反跳現象

出典: meddic

rebound phenomenon, StewarLHolmes phenomenon

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • ペグインターフェロン・リバビリン72週併用療法後の再燃に対し, インターフェロン単独療法の追加にて著効を得たC型慢性肝炎の1例
  • 奥瀬 千晃,公文 大輔,小林 稔,遠藤 陽,木下 雄一,野口 陽平,伊澤 直樹,小澤 俊一郎,中原 一有,山田 典栄,岡本 賢,高橋 秀明,片倉 芳樹,松永 光太郎,松本 伸行,石井 俊哉,四柳 宏,飯野 四郎,鈴木 通博,伊東 文生
  • 肝臓 49(11), 495-500, 2008-11-25
  • … RNAが再出現し,8週目には2600 KIU/mlまで増加したが,16週目には5 KIU/ml未満となったため,コンセンサス・インターフェロン 900万単位の週3回投与を導入した.以後,HCV RNAが陰性を持続したため,24週間で投与終了としたが,Sustained viral responseに至った.ペグインターフェロン・リバビリン併用療法無効例であっても再燃後の反跳現象時にインターフェロン単独療法を行うことでHCVを排除させ得る症例があることが示された. …
  • NAID 10024365080
  • Don Pettit の実験に学ぶ微小重力下での液滴反跳現象のモデル化
  • 三浦 均,塚本 勝男
  • JASMA : Journal of the Japan Society of Microgravity Application 25(4), 775, 2008-10-30
  • NAID 10024595113

関連リンク

◇反跳現象. 投与中止後に血中濃度が低下してくると、浸透圧の逆転が生じ、血中の水 が組織に逆移動して浮腫が再現する現象。 Back.
ベンゾジアゼピン系薬剤の離脱時に起こる現象 1.反跳現象 薬剤によって抑制されてい た症状が一過性に薬剤服用前より強くなる現象 薬剤服用前と症状の性質は変わらない が、その強さがより大きく現れる現象。 反跳性不安、反跳性不眠など。 2.離脱現象 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
リンク元スチュワート・ホームズ現象」「rebound phenomena
関連記事現象」「反跳

スチュワート・ホームズ現象」

  [★]

Stewart-Holmes phenomenon, Stewart-Holmes rebound phenomenon
反跳現象


rebound phenomena」

  [★]

反跳現象

rebound phenomenon

現象」

  [★]

phenomenonphenomenaeventphenomenal

国試ででそうな現象


反跳」

  [★]

reboundrecoilreboundrecoil
リバウンド揺り戻し




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡