可変領域

出典: meddic

variable region
可変部 variable segment、 V領域 V region
免疫グロブリン遺伝子




UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 22aPS-67 スピネル化合物Cu_y(Fe_<1-x>Co_x)_4Sn_<12>Se_<32>の可変領域ホッピング伝導と熱電物性(22aPS 領域8ポスターセッション(低温1(遷移金属酸化物・超伝導など)),領域8(強相関系:高温超伝導,強相関f電子系など))
  • 末國 晃一郎,鶴田 光次郎,有賀 智紀,小矢野 幹夫
  • 日本物理学会講演概要集 66(2-3), 525, 2011-08-24
  • NAID 110008759167
  • -最近における動物衛生研究情報(XI)-抗プリオンタンパク質モノクローナル抗体の開発と単鎖型可変領域フラグメント抗体の作出
  • 田川 裕一
  • 日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association 64(7), 510-513, 2011-07-20
  • NAID 10029384203

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
先読み免疫グロブリン遺伝子
リンク元V region
拡張検索高頻度可変領域」「免疫グロブリン可変領域」「超可変領域
関連記事可変

免疫グロブリン遺伝子」

  [★]

immunoglobulin geneIg gene



V region」

  [★]

V region
可変領域
variable region&immunoglobulins


高頻度可変領域」

  [★]

hypervariable region
超可変領域相補性決定領域


免疫グロブリン可変領域」

  [★]

immunoglobulin variable region
可変領域


超可変領域」

  [★]

-相補性決定領域


可変」

  [★]

variable
可変性変数変量不定




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡