叢状病変

出典: meddic

plexiform lesion

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 肺動脈性肺高血圧症および肺静脈閉塞症/肺毛細管腫症の病理 : 最近の知見から (特集 肺高血圧症の展開2014)
  • 大郷 恵子,植田 初江,大郷 剛
  • 日本呼吸器学会誌 = Annals of the Japanese Respiratory Society 3(4), 471-477, 2014-07-10
  • NAID 40020168412
  • 『イマチニブが挑んだ血管リモデリングの治療』 難治性肺動脈性肺高血圧症に対するイマチニブによる治療
  • 中村 一文,赤木 達,更科 俊洋,小川 愛子,松原 広己,伊藤 浩
  • 日本薬理学雑誌 143(4), 173-177, 2014
  • … 肺動脈性肺高血圧症(pulmonary arterial hypertension:PAH)の重症・難治例では叢状病変の形成や著明な内膜・中膜の肥厚などにより激しい肺血管リモデリングが生じている.肺動脈の内皮細胞や平滑筋細胞などの異常増殖とアポトーシス抵抗性がその本態と考えられている.近年基礎ならびに病理学的検討によって,PAHにおいて肺動脈平滑筋細胞が血小板由来成長因子(platelet-derived growth factor:PDGF)刺激にて過剰に増殖して …
  • NAID 130003391441
  • 肺高血圧症の病理 (第1土曜特集 肺高血圧症診療の進歩) -- (病因・病態)
  • 大郷 恵子,植田 初江
  • 医学のあゆみ 240(1), 15-23, 2012-01-07
  • NAID 40019072142

関連リンク

2013. 2. 4 肺 圧症の新たな治療標的が浮上 叢状病変形成に「apelin」が関与 肺動脈性肺 圧症の病理所 では、肺動脈の狭窄とこれに伴う 管内 細胞・平滑筋 細胞の増殖を特徴とし、後者は「叢状病変plexiform lesion(PFL)」と ...
肺動脈性肺高血圧症の病理所見では、肺動脈の狭窄とこれに伴う血管内皮細胞・平滑筋細胞の増殖を特徴とし、後者は「叢状病変plexiformlesion(PFL)」と呼ばれる。肺動脈の狭窄にはエンドセリンシグナルが関与し、エンドセリン ...
また内膜(ないまく)には、同心円状に線維(せんい)が発達して増殖した叢状病変 (そうじょうびょうへん)と呼ばれる特徴的な変化がみられます。 [治療] 薬物治療として、肺の血管を拡張する薬(カルシウム拮抗薬 (き ...

関連画像

第1土曜特集 肺高血圧症診療の 図 10 ラクナ 梗塞 a t2 強調 像 b 歯科医師国家試験過去問題より叢 治 縁 咽喉 頭 異常 感 症 な 歯科医師国家試験過去問題よりin Primary Pulmonary Hypertension


★リンクテーブル★
関連記事病変」「叢状

病変」

  [★]

lesion
障害傷害破壊


叢状」

  [★]

plexiform
網状




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡