121, 2010-12-25
  • 司法解剖例をコンピュータシミュレーションにより再現した結果,局在性脳損傷が死因と判断された場合でもDAIが併発している可能性が高いことを示した。 …
  • NAID 110008144080
  • 病理解剖と司法解剖 (特集 魅力ある周産期研修のために--産科編)
  • 石渡 勇,石川 隆紀,関沢 明彦
  • 周産期医学 40(11), 1654-1661, 2010-11
  • NAID 40017400676

関連リンク

司法解剖. 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』. 移動: 案内、 検索. 司法 解剖(しほうかいぼう、英: internal examination, judicial autopsy)は、犯罪性のある 死体またはその疑いのある死体の死因などを究明するために行われる解剖。 目次 ...
2010年11月24日 ... 現代における「普通の死」とは、老衰、または、病気になって診療をうけ、診断されている その病気で死亡することと考えられています。 こうした死の場合、事前に医師が診療等 に関わっており、死因・身元もはっき.../「法、納得!どっとこむ」は、 ...

関連画像

sg5-28-1.jpgPINK好きなイケメンのブログ司法解剖イラスト司法解剖車司法解剖司法解剖時の状況


★リンクテーブル★
先読み行政解剖
国試過去問108B052」「103G044」「102E041」「105H025」「102E034
リンク元医師が関与する法律」「死体解剖
関連記事解剖

行政解剖」

  [★]

administrative autopsy
解剖#解剖の種類



108B052」

  [★]

  • 次の文を読み、 50~ 52の問いに答えよ。
  • 78歳の男性。意識障害のため搬入された。
  • 現病歴:昨日から 37.4℃の発熱、頭痛および悪心を訴えていた。今朝になって意識がもうろうとしているところを家族に発見され、救急搬送された。
  • 既往歴: 30年前から高血圧症の治療を受けている。
  • 生活歴:喫煙歴はない。飲酒は機会飲酒。
  • 家族歴:父親が脳出血のため 82歳で死亡。
  • 現症:意識レベルは JCSIII-200。身長 167 cm、体重 68 kg。体温 38.1 ℃。脈拍104/分、整。血圧 106/78 mmHg。呼吸数 20/分。 SpO2 98% (マスク 5 l/分酸素投与下 )。眼瞼結膜に貧血を認めない。咽頭に軽度発赤を認める。項部硬直を認める。心音と呼吸音とに異常を認めない。腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知しない。顔面と四肢とに明らかな麻痺を認めない。腱反射に異常を認めない。意識障害のため感覚障害は不明。血液検査と同時に血液培養の検体を提出した。
  • 検査所見:血液所見:赤血球 428万、 Hb 13.6 g/dl、Ht 42%、白血球 14,300(桿状核好中球 16%、分葉核好中球 64%、単球 4%、リンパ球 16% )、血小板 23万。血液生化学所見:総蛋白 6.9 g/dl、アルブミン 3.4 g/dl、AST 24 IU/l、ALT 19 IU/l、 LD 277 IU/l(基準 176~353)、 ALP 283 IU/l(基準 115~359)、 γ -GTP 46 IU/l(基準 8~50)、 CK 124 IU/l(基準 30~140)、尿素窒素 22 mg/dl、クレアチニン 1.0 mg/dl、血糖 106 mg/dl、Na 134 mEq/l、K 4.2 mEq/l、Cl 96 mEq/l。CRP 2.4 mg/dl。翌日、患者の病態は悪化し死亡が確認された。病態の解明のため、遺族の同意の下で、この病院に勤務する病理医による解剖が行われた。
  • 当てはまるのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 108B051]←[国試_108]→[108B053

103G044」

  [★]

  • 1歳5か月の女児。保育所から心肺停止のため搬入された。3日前に感冒様症状で近医を受診し、
  • 抗ヒスタミン薬と鎮咳去痰薬とを処方されていた。保育所では当日の午前中は元気であったが、
  • 午後1時半に突然39℃台の発熱に気付き水分を摂取させ、父親が迎えに来るまで眠らせていた。
  • 午後4時に父親が迎えに来て患児を見たところ顔面蒼白に気付き、救急車を要請した。
  • 救急隊到着時には患児は心肺停止状態にあった。救急車内および病院とで蘇生を試みたが午後5時32分に死亡が確認された。
  • 気管挿管時に気管内に吐物は認めなかった。病院到着後に実施したインフルエンザ迅速検査でA型インフルエンザ抗原陽性であった。
  • 検視の結果、事件性はないと判断された。担当医が行うのはどれか。2つ選べ。
  • a. 司法解剖の説明
  • b. 系統解剖の説明
  • c. 承諾解剖の説明
  • d. 死亡診断書の作成
  • e. 死体検案書の作成
[正答]


※国試ナビ4※ 103G043]←[国試_103]→[103G045

102E041」

  [★]

  • 身元不明の中年男性。公園のベンチで意識がもうろうとしていたため搬入された。体温37.5℃。脈拍52/分、整。血圧170/110mmHg。外傷はなく、画像診断および各種検査の結果、脳動脈瘤破裂によるくも膜下出血と診断され、治療が施されたが、来院3時間後に死亡が確認された。
  • 対応として適切なのはどれか。
  • a. 保健所に通報する。
  • b. 死体検案書を交付する。
  • c. 死亡診断書を交付する。
  • d. 司法解剖の依頼をする。
  • e. 警察に遺体を引き渡す。
[正答]


※国試ナビ4※ 102E040]←[国試_102]→[102E042

105H025」

  [★]

  • 86歳の女性。監察医制度の指定地域にある自宅で死亡した。所轄の警察署が死因について犯罪との関連性はないと判断したので、死亡診断書の作成のため、2日前に初めて往診した医師が自宅に呼ばれた。しかし、前回の診療内容からは死に至った経過を説明できないことから、死因を明らかにするためには解剖が必要と考えられた。
  • この解剖はどれにあたるか。


[正答]


※国試ナビ4※ 105H024]←[国試_105]→[105H026

102E034」

  [★]

  • 正しいのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 102E033]←[国試_102]→[102E035

医師が関与する法律」

  [★]

法令

医師が関与する法律

医師が間接的に関与する法律

  • 児童福祉法:都道府県への児童相談所の設置、児童委員、子育て支援事業、児童虐待の通告
  • 児童虐待防止法:福祉事務所・児童相談所、あるいは児童委員を介して通告
  • 地域保健法:二次医療圏に保健所の設置。健康相談・保健指導・健康診査を目的とした市町村における市町村保健センターの設置、
  • 母子保健法:幼児・妊婦の健康診査、母子健康手帳、低体重児の届出、未熟児の訪問指導、養育医療、市町村への母子健康センターの設置

コメディカルが関する法律

医師の届出義務

参考

  • 法令データ提供システム


死体解剖」

  [★]

autopsy
死体解剖保存法


解剖」

  [★]

dissectionanatomy
解体解剖学解離精査切開分析解剖学的形態郭清ダイセクション

解剖の種類

SUB12.33改変
  依頼 根拠法 解剖する者 目的 死体の性質 遺族の承諾
法医解剖 司法解剖 主に司法当局 刑事訴訟法 学識経験者(法医学医師) 犯罪調査 異状死体のうち犯罪死体、変死体 不要
行政解剖 監察医制度あり 死体解剖保存法 監察医 死因の確定 異状死体のうち非犯罪死体
(解剖中に司法解剖に切り替わることがある)
監察医制度なし(承諾解剖) 警察の嘱託医、法医学教室 必要
病理解剖 臨床医 病理医 内因死による死体
(異状死体であることが分かれば24時間以内に警察に通報
系統解剖 医学及び歯学の教育のための献体に関する法律 解剖学の教育者 教育   生前の本人の意志と家族の承諾





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡