取手協同病院

出典: meddic


ご注意下さい。最新の情報ではありません。
誤った情報がございましたらメールにてご連絡下さい。

病院名

  • 取手協同病院

url

理念

  • 1.診療の質の向上2.倫理面・精神面への配慮3.情報の開示4.療養環境の改善5.地域医療への貢献

住所

  • 〒302-0022 取手市本郷二丁目1番1号

診療の特徴、実績

  • 茨城県南部の中核病院であり、地域医療支援病院の認可を受け、地域の病診連携の中心として活躍している。救急医療にも力をいれ,内科,外科系、小児科,産婦人科,の4科当直体制で,又全科,オンコール体制で行っており、救急患者の取扱い数は、茨城県下二位である。当院の特徴は,全科の連携が非常に良く,診断,入院,治療が,迅速かつ効率よく行われている点である。コメデイカル・スタッフも非常に協力的で且つ優秀である。Common diseaseのPrimary careの訓練習得には最適と思われる。院内コンピューターシステムは完成使用されており,また放射線部門のコンピューター画像管理システムは当院の誇るところである。平成21年1月に3回目の日本医療機能評価機構認定を受けており,一言で言えば非常に纏まりのある機能的病院である。日本内科学会認定施設、日本透析医学会教育関連施設、日本腎臓学会研修施設、日本循環器学会認定循環器専門研修施設、日本神経学会教育関連施設、日本外科学会外科専門医制度修練施設をはじめ様々な資格を備えている。

電子カルテ

  • 有り

一日平均入院患者数

  • 344.6人

一日平均外来患者数

  • 1,204.4人

平均在院日数(一般/精神)

  • 13.6日/0.0日

年間分娩件数

  • 506件(平成21年1月-21年12月実績)

年間剖検件数

  • 7件(平成21年1月-21年12月実績)

年間臨床病理研究会(CPC)の実施状況

  • 回数/5回

当院の救急医療の特徴

  • 3次救急施設ではないが、2.5次に相当する県の認定を持つ。救急専門医が常勤で勤務しており、救急患者数は、県下第二位の患者数を扱っている。特にcommon diseaseの救急から重症疾患まで幅広く救急を体験できる。救急患者用のICU4床有り。

救急専用診療室の有無

  • 有り

救急医療を行う診療科

  • 救急科

一日平均救急外来患者数

  • 72.1人(平成21年1月-平成21年12月実績・1日平均)

一日平均救急車搬送患者数

  • 11.9人(平成21年1月-平成21年12月実績・1日平均)

年間心肺停止状態搬送患者数

  • 92人(平成21年1月-平成21年12月実績)

当直回数(月平均)

  • 4回

当直手当

  • 無し(1年次は手当無し、2年次は1回3万円支給)

当直時の勤務体制(研修医以外の当直医数)

  • 4人

当直時の勤務体制(当直研修医数)

  • 2人

勤務体制

  • 救急部で2交代制、夜勤明けは休み

公的年金保険

  • 有り

国家・地方公務員災害補償法の適応

  • 有り

労働災害補償保険

  • 無し

医師賠償責任保険の扱い

  • 有り

個人加入

  • 有り

指導医から一言

  • 臨床の現場では、これまで勉強し蓄えた医学的知識、患者の状態を分析した情報、検査データなどを迅速にまとめあげて、診断し治療することが非常に重要となってくる。この統合能力を指導医の元で絶えず訓練し、更に文献的検索と反省を積み重ね向上させることが初期臨床研修に必須である。この訓練に相応しい病院を選んでください。当院は最適と思われます。

先輩研修医からの病院紹介と、この病院を選んだ理由

  • 私がこの病院を研修病院として選んだのは、各科とも体制が整っており、また設備も充実しているので、多岐にわたる症例を経験できると考えたからです。実際に症例は豊富であり充実した研修が出来ると思います。一番印象に残っているのは、救急外来の診療です。ほぼ毎日救急外来で研修させて頂き、初期診断及び治療をどのように行うか、といった考え方が身につきました。そしてそれ以上に数多くの救急症例を診療したいという経験が、非常に有意義なものであったと思います。

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 一地域の透析導入数を3年間で30%減少させようとする,「D3-30プロジェクト」についての報告
  • 椎貝 達夫,佐藤 長典,前田 益孝 [他],稲葉 直人,古川 暁子,吉田 顕子,宇野 智美
  • 日本農村医学会雑誌 60(2), 85-95, 2011-07-30
  • NAID 10029758439
  • ITPと Osler-Rendu-Weber 病を併発した乳癌の1例
  • 下代 玲奈,玄 東吉,岡本 浩之,宇田川 勝,谷畑 英一,稲留 征典
  • 日本臨床外科学会雑誌 = The journal of the Japan Surgical Association 72(6), 1400-1404, 2011-06-25
  • NAID 10029612273

関連リンク

JAとりで総合医療センターは、患者様の声を大切にしながら、地域の医療機関と連携し先端医療を提供する地域医療支援病院として、(旧)取手協同病院から名称変更しました。救急・ERは24時間受付、ドクターヘリでの搬送も受け付けて ...
JAとりで総合医療センターは、患者様の声を大切にしながら、地域の医療機関と連携し先端医療を提供する地域医療支援病院として、(旧)取手協同病院から名称変更しました。救急・ERは24時間受付、ドクターヘリでの搬送も受け付けて ...

関連画像

筑波大学 の見学体験記 茨城県取手協同病院イメージ取手協同病院 院長人 搬送 された 取手 協同 病院


★リンクテーブル★
関連記事協同

協同」

  [★]

cooperationconjunctioncooperatesynergize
協同作用協力組み合わせ結合組合せ




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡