収縮調節蛋白質

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 特発性心筋症における筋収縮・調節蛋白質の機能異常 (あゆみ 特発性心筋症--病因解明の最前線)
  • 細いフィラメント上における収縮調節蛋白質の中性子溶液散乱による構造解析

関連リンク

理化学研究所(小林俊一理事長)と科学技術振興事業団(沖村憲樹理事長)は、筋収縮 の調節に重要な役割を果たしているタンパク質の立体構造を決定し、その分子 メカニズムを解明することに世界で初めて成功しました。 心臓の筋肉および骨格筋の 収縮は細胞 ...
2005年11月18日 ... (1)構造タンパク質 - セルロプラスミン(2)収縮タンパク質 - コラーゲン(3)輸送 タンパク質 - ヒストン(4)調節タンパク質 - ヘモグロビン(5)酵素タンパク質 - カテプシン この問題も、覚えているか覚えていないかだけの問題だ。生化学には ...

関連画像

図6 カルシウムイオンの結合  平滑筋収縮・弛緩調節モデル図3 トロポニン・コアドメイン 図2 筋肉の模式図


★リンクテーブル★
関連記事蛋白質」「白質」「調節」「

蛋白質」

  [★]

protein
タンパク質タンパク蛋白プロテイン
アミノ酸ポリペプチド
  • L-アミノ酸が重合してできた高分子化合物であり、生物の重要な構成成分のひとつである。

食事摂取基準

年齢 男性 女性
推定平均
必要量
推奨量 目安量 耐容
上限量
推定平均
必要量
推奨量 目安量 耐容
上限量
0~5(月) 10 10
6~8(月) 15 15
6~11(月)
9~11(月) 25 25
1~2(歳) 15 20 15 20
3~5(歳) 20 25 20 25
6~7(歳) 25 30 25 30
8~9(歳) 30 40 30 40
10~11(歳) 40 45 35 45
12~14(歳) 45 60 45 55
15~17(歳) 50 60 45 55
18~29(歳) 50 60 40 50
30~49(歳) 50 60 40 50
50~69(歳) 50 60 40 50
70以上(歳) 50 60 40 50
妊婦(付加量) 初期   + 0 + 0
中期 + 5 + 5
末期 + 20 + 25
授乳婦(付加量) + 15 + 20

QB

  • 蛋白質の1日の摂取量は体重1kgあたり約1g。腎不全の食事療法(低蛋白食)では0.6-0.8g/体重kgである。
  • PFC比率=蛋白:脂肪:炭水化物=10-20%:20-30%:50-70%

臨床関連

  • 血清タンパク:
  • 臨床検査では血清を用いる

参考

  • 1. 「日本人の食事摂取基準」(2010年版)
[display]http://www.mhlw.go.jp/shingi/2009/05/s0529-4.html







白質」

  [★]

white matter
substantia alba


  • 脳と脊髄の断面で、肉眼的に白色を呈する部分。


調節」

  [★]

regulation, (眼科)accommodation(水晶体による)
調和等能系



質」

  [★]

quality
品質




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡