反復刺激

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 反復刺激検査 (特集 リハビリテーションにおける臨床神経生理学) -- (臨床神経生理学的検査)
  • 叶内 匡
  • Monthly book medical rehabilitation (166), 25-32, 2014-01
  • NAID 40019975564
  • 前頭前野皮質ニューロン長期シナプス 可塑性誘発の薬理学的メカニズム
  • 大谷 悟
  • 日本薬理学雑誌 144(5), 227-233, 2014
  • … カニズムについて研究してきた.我々の結果によれば,前頭前野シナプスにおけるLTP/LTD 誘発は,この皮質機能に重要な役割を持つ伝達物質ドパミンによる逆U字型濃度依存性調節を受けている.まず高頻度反復刺激によるLTP 誘発には,適度なレベルの背景ドパミンtonic/background dopamine が持続的に存在することが必要であり,このドパミン濃度が高すぎても低すぎてもLTP は誘発されない.適度なレベルの背景ドパミンはD1 …
  • NAID 130004704237

関連リンク

神経・筋接合部(neuromuscular junction)の機能の評価に用います。 運動神経と筋の接点である神経・筋接合部(または終板 end-plate)は、神経終末の細胞膜(シナプス前膜)と、筋形質膜(シナプス後膜)とが間隙をはさんで接して ...
反復刺激試験(repetitive stimulation test) 目的: 神経筋接合部 (下図右参照) における興奮伝達機能の判定、疲労現象の観察など。 対象:神経筋接合部の障害をきたす種々の疾患。 重症筋無力症(MG)、筋無力症候群(Lumbert-Eaton ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
拡張検索反復刺激後過分極
関連記事刺激」「反復

反復刺激後過分極」

  [★]

posttetanic hyperpolarization


刺激」

  [★]

(刺激そのもの)stimulusstimuli。(行為)stimulation、、stimulateirritateincite、(薬物や抗原で)prime
impulse
刺激作用煽動抗原刺激扇動予備刺激




反復」

  [★]

iteration(PSY), repetition(IMD)
  • 同じ行動や思考を繰り返すこと。





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡