参蘇飲

出典: meddic


和文文献

  • 症例検討会@東医研(17)参蘇飲の症例
  • 兵庫県立尼崎病院東洋医学科
  • 漢方研究 (457), 21-23, 2010-01
  • NAID 40016977165
  • 桂姜棗草黄辛附湯、参蘇飲、八味丸の症例
  • 盛岡 頼子,岡部 竜吾,溝部 宏毅,新井 信,久米 由美
  • 漢方の臨床 55(10), 1488-1493, 2008-10-25
  • NAID 10024308536

関連リンク

参蘇飲とは?効能,副作用等を説明,ジェネリックや薬価も調べられる(おくすり110番:薬事典版) ... 概説 カゼや咳に用いる漢方薬です。 作用 【働き】 参蘇飲(ジンソイン)という方剤です。胃腸の働きをよくするとともに、カゼの症状を ...
いらっしゃいませ、効き目の良い漢方薬:ツムラ 参蘇飲 エキス顆粒(医療用)、処方名:参蘇飲をいかがですか?ご注文お待ちしています!東京都江戸川区安心のハル薬局です。ハル薬局は医薬品個人輸入のため低価格でお買い求め ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。

添付文書

薬効分類名

  • 漢方製剤

販売名

太虎堂の参蘇飲エキス顆粒

組成

  • 本品7.5g中
    日局ソヨウ       1.0g
    日局キジツ      1.0g
    日局キキョウ     2.0g
    日局チンピ      2.0g
    日局カッコン     2.0g
    日局ハンゲ      3.0g
    日局ブクリョウ    3.0g
    日局ニンジン     1.5g
    日局タイソウ     1.5g
    日局ショウキョウ   0.5g
    日局モッコウ     1.0g
    日局カンゾウ     1.0g
    日局ゼンコ      2.0g
    上記生薬より抽出した水製乾燥エキス4930mgを含有する。
  • 添加物として日局乳糖水和物、日局ステアリン酸マグネシウムを含有する。

効能または効果

  • 感冒、せき
  • 通常成人1日7.5gを3回に分割し、食前又は食間に経口投与する。なお、年齢、体重、症状により適宜増減する。

重大な副作用

偽アルドステロン症:

  • 低カリウム血症、血圧上昇、ナトリウム・体液の貯留、浮腫、体重増加等の偽アルドステロン症があらわれることがあるので、観察(血清カリウム値の測定等)を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、カリウム剤の投与等の適切な処置を行うこと。

ミオパシー:

  • 低カリウム血症の結果としてミオパシーがあらわれることがあるので、観察を十分に行い、脱力感、四肢痙攣・麻痺等の異常が認められた場合には投与を中止し、カリウム剤の投与等の適切な処置を行うこと。


★リンクテーブル★
リンク元発熱
拡張検索参蘇飲エキス

発熱」

  [★]

pyrexia
fever, thermogenesis
熱型、≠高体温(体温調節機構の破綻による)、不明熱
ジェネラリスト診療が上手になる本 p.9

概念

  • 体温中枢のセットポイント上昇による

分類

  • 微熱:37.5℃以上 37.0~37.9℃(YN.)
  • 発熱:38.0℃以上
ジェネラリスト診療が上手になる本 p.9


小児

  • 37.5℃以上

病態生理

  • 発熱サイトカイン(IL-1, TNF)が視床下部に作用してPGE2の産生を亢進し、PGE2により体温調節中枢を司る細胞内のcAMP濃度が上昇することでの体温セットポイントがあがる。

熱源の精査

  • 咽頭、肺、胆道系、泌尿器系、皮膚・軟部組織(蜂窩織炎、褥瘡)

疾患と発熱

膠原病と発熱

発熱40℃(PMID 8107744)

発熱の後に関節炎(PMID 8107744)

原因不明の熱の鑑別

  • 感染症
  • 腫瘍
  • 膠原病
  • 薬剤熱 → 比較的元気、比較的徐脈、比較的CRP

発熱と心拍数の関係

  • 体温1℃上昇に付き心拍数20上がる。これ以上の上昇が見られる場合、敗血症を疑う。  ←  1℃に付き10上がるという資料もあり(比較的徐脈)

発熱を伴う内科的緊急疾患

内科レジデントの鉄則 第2版 p.6

院内における発熱の鑑別疾患

  • 感染性 :肺、泌尿器、褥瘡、クロストリジウム・ディフィシル感染症、カテーテル関連感染症
  • 非感染性:薬剤熱、偽痛風、深部静脈血栓症

小児科における発熱の原因

年齢 原因
乳児(生後3ヶ月未満) 敗血症、細菌性髄膜炎、尿路感染症、肺炎、B群溶連菌感染、グラム陰性桿菌
乳児(生後3ヶ月以降) ウィルス感染(突発性発疹などの発疹性疾患)、中耳炎尿路感染症、消化器・呼吸器疾患、川崎病
幼児、学童期 溶連菌感染症、伝染性単核球症、膠原病、factitious fever(詐病)、学校での感染症の流行
  • 乳児における中耳炎、尿路感染症は症状が発熱であることが多く原因が追及しづらい。鼓膜を観察したり、尿の培養をすることが重要かもしれない。

小児における発熱

SPE.63

新生児・乳児における発熱

see also step beyond resident 2 救急で必ず出会う疾患編 p.20
3ヶ月未満は免疫力が弱く重症細菌感染症にかかりやすい。
生後   :対処
0-1ヶ月 :入院。血液検査・各種培養検査を。
2-3ヶ月 :外来で小児科医が診察し、血液検査で細菌感染が疑われれば入院
4-6ヶ月 :外来で小児科医が診察し、発熱以外に所見がなければ、十分な水分摂取を指示し、翌日再診を。
6ヶ月以降:食欲・機嫌がよければ、翌日再診を。

漢方医学

[show details]




参蘇飲エキス」

  [★]

漢方製剤参蘇飲




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡