右季肋部

出典: meddic

right hypochondrium
季肋部

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 今月の症例 周期的な右季肋部痛を呈した肝子宮内膜症の1例
  • 渡り 英俊,柴原 直利,海老澤 茂 [他]
  • 日本内科学会雑誌 101(11), 3233-3235, 2012-11-10
  • NAID 40019493405
  • 長期CAPD後に生体腎移植を施行し消化器症状と心機能が改善した1例
  • 金子 哲也,川端 裕彰,新畑 覚也,坂口 悠介,鈴木 朗,勝二 達也,岡田 倫之,矢澤 浩治,山口 誓司,椿原 美治
  • 日本透析医学会雑誌 = Journal of Japanese Society for Dialysis Therapy 45(5), 407-412, 2012-05-28
  • … 腹膜透析(PD)の後血液透析(HD)を経て生体腎移植を行った21歳男性症例を経験した.PD期間中は除水不良と関係した慢性的なうっ血性心不全状態を呈した.HD移行後食欲低下と持続性水様性下痢を呈し,右季肋部に限局性の腹水の貯留と消化管気腫像を認め腸管穿孔が疑われたが,絶飲食を中心にした保存的管理で改善した後母親をドナーとした生体腎移植を施行した.移植後消化器病変の経過は良好であり,術前に …
  • NAID 10030814038

関連リンク

右季部痛とは、胆石症でみられるみぞおち部の痛みのことである。 胆石症とは、40~50歳代の女性に多く見られる疾患...
【必修】右季肋部の疝痛発作を特徴とする疾患はどれか。 胃癌 腸閉塞 胆石症 十二指腸潰瘍 ―――以下解答――― (解答)3 <解説> 1 .(×)進行すると、心窩部の重苦しさや痛みが出現する。 2 .(×)腹痛、腹部膨満、排ガス停止を主 ...
症例 【患者】20歳代 女性! 【主訴】右季肋部痛! 【現病歴】! • 来院3週間前より微熱が続き,近医にて抗生剤を 処方されていた.! • 来院前日の夜間より右季肋部痛が出現.! • 来院当日の朝,体動時に痛みが増強したため救

関連画像

发表 于 2011 09 22 09 41右 季 肋 部 痛 を 主訴 と した 右 季 肋 部 右上 腹部 および 右 季 肋 部 2 心 窩部 3 左 季 肋 おなかが痛いに関連する書籍 乙肝 患者 右 季 肋 部 隐痛 是


★リンクテーブル★
国試過去問097D031」「104D029」「106C010
拡張検索右季肋部痛

097D031」

  [★]

  • 26歳の男性。自家用車の自損事故で腹部にハンドル外傷を受け、救急車で搬入された。意識は清明。呼吸数18/分。脈拍116/分、整。血圧102/76mmHg。顔面は蒼白である。眼瞼結膜は貧血様で、眼球結膜に黄疸はない。胸部は視診、打聴診で異常を認めず、心窩部から右季肋部に打撲によると思われる皮下出血を認める。腹部は平坦であるが軽い圧痛を右季肋部に認める。血液所見:Hb10.5g/dl、白血球9,800。まず行うべき検査はどれか。
  • a. (1)(2)
  • b. (1)(5)
  • c. (2)(3)
  • d. (3)(4)
  • e. (4)(5)
[正答]


※国試ナビ4※ 097D030]←[国試_097]→[097D032

104D029」

  [★]

  • 59歳の女性。夕食後から出現した強い腹痛を主訴に来院した。数年前から健康診断で胆嚢結石を指摘されていたが放置していた。体温38.4℃。右季肋部に強い圧痛を認める。血液所見:赤血球 460万、Hb 12.3g/dl、Ht 34%、白血球 13,000、血小板 34万。血液生化学所見:総ビリルビン 1.0mg/dl、AST 24IU/l、ALT 13IU/l。CRP 5.0mg/dl。腹部造影CT(別冊No.9)を別に示す。
  • 治療として適切なのはどれか。2つ選べ。



[正答]


※国試ナビ4※ 104D028]←[国試_104]→[104D030

106C010」

  [★]

  • 腹部診察所見と病態・疾患の組合せで誤っているのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 106C009]←[国試_106]→[106C011

右季肋部痛」

  [★]

pain in the right hypochondrium
right hypochondralgia
季肋部





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡