双極誘導

出典: meddic


bipolar lead

和文文献

  • ホルター心電図を用いたBrugada型心電図の自動検出
  • 渡辺 俊夫,渡邉 哲,鈴木 朋,阿部 宏美,深瀬 さおり,和田 由美,佐藤 智明,森兼 啓太,久保田 功
  • 心電図 31(3), 234-241, 2011
  • … 討した.対象は,ホルター心電図による心室遅延電位計測目的で当検査部に依頼があった連続39例〔Brugada症候群5例(男5例,47.6±10.9歳),その他34例(男19例,女15例,57.6±16.3歳)〕で,全例の3ch(X, Y, Z)双極誘導心電図を記録した.その結果,Brugada型心電図の検出にはZ誘導が優れていることが明らかになった.Brugada症候群ではcoved型およびsaddleback型ST上昇が検出されたものが3例,saddleback型ST上昇のみ検出されたもの …
  • NAID 130001164275
  • 肺静脈隔離術時の心房STa変動の検討
  • 下島 桐,東 祐圭,山谷 清香,若月 大輔,田辺 彩夏,森 敬善,前澤 秀之,本田 雄気,江波戸 美緒,鈴木 洋,嶽山 陽一
  • 心電図 30(3), 209-214, 2010
  • … た.PVI時,ABLカテーテル先端電極で単極誘導を記録し,通電中のSTa高の時間経過を記録検討した.ABLは先端8mm電極のABLカテーテルを用い,出力30〜35W,電極温度50度設定で30〜45秒間行い,通電中単極誘導,双極誘導を記録した.【結果】ABL開始とともにSTaは上昇し,10〜20秒でpeakとなり,以後徐々に上昇の程度は軽減するが,ABL終了時はpeak時の88.7%であった.また,ABL終了1分後もpeak時の84.2%を示し,上昇が持続して …
  • NAID 130000432006

関連リンク

心電図を記録する方法(誘導法、lead system)については、国際的に取り決めがあり、 12個の誘導法を用いる標準12誘導法が広く用いられている。この12誘導は、双極 誘導(bipolar lead)と単極誘導(unipolar lead)に分けられる。何れも2つの電極間の ...
肢誘導心電図(標準肢誘導、単極肢誘導)は、立体的に変動する心起電力ベクトルの前 額面(前面)への投影であり、また単極胸部誘導心電図はその横断面(水平面)への 投影であると考えられる。心起電力ベクトルは時々刻々と変化しているが、ある時点の心 ...

関連画像

図: 双極誘導と単極誘導単極誘導の例を示します。両腕 標準 肢誘導 双 極 肢誘導単 極 誘導 と 双 極 誘導 の 双極標準肢誘導 (bipolar standard 今回開発した双極誘導の


★リンクテーブル★
関連記事誘導」「双極

誘導」

  [★]

inductionguidancederivationinduceinductive
ガイダンス指導導入引き起こす誘起誘導性誘導的誘発帰納的帰納法溶原菌


双極」

  [★]

bipolar
双極性二極性バイポラー双極型



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡