双生児法

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • P1-39 二次元レジリエンス要因尺度(BRS)の妥当性の検討 : 双生児法を用いて(ポスター発表)
  • 平野 真理
  • 日本パーソナリティ心理学会大会発表論文集 (19), 57, 2010-10-10
  • NAID 110008114040

関連リンク

双生児法 双生児法とは、身体・心理・行動発達に対する遺伝と環境の要因を 明らかにするために、双生児を用いる古典的な方法である。遺伝子を 100%共有する一卵性双生児の相関と約50%共有する二卵性双生児 の相関とを、環境変化 ...
性格の形成に影響を与える要因として、古くから遺伝か環境かと論ぜられてきた。一方では、性格は生まれつきのもの ... そこで、性格の形成がどのように環境によって影響を受けるのかを研究する方法として双生児研究法がよく ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事

法」

  [★]

methodlaw
測定法測定方法訴訟方法法律学手法方式法律




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡