受精

出典: meddic

fertilization


妊娠との関係

  • 精子の生存時間:30-45時間
  • 卵生の生存時間:6-24時間
排卵から約2日以内は妊娠する可能性がある。



Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/01/11 01:00:41」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 超音波卵巣画像診断による牛体内受精卵生産能力の推定
  • 性判別精液の利用と受精卵移植に係る優良事例
  • 日本家畜人工授精師協会
  • 家畜人工授精 (273), 18-35, 2012-11
  • NAID 40019510615

関連リンク

妊娠・出産コラム:受精の仕組みについて知ろう!妊娠までの長い道のり。妊娠初期から出産までに知っておきたいことA to Z。産婦人科、産科、婦人科選びは[妊娠・出産]のここカラダ
受精から着床時期に現れる症状などを解説しております。着床時の症状は生理前の症状と似ている部分も多いため、妊娠を意識していない女性は見逃す可能性があります。
受精(じゅせい)は、精子が卵(または卵細胞)の中に入り込み、細胞分裂によって成長可能な状態になること。定義としては、一方が卵と見なされる場合の接合のことである。動物の場合の接合はすべてこれである。

関連画像

受精膜のあがった受精卵排卵された卵は輪卵管内で受精 受精卵 卵子、受精、受精、受胎、受精受精卵着床体外受精の成功率高める④元気


★リンクテーブル★
国試過去問104B039」「101B048」「098G045」「091A035」「099D056」「093A029
リンク元fertilization」「授精」「概念」「施肥」「体外受精
拡張検索体外受精-胚移植」「受精能力」「顕微受精」「多精子受精

104B039」

  [★]

  • 妊娠について正しいのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 104B038]←[国試_104]→[104B040

101B048」

  [★]

  • 正しいのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 101B047]←[国試_101]→[101B049

098G045」

  [★]

  • 正しいのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 098G044]←[国試_098]→[098G046

091A035」

  [★]

  • 妊娠の成立でただしいのはどれか

099D056」

  [★]

  • 受精から着床までの期間はどれか。
  • a. 1日
  • b. 3日
  • c. 6日
  • d. 12日
  • e. 18日
[正答]


※国試ナビ4※ 099D055]←[国試_099]→[099D057

093A029」

  [★]

  • 正しいのはどれ

fertilization」

  [★] 受精

WordNet   license wordnet

「making fertile as by applying fertilizer or manure」
fertilisation, fecundation, dressing

WordNet   license wordnet

「creation by the physical union of male and female gametes; of sperm and ova in an animal or pollen and ovule in a plant」
fertilisation, fecundation, impregnation


授精」

  [★]

inseminationinseminate
媒精精子注入受精
  • 卵子に精子をふりかける行為。媒精と同じ


概念」

  [★]

conceptnotionconception
意見考え受精受胎コンセプト


施肥」

  [★]

fertilizationfertilizer applicationfertilize
受精肥沃化


体外受精」

  [★]

in vitro fertilization IVF, extracorporal fertilization
受精



体外受精-胚移植」

  [★]

in vitrofertilization-embryo transfer IVF-ET, in vitro fertilization embryo transfer
受精


排卵誘発・胚移植

参考1
  • 1. ロングプロトコール法
  • GnRHアゴニスト、hMG or FSH、hCG
  • (1)高温相5-7日からGnRHアゴニストを投与して内因性のFSH,LHの分泌を(一度はflare upによって増加するが)抑制する。(2)卵胞期に入ってから、連日hMG、もしくはFSHの投与を行う。(3)hCGの投与により卵胞を成熟させて、36時間後に採卵を行う。(4)胚移植後に黄体ホルモンを投与し肺の着床を促進する。
  • 2. ショートプロトコール法
  • GnRHアゴニスト、hMG or FSH、hCG
  • クロミフェン+FSH/hMG併用療法
  • GnRHアンタゴニスト法

参考

  • 1.
http://www.koshida-cl.or.jp/ivf-icsi_ovarian-stimulation.html
  • 2. クリニカルカンファレンス3 生殖医療のup-to-date 3)調節卵巣刺激法 - 日産婦誌62巻9号
http://www.jsog.or.jp/PDF/62/6209-141.pdf


受精能力」

  [★]

fertilization ability, fertility potential, fertility
精子受精



顕微受精」

  [★]

intra-cytoplasmic sperm injection, ICSI
受精


多精子受精」

  [★]

[[]]
[[]]


-透明帯反応





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡