反射の一覧

出典: meddic

伸長反射

  • 除脳動物で筋を伸ばすと、伸張された筋に張力が発生する。この張力のうち、後根を切断すると消失する成分は中枢神経を介した反射による。
  • Ia群線維が運動ニューロンに直接結合して生じる単シナプス反射である。
  • 筋の長さを一定に保つフィードバックループ作用のようなもの
    • 機能:筋緊張を維持し、筋の長さ(従って、関節位)を反射的に制御して、姿勢や肢位を保持することである。

前庭動眼反射

前庭頚反射

視運動性反射

開口反射

咬筋反射

嚥下反射

瞬目反射(まばたき反射)

咳反射

瞳孔反射

対光反射

 目に光が入ったときに瞳孔を収縮させる

調節反射輻輳反射

 見ている物が近づいたときにレンズを厚くしてピントを合わせる調節反射、それと同時に視線を内側に寄せる輻輳反射に関わる。

和文文献

関連リンク

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。

添付文書


薬剤と関係ないページで押した場合何も表示されません。混雑の程度によりますが、表示までに1分くらいかかります。
Nothing is displayed when pushing on an unrelated page to the drug. It takes display about one minute though it depends on the level of congestion.


★リンクテーブル★
関連記事反射

反射」

  [★]

reflex
反射の一覧

反射中枢の存在レベルによる分類

構成要素からの分類

cf.原始反射

原始反射

  • 生命維持のためにする反射
  • 正常な新生児において特徴的に観察される反射的行動を総称してこう呼ぶ。

原始反射の例

  • 乳さがし反射: 口の片側を触られると、赤ん坊の頭がそちらのほうを向くという反射。
  • 吸啜反射: 赤ん坊の口の中にものを入れると、すぐにそれを吸い始めるという反射。
  • モロー反射: 赤ん坊の背中と頭を支えて仰向けにした状態で、上体を数cm上方に起こし、手で支えながら急に頭部を落下させると、両手と両足を左右対称的に外側に伸ばし、それに続いてゆっくりと抱き込むような上肢の運動が見られる反射。大きな音などで驚いたときにも見られる。
  • バビンスキー反射: 足の裏の外縁をゆっくりと踵からつま先に向かってこすることにより、母趾(おやゆび)が背屈し他の4趾が開く(開扇現象)反射。

参考(読んでおく)

[反射]








★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡