反復刺激後増強

出典: meddic

テタヌス後増強

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • ストレッチングの生理学 : 筋伸張が神経筋伝達機能に及ぼす影響
  • 山下 敏彦,関根 将利,竹林 庸雄,川口 哲,石井 清一,片平 弦一郎,太田 勲
  • 運動療法と物理療法 = The Journal of physical medicine 12(1), 20-26, 2001-04-30
  • NAID 10010341436
  • ストレッチングの神経生理学的メカニズム : 特に神経筋伝達機能について
  • 山下 敏彦,石井 清一,片平 弦一郎,太田 勲
  • 運動療法と物理療法 = The Journal of physical medicine 10(4), 375-381, 1999-12-25
  • NAID 10009658301

関連リンク

疲労 シナプス伝達が頻回行われることにより、伝達物質が枯渇してしまい、シナプス前 膜まで活動電位が来ても、シナプス後膜に活動電位が発生しにくくなることです。 動画と 音声での説明: Flash形式(Win, Mac) / MP4形式(iPad). 反復刺激後増強 シナプス ...
比較的長時間の反復刺激を行った後でもEPSPが発生し続ける現象を反復刺激後増強 (post-tetanic potentiation)という.海馬では反復刺激後増強の効果が強く,約2週間 続く.これを長期増強(long-term potentiation)という.長期増強はグルタメートの受容 体 ...

関連画像

重症筋無力症とLEMSの反復誘発 fig.11伝導検査法に準ずる.頻回刺激 fig.10


★リンクテーブル★
リンク元テタヌス後増強」「チロシンホスファターゼ」「膜透過性遷移孔」「posttetanic potentiation
関連記事刺激」「増強」「反復」「反復刺激後

テタヌス後増強」

  [★]

posttetanic potentiation, post-tetanic potentiation, PTP
後テタヌス性増強反復刺激後増強
  • 多くのシナプスにおいて、短時間で高頻度の刺激(テタヌス tetanus)を加えると、その後しばらくEPSPの振幅が増大する。他の多くのシナプスで観測される持続時間の短い可塑性変化。
  • 高頻度刺激により、シナプス前線維終末部の細胞内にCa2+が貯留するなどして、神経伝達物質の放出が増加するために起こる。



チロシンホスファターゼ」

  [★]

tyrosine phosphataseprotein tyrosine phosphatasePTPasePTP
後テタヌス性増強反復刺激後増強チロシン脱リン酸酵素チロシン脱リン酸化酵素リン酸化チロシン脱リン酸化酵素膜透過性遷移孔タンパク質チロシン脱リン酸化酵素タンパク質チロシンホスファターゼ


膜透過性遷移孔」

  [★]

permeability transition porePTP
後テタヌス性増強チロシンホスファターゼ反復刺激後増強


posttetanic potentiation」

  [★]

刺激」

  [★]

(刺激そのもの)stimulusstimuli。(行為)stimulation、、stimulateirritateincite、(薬物や抗原で)prime
impulse
刺激作用煽動抗原刺激扇動予備刺激




増強」

  [★]

potentiationenhancementaugmentationenhancepotentiateaugmentintensify
強化亢進相乗増感増大強める長期増強


反復」

  [★]

iteration(PSY), repetition(IMD)
  • 同じ行動や思考を繰り返すこと。



反復刺激後」

  [★]

post-tetanicposttetanic
後テタヌス性テタヌス後




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡