反射性勃起

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 腰部脊柱管狭窄症における歩行誘発性勃起の発現機序に関する一考察
  • 安藤 直人,花北 順哉,高橋 敏行,深尾 繁治,北浜 義博,南 学
  • 脳神経外科ジャーナル 16(11), 852-857, 2007-11-20
  • … 行に伴う勃起であり,馬尾型の症状を呈し,陰部のシビレを伴うことが特徴的と思われた.腰部脊柱管狭窄症では,歩行時には静脈還流障害に伴い馬尾神経が阻血状態となり,感覚入力系神経に異常な興奮性を生じ,それがシビレなどの過剰な症状を惹起しながら,仙髄勃起中枢に興奮性の入力となりうると推測される.したがって,腰部脊柱管狭窄症での歩行誘発性勃起は,synapticな反射性勃起とする仮説が有力であると考察した. …
  • NAID 110006440393
  • 脊髄損傷患者の性機能に関する研究
  • 高坂 哲,宮崎 一興
  • 日本泌尿器科學會雜誌 79(5), 824-831, 1988-05-20
  • … ,下位完全麻痺,上位不全麻痺,下位不全麻痺の4群で性機能について問診および勃起力に関して陰部皮膚温度から検討した.症例は16歳から58歳(平均34.2歳),罹患期間は平均3年4ヵ月.問診結果は,上位完全麻痺群で反射性勃起90.1%,性交可能72.5%,下位完全麻痺群では,射精可能15.3%と良好であったが,精神性勃起,極致感はいずれも10%以下であった.性的刺激(視覚的性的刺激,V.S.Sと略す.および機械的陰茎刺激P.M.Sと略す)に対する陰部皮 …
  • NAID 110006384015

関連リンク

反射関係(はんしゃかんけい、英: Reflexive relation)は、数学における二項関係の一種 。二項関係には反射性(reflexivity)のものと非反射性(irreflexivity)のものがある。なお 、ここでの(二項)関係は X×X という形式であり、集合 X からそれ自身への関係である ...
典型的には以下のようなプロセスとなる。脳底動脈支配領域の神経症候が主症候となる 。脳の上位部から虚血が起こるので後頭葉障害で眼前暗黒感、上位脳幹網様体障害で 意識障害、延髄の前庭脊髄路障害で失立となる。反射性に交感神経が刺激され冷感 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事反射」「勃起

反射」

  [★]

reflex
反射の一覧

反射中枢の存在レベルによる分類

構成要素からの分類

cf.原始反射

原始反射

  • 生命維持のためにする反射
  • 正常な新生児において特徴的に観察される反射的行動を総称してこう呼ぶ。

原始反射の例

  • 乳さがし反射: 口の片側を触られると、赤ん坊の頭がそちらのほうを向くという反射。
  • 吸啜反射: 赤ん坊の口の中にものを入れると、すぐにそれを吸い始めるという反射。
  • モロー反射: 赤ん坊の背中と頭を支えて仰向けにした状態で、上体を数cm上方に起こし、手で支えながら急に頭部を落下させると、両手と両足を左右対称的に外側に伸ばし、それに続いてゆっくりと抱き込むような上肢の運動が見られる反射。大きな音などで驚いたときにも見られる。
  • バビンスキー反射: 足の裏の外縁をゆっくりと踵からつま先に向かってこすることにより、母趾(おやゆび)が背屈し他の4趾が開く(開扇現象)反射。

参考(読んでおく)

[反射]





勃起」

  [★]

erection
陰茎勃起射精


機構

see also HIS.430

分子メカニズム

神経支配

S2-S4 → 骨盤内臓神経 → 下下腹神経叢 → 陰茎海綿体神経

臨床関連




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡