原南陽

出典: meddic

和文文献

  • 原南陽『経穴彙解』における奇穴の一考察
  • 対談・江戸の医案を読む(第12回)原南陽『叢桂亭医事小言』より
  • 秋葉 哲生,平馬 直樹
  • 漢方と診療 1(3), 206-212, 2010-08-00
  • NAID 40017254919

関連リンク

原南陽 原南陽は親試実験医学を開花させた医人として、歴史上に名を残した。南陽は名を昌克、字は子柔、通称は玄 といい、南陽は号である。宝暦三年(一七五三)水戸に生まれた。父は水戸侯の侍医であった。
美術人名辞典 - 原南陽の用語解説 - 江戸後期の水戸藩医。書家。水戸生。藩医原昌術の子。名は昌克、字は子柔、別号に叢桂亭、通称は玄与等。幼少より儒を伯父戸崎淡淵に、医を父に学ぶ。京都に上り、山脇東洋に古医方、賀川玄迪 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡