右季肋部痛

出典: meddic

pain in the right hypochondrium
right hypochondralgia
季肋部


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 内視鏡的胆道ドレナージで治療したセフトリアキソンによる胆嚢・総胆管偽結石の1例
  • 棚橋 仁,沖本 忠義,児玉 雅明,村上 和成,藤岡 利生
  • 日本消化器内視鏡学会雑誌 55(11), 3594-3597, 2013
  • … 透析患者に生じたセフトリアキソンによる胆嚢総胆管偽結石の1例を報告する.54歳の女性が大腸憩室炎を発症し,セフトリアキソンが投与された.第13病日に右季肋部痛が出現し,肝胆道系酵素の上昇とCTで胆嚢・総胆管内に高吸収構造物を認めた.入院時のCTでは指摘できず,同薬剤による偽結石と考えられた.内視鏡的胆道ドレナージを行い,第33病日に胆嚢・総胆管内の高吸収構造物は消失した.セフトリアキソン …
  • NAID 130003386595
  • C型慢性肝炎に対する3剤併用治療中に発症したアメーバ性肝膿瘍の1例
  • 道免 和文,田中 博文,春野 政虎,音羽 弘,下田 慎治
  • 肝臓 54(11), 787-795, 2013
  • … 症例は58歳の男性.1型,高ウイルス量のC型慢性肝炎に対し,3剤併用療法を開始した.投与1カ月後にはHCVRNAは検出されず,副作用もなく経過していたが,投与開始約4カ月目に食思不振,発熱,右季肋部痛が出現した.白血球数9,100/μl,CRP 15.17 mg/dlと炎症所見を呈し,超音波検査,断層撮影検査にて多発性の肝膿瘍を認めた.細菌性肝膿瘍を疑い,抗生剤の投与を開始したが,解熱は得られず,肝膿瘍は増大し,一部は …
  • NAID 130003384489
  • EUS-FNAで診断し,FDG-PETによる経時的変化を観察しえた黄色肉芽腫性胆嚢炎の1例
  • 小倉 健,栗栖 義賢,増田 大介,井上 善博,瀧井 道明,井元 章,江戸川 祥子,大濱 日出子,寺西 真章,林 道廣,梅垣 英次,内山 和久,樋口 和秀
  • Nippon Shokakibyo Gakkai Zasshi 110(9), 1640-1648, 2013
  • … 症例は70歳代男性.右季肋部痛の精査目的で施行した腹部CTで肝浸潤をともなう胆嚢癌が疑われ,FDG-PETで集積が認められた.EUS-FNAを施行したところ,黄色肉芽腫性胆嚢炎(XGC)が疑われた.1カ月後に施行したFDG-PETでは,集積の低下が認められ,臨床経過からもXGCと診断した.胆嚢摘出術が施行され,病理学的に泡沫細胞を含む炎症細胞浸潤と,胆嚢壁に著明な肉芽形成が認められた. …
  • NAID 130003364427

関連リンク

にもかかわらず、痛みの程度や部位、性質、随伴症状などで原因となる病気がある程度 推測できるのが腹痛でもあります。 ... (1) 心窩部(みぞおちあたり) (2) 右上腹部(右季 肋部) (3) 左上腹部(左季肋部) (4) へそ部 (5)(6) 右・左側腹部 (7)(8) 右・左下腹部 ...
腹痛は痛みの部位により心窩部痛(みぞおちの痛み)、右季肋部痛(右わき腹の痛み)、 左季肋部痛(左わき腹の痛み)、右下腹部痛、左下腹部痛、臍部痛(おへその周辺の 痛み)、下腹部痛と表現され、さらに腹部全体の痛みに分けられます(図1)。 心窩部痛 は ...

関連画像

テープの端には張力をかけずに 右季肋部痛を主訴とした68歳 季肋右季肋部(right hypochondrial 右季肋部


★リンクテーブル★
国試過去問108D026
関連記事右季肋部」「

108D026」

  [★]

  • 52歳の男性。右季肋部痛を主訴に来院した。昨夜、夕食後に右季肋部痛が出現し今朝まで持続している。体温 36.5℃。脈拍 84/分、整。血圧 124/68 mmHg。眼球結膜に黄染を認めない。腹部は平坦で右季肋部に圧痛を認める。反跳痛を認めない。肝・脾を触知しない。血液所見:赤血球 456万、 Hb 14.5 g/dl、Ht 44%、白血球11,000(桿状核好中球 8%、分葉核好中球 60%、好酸球 2%、リンパ球 30% )、血小板 21万。血液生化学所見:総ビリルビン 2.0 mg/dl、AST 158 IU/l、ALT 145 IU/l、 ALP 580 IU/l(基準 115~359)、 γ-GTP 182 IU/l(基準 8~50)、アミラーゼ 125 IU/l(基準 37~160)。 CRP 3.4 mg/dl。腹部超音波検査で異常を認めたため行った ERCP(別冊No. 9)を別に示す。
  • 治療として最も適切なのはどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 108D025]←[国試_108]→[108D027

右季肋部」

  [★]

right hypochondrium
季肋部

痛」

  [★]

pain
痛み疼痛




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡