口蓋扁桃

出典: meddic

palatine tonsil, faucial tonsil
tonsilla palatina
扁桃腺
口腔扁桃



Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.

臨床関連

  • 口蓋扁桃腫大
  • 生理的腫大 → 5-7歳頃に最も大きくなる  ⇔  咽頭扁桃は3-4歳に最も大きくなる。
  • 疾患に伴う腫大:炎症性、リンパ球の増殖に伴う腫大
  • 口蓋扁桃炎
  • 部位による分類
  • カタル性扁桃炎
  • 陰窩性扁桃炎
  • 実質性扁桃炎
  • 経過による分類
  • 急性扁桃炎
  • 慢性扁桃炎


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 第113回日本耳鼻咽喉科学会総会ランチョンセミナー IgA腎症と口蓋扁桃摘出術
  • 西 慎一
  • 日本耳鼻咽喉科学会会報 115(12), 1009-1015, 2012-12
  • NAID 40019538287
  • 口蓋扁桃摘出術を行ったIgA腎症の予後因子
  • 田畑 貴久,大淵 豊明,北村 拓朗,大久保 淳一,橋田 光一,寳地 信介,若杉 哲郎,加藤 明子,鈴木 秀明
  • 日本耳鼻咽喉科學會會報 115(9), 836-841, 2012-09-20
  • NAID 10031047198
  • 口蓋扁桃摘出術を行ったIgA腎症の予後因子
  • 田畑 貴久,大淵 豊明,北村 拓朗 [他]
  • 日本耳鼻咽喉科学会会報 115(9), 836-841, 2012-09
  • NAID 40019446463

関連リンク

1 舌、2 口蓋扁桃(Tonsil)、3 口蓋垂、4 口蓋。3と4の間が軟口蓋である。 扁桃(へん とう)は、二次リンパ器官に分類されるリンパ上皮性器官である。従来は扁桃腺と呼ばれ ていたが、真の意味では腺ではないため扁桃に改められた。
家庭医学館 扁桃肥大(口蓋扁桃肥大)の用語解説 - [どんな病気か] 口を大きくあけた ときに、のどの奥の両わきから飛び出しているように見えるリンパ組織のかたまりが、 口蓋扁桃(こうがいへんとう)です。 のどのまわりには、ほかに咽頭扁桃(いんとうへん とう)( ...

関連画像

口蓋扁桃扁桃の所見口蓋扁桃〉口蓋扁桃.jpg図2咽頭の構造口蓋扁桃摘出術後の膿栓


★リンクテーブル★
国試過去問106C029」「105A046」「105A047」「106E058」「106E060」「106E059」「106B040」「105F013」「104A014
リンク元鰓弓」「頚部リンパ節」「ワルダイエル輪」「扁桃白苔」「頚静脈二腹筋リンパ節
拡張検索口蓋扁桃摘出術」「アデノイド口蓋扁桃摘出術」「両側口蓋扁桃摘出術
関連記事扁桃」「口蓋

106C029」

  [★]

次の文を読み、 28、 29の問いに答えよ。

  • 32歳の男性。風邪が治らないことを主訴に来院した。
  • 現病歴: 8日前に全身倦怠感と咽頭痛とが出現した。風邪をひいたと考え、数日は睡眠を長めにとって様子をみていたが、改善しなかった。 4日前から耳閉感が出現し、 37.5℃の発熱もみられた。 2日間仕事を休み、市販の総合感冒薬を服用していたが、症状が改善しないため受診した。鼻汁鼻閉感および咳はない。頭痛はないが、頸部から後頭部にかけて重たい感じがあるという。
  • 既往歴:スギ花粉症。
  • 生活歴:妻との2人暮らし。事務職。喫煙歴はない。飲酒は機会飲酒。
  • 家族歴:父親が高血圧症で薬物治療中。母親が糖尿病で食事療法中。
  • 現 症:意識は清明。身長165cm、体重60kg。体温37.4℃。脈拍88/分、整。血圧126/80mmHg。咽頭粘膜に発赤を認めない。口蓋扁桃は軽度に腫大している。両側の胸鎖乳突筋後縁に、径1cmの軟らかく圧痛のないリンパ節を2、 3個ずつ触知する。
  • 肝と脾との腫大をみるために腹部診察を行おうとしたところ、患者が「おなかの診察までするのですか」と尋ねた。
  • 現時点の医師の対応で最も適切なのはどれか。
  • a 他の医師に交代することを患者に提案する。
  • b 腹部の診察は行わずに身体診察を終了する。
  • c 質問には返答せず、そのまま腹部の診察を続ける。
  • d 診察を中断し、腹部診察の必要性について説明する。
  • e 身体診察では医師の指示に従う必要があると説明する。


[正答]


※国試ナビ4※ 106C028]←[国試_106]→[106C030

105A046」

  [★]

  • 48歳の女性。尿検査の異常を主訴に来院した。 2年前に健康診断で尿検査の異常を指摘されたが、受診しなかった。今年の健康診断でも同じ異常を指摘されたため精査目的で来院した。身長160cm.体重60kg。体温36.4℃。脈拍72/分、整。血圧142/84mmHg。口蓋扁桃の腫大、発赤および白苔の付着を認める。心音と呼吸音とに異常を認めない。腹部は平坦、軟。四肢に浮腫を認めない。尿所見:蛋白2+、糖(-)、潜血3+、尿蛋白1.8g/日。血液所見:赤血球 380万、Hb 11.2g/dl、Ht 34%、白血球 6,600、血小板 18万。血液生化学所見:総蛋白 6.8g/dl、アルブミン 3.8g/dl、IgG 1,560mg/dl(基準739-1,649)、IgA 360mg/dl(基準107-363)、尿素窒素 24mg/dl、クレアチニン 1.4mg/dl、尿酸 8.5mg/dl、Na 136mEq/l、K 4.0mEq/l、C1 104mEq/l。免疫学所見:CRP 0.3mg/dl、抗核抗体陰性。腎生検PAS染色標本(別冊No.16A)、蛍光抗体IgA染色標本(別冊No.16B)及びC3染色標本(別冊No.16C)を別に示す。
  • この患者に対する治療方針として適切でないのはどれか。




[正答]


※国試ナビ4※ 105A045]←[国試_105]→[105A047

105A047」

  [★]

  • 16歳の女子。浮腫を主訴に来院した。 2週前に発熱と咽頭痛とが出現したが3日で症状は消失した。昨日から尿量の減少を自覚し、本日、排尿がほとんどなく、下腿浮腫が出現したため来院した。 3か月前の学校検尿では異常を指摘されなかった。身長156cm、体重48kg。体温36.2℃。呼吸数12/分。脈拍80/分、整。血圧138/88mmHg。口蓋扁桃の軽度腫大を認める。前脛骨部に圧痕浮腫を認める。尿所見:蛋白1+、糖(-)、潜血3+、尿沈渣に赤血球100以上/1視野、白血球5-10/1視野、赤血球円柱+。血液所見:赤血球 400万、Hb 12.8g/dl、Ht 38%、白血球 6,400、血小板 22万。血液生化学所見:総蛋白 7.0g/dl、アルブミン 3.8g/dl、IgG l,440mg/dl(基準739-1,649)、IgA 215mg/dl(基準107-363)、尿素窒素 22mg/dl、クレアチニン 1.2mg/dl、Na 140mEq/l、 K 5.6mEq/l、Cl 104mEq/l。免疫学所見 CRP 0.3mg/dl, ASO 1,280単位(基準250以下)、抗核抗体陰性、CH50 18U/ml(基準30-50)。超音波検査で腎の大きさと形状とに異常を認めない。
  • この患者の入院後の治療方針で適切なのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 105A046]←[国試_105]→[105A048

106E058」

  [★]

  • 次の文を読み、 58-60の問いに答えよ。
  • 23歳の男性。のどの痛みを主訴に来院した。
  • 現病歴:2日前からのどの痛みと発熱とを自覚していた。痛みが次第にひどくなったため23時に救急外来を受診した。痛みが強く唾液を飲み込むことができないため口から吐き出している。
  • 既往歴: 15歳時に虫垂炎の手術を受けた。
  • 家族歴:特記すべきことはない。
  • 現 症:意識は清明。体温38.2℃。脈拍92/分、整。血圧124/80mmHg。呼吸数20/分。眼瞼結膜に貧血を認めない。咽頭後壁粘膜はやや発赤しているが、口蓋扁桃の腫脹はみられない。頸部に圧痛を認め、軽度喘鳴を聴取する。心音に異常を認めない。
  • 追加すべき最も重要な質問はどれか。
  • a 「喫煙の習慣はありますか」
  • b 「息を吸うのは苦しくないですか」
  • c 「ご家族にも同様の症状はありますか」
  • d 「自宅での体温は何度まで上がりましたか」
  • e 「扁桃腺が大きいと言われたことはありますか」


[正答]


※国試ナビ4※ 106E057]←[国試_106]→[106E059

106E060」

  [★]

  • 次の文を読み、 58-60の問いに答えよ。
  • 23歳の男性。のどの痛みを主訴に来院した。
  • 現病歴:2日前からのどの痛みと発熱とを自覚していた。痛みが次第にひどくなったため23時に救急外来を受診した。痛みが強く唾液を飲み込むことができないため口から吐き出している。
  • 既往歴: 15歳時に虫垂炎の手術を受けた。
  • 家族歴:特記すべきことはない。
  • 現 症:意識は清明。体温38.2℃。脈拍92/分、整。血圧124/80mmHg。呼吸数20/分。眼瞼結膜に貧血を認めない。咽頭後壁粘膜はやや発赤しているが、口蓋扁桃の腫脹はみられない。頸部に圧痛を認め、軽度喘鳴を聴取する。心音に異常を認めない。
  • 確定診断に最も有用な検査はどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 106E059]←[国試_106]→[106E061

106E059」

  [★]

  • 次の文を読み、 58-60の問いに答えよ。
  • 23歳の男性。のどの痛みを主訴に来院した。
  • 現病歴:2日前からのどの痛みと発熱とを自覚していた。痛みが次第にひどくなったため23時に救急外来を受診した。痛みが強く唾液を飲み込むことができないため口から吐き出している。
  • 既往歴: 15歳時に虫垂炎の手術を受けた。
  • 家族歴:特記すべきことはない。
  • 現 症:意識は清明。体温38.2℃。脈拍92/分、整。血圧124/80mmHg。呼吸数20/分。眼瞼結膜に貧血を認めない。咽頭後壁粘膜はやや発赤しているが、口蓋扁桃の腫脹はみられない。頸部に圧痛を認め、軽度喘鳴を聴取する。心音に異常を認めない。
  • 診断として最も考えられるのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 106E058]←[国試_106]→[106E060

106B040」

  [★]

  • 1歳の女児。発熱を主訴に来院した。 2日前から咳と鼻汁とがみられ、昨日の夜から発熱を伴ったため受診した。 10か月時に突発性発疹罹患した際、けいれんがみられ、単純型熱性けいれんと診断された。
  • 体温39.0℃。脈拍116/分、整。呼吸数24/分。咽頭著明な発赤を認める。口蓋扁桃は両側とも腫大しており、白苔が付着している。項部硬直を認めない。診察後、ベッドに仰臥していた患児が、突然けいれんし始めた。
  • 対応として誤っているのはどれか。
  • a 患児の四肢の動きを観察する。
  • b けいれんの持続時間を確認する。
  • c 患児の周囲にある物を取り除く。
  • d 患児の口の中に舌圧子を挿入する。
  • e 患児の顔が上を向いた状態を避ける。


[正答]


※国試ナビ4※ 106B039]←[国試_106]→[106B041

105F013」

  [★]

  • 3歳児の診察所見で病的なのはどれか。


  • a 左肋骨弓下に脾を3cm触知
  • b 右肋骨弓下に肝を1cm触知
  • c 口蓋扁桃口蓋咽頭弓をはみ出して腫大
  • d 両側頚部に米粒大のリンパ節を3個ずつ触知
  • e 両側鼠径部に小豆大のリンパ節を1個ずつ触知


[正答]


※国試ナビ4※ 105F012]←[国試_105]→[105F014

104A014」

  [★]


[正答]


※国試ナビ4※ 104A013]←[国試_104]→[104A015

鰓弓」

  [★]

branchial arch
咽頭弓 pharyngeal arch
鰓嚢咽頭嚢


first aid step1 2006 p.122
  • 鰓弓由来の構造とその神経支配.xls
# 鰓弓 神経 骨格 動脈*
1 顎弓(上顎隆起下顎隆起) CN V
三叉神経: 上顎枝、下顎枝(第一鰓弓の筋を支配)
咀嚼筋(側頭筋咬筋内側翼突筋外側翼突筋)、顎舌骨筋顎二腹筋前腹、口蓋帆張筋鼓膜張筋 上顎突起(顎前骨上顎骨頬骨側頭骨の一部)、メッケル軟骨(下顎骨キヌタ骨ツチ骨、前ツチ骨靱帯、蝶下顎靱帯) 消失し一部残存(顎動脈)
2 舌骨弓 CN VII
顔面神経
顔面表情筋(頬筋耳介筋前頭筋広頚筋口輪筋および眼輪筋)、顎二腹筋後腹、茎突舌骨筋アブミ骨筋 アブミ骨茎状突起、茎突舌骨靱帯、舌骨小角と舌骨体の上部 消失し一部残存(舌骨動脈、アブミ骨動脈)
3   CN IX
舌咽神経
茎突咽頭筋 舌骨大角と舌骨体の下部 総頚動脈、内頚動脈の基部。外頚動脈が出芽
4   CN X
迷走神経
輪状甲状筋口蓋帆挙筋 喉頭軟骨(甲状軟骨輪状軟骨披裂軟骨小角軟骨、および楔状軟骨 大動脈弓の一部
5 上喉頭神経(第四鰓弓支配神経) 咽頭収縮筋 消失
6 反回神経(下喉頭神経)(第六鰓弓支配神経) 喉頭内の筋 動脈管と肺動脈の基部





頚部リンパ節」

  [★]

cervical lymph node
  • M.567



Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.
Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.
Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.

国試




ワルダイエル輪」

  [★]

Waldeyer ring, Waldeyer's ring
リンパ咽頭輪 咽頭リンパ輪 咽頭リンパ環 lymphoid ringワルダイエル咽頭環 ワルダイエルの咽頭輪 ワルダイエル扁桃輪 Waldeyer's tonsillar ring (Z)、咽頭リンパ組織環 pharyngeal lymphatic ring
[show details]


  • 咽頭を輪状に取り囲む扁桃腺群


扁桃白苔」

  [★]

tonsilar exudates?
滲出性扁桃炎、口蓋扁桃


国試


頚静脈二腹筋リンパ節」

  [★]

jugulodigastric node, jugulodigastric lymph node
扁桃リンパ節
口蓋扁桃頚部リンパ節
  • 図:N.68
  • 口蓋扁桃からのリンパ管は外側下方の上部深頚リンパ節と経静脈二腹筋リンパ節に注ぐ。


口蓋扁桃摘出術」

  [★]

tonsillectomy
扁桃摘出術、扁桃摘除術
扁桃摘出



アデノイド口蓋扁桃摘出術」

  [★]

adenotonsillectomy
アデノイド口蓋扁桃摘出

両側口蓋扁桃摘出術」

  [★]

bilateral tonsillectomy

扁桃」

  [★]

tonsil
tonsilla
リンパ小節リンパ器官リンパ組織

概念

  • 口蓋、咽頭、舌にあるリンパ小節の集塊で一部は皮膜で覆われている。咽頭の入口における防御気管で外来の抗原に対して免疫反応を行う。(HIS.254)

リンパ節との違い

  • 陰窩があること(口蓋扁桃舌扁桃)。

扁桃

扁桃 表面 深部 特徴
咽頭扁桃 多列線毛上皮
非角化重層扁平上皮
薄い皮膜で境界 重層するヒダを有し、基部に混合線が開口
口蓋扁桃  
非角化重層扁平上皮
被膜で境界 上皮が10-12個陥入して陰窩を形成
舌扁桃  
非角化重層扁平上皮
被膜で境界 個々の扁桃は1個の陰窩を有する

成長と発達

  • 口蓋扁桃や咽頭扁桃は5-6歳で生理的に肥大するが、学童期以降消退傾向となり思春期までにはほとんど消退する。


参考

  • 1.
[display]http://image2.kmu.ac.jp/histologydb/prc/dijest2/04.html
  • 2.
[display]http://square.umin.ac.jp/atlas/094/index.html


Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.

口蓋」

  [★]

palate (Z)
palatum


臨床関連





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡