卵胞期

出典: meddic




-低温相


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 口臭と月経周期および年齢との関係
  • 板垣 菜美子,本間 和代,Itagaki Namiko,Honma Kazuyo
  • 明倫短期大学紀要 15(1), 51-58, 2012-03
  • … ルメルカプタン・ジメチルサルファイド濃度を測定し,月経周期における口臭の有無を調ベた.それらのデータをもとに,(1) 月経期は低温期であるが,ホルモンバランスが乱れやすいため,口臭が発生しやすい,(2)卵胞期は低温期であり,エストロゲン(卵胞ホルモン)の分泌がさかんであるため口臭がない,(3)黄体期は,プロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌がさかんで,プロゲステロンはわずかに体温を上げる作用があるため,高温 …
  • NAID 120005038937
  • 足浴・足マッサージによる「心地よさ」に対する主観的・客観的な評価 : 褥婦と非妊婦の比較
  • 小西 清美
  • 母性衛生 52(2), 249-255, 2011-07
  • … なお,非妊婦は月経周期のなかで,卵胞期前期(月経4〜8日目)に測定した。 …
  • NAID 110008687064
  • 女子大生の月経周期における唾液分泌反応の日内変動
  • 喜多村 尚,小原 郁夫
  • 日本栄養・食糧学会誌 : Nippon eiy◆U014D◆ shokury◆U014D◆ gakkaishi = Journal of Japanese Society of Nutrition and Food Science 63(2), 79-85, 2010-04-10
  • … 唾液分泌量はすべての周期で, さらに唾液タンパク質は卵胞期および黄体期のみで, 午前, 午後, 夕方にかけて上昇する日内変動がみられたのに対し, 唾液アミラーゼ活性および唾液pHは日内変動が観察されなかった。 …
  • NAID 10026248771

関連リンク

なんとなく、高温期にばかり注意を払っていてその前の大事な卵胞期が疎かになっていたりしませんか?実はなによりも大事な時期がこの「卵胞期」なんです。今からでも遅くは...
デートは「卵胞期」、要注意は「黄体期」! 3分でマスターできる月経周期でブレナイ女を目指す。30代40代の女性へ向けて「ロハス」をテーマにナチュラルで上質な暮らしを提案。心まで豊かにするライフスタイル情報をお届けします。

関連画像

月経周期は 卵胞期 、 排卵 卵胞期卵胞期卵胞期とは?(基礎体温は低温  月経 期 卵胞 期 排卵期 黄体期卵胞期の相談


★リンクテーブル★
国試過去問083A080
リンク元黄体期」「低温相
関連記事卵胞

083A080」

  [★]

  • 成熟期婦人の消化管X線造影検査について適切な物。全て選べ
  • (1) 未婚であれば、いつ行っても良い
  • (2) 授乳中であれば、いつ行っても良い
  • (3) 妊娠反応陰性を確認してから行う
  • (4) 卵胞期に行うようにする

黄体期」

  [★]

luteal phase
periodus luteinica
卵胞期


体温 低温相 高温相
卵巣周期 増殖期 分泌期
内膜周期 卵胞期 黄体期



低温相」

  [★]

hypothermic phase, low phase
低温期 low-temperature period
卵胞期



卵胞」

  [★]

follicle (Z), ovarian follicle
folliculus ovaricus, folliculus ovarii
卵巣濾胞


卵胞の発育

  • 最初、原始卵胞はFSHに依存せずに生育していき、顆粒膜細胞層が3層になった頃(一次卵胞)にFSH受容体を発現し、FSH依存性に生育していく。
  • 月経周期の初期には下垂体からのFSH分泌が増加して(月経周期参照)、ゴナドトロピン刺激とは無関係に発育してきた卵胞をさらに刺激してグラーフ卵胞へと発達させる。FSHによる刺激がない場合には卵胞は変性し閉鎖卵胞となる。(NGY.26)
  • (ゴナドトロピンの刺激を受けた?)卵胞は1-2mm/dayの割合で大きくなり、5mmで超音波エコーにて描出される。
  • 排卵前には約20mmとなる。





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1user/password 20
2ミタゾラム 効果 16
3Jardine, A., Neville, P. J., Dent, C., Webster, C., & Lindsay, M. D. (2014). Ross River virus risk associated with dispersal of Aedes (Ochlerotatus) camptorhynchus (Thomson) from breeding habitat into surrounding residential areas: muddy lakes, Western Australia. American Journal of Tropical Medicineand Hygiene, 91(1), 101-108. doi:10.4269/ajtmh.13-0399 16
4化生 特徴 15
5多毛日本 12
61,1024,768,24 HTTP/1.1 8
7user/register 8
8ラクテック 8
9cefpodoxime proxetil BCS 8
10盲斑 7
111,320,568,24 HTTP/1.1 7
12日常生活自立度 6
13Salivary glands 5
14viraldeath解剖 5
15ルリッシュ症候群 5
16サイズの原理 筋電図 5
17メトロイリーゼ 4
18?mesterolon? Britain 4
19vitブラウザの1時間2.3時間を見る方法 4
20ハルトマン 4

昨日の人気記事
 タイトル表示
1user/password 9
2医の倫理 国際網領 4
3ハルトマン 3
4ソルデム 3
5顔面失行 3
6動脈血柱反射 3
7ワレンベルグ症候群 3
8monnro-kou 3
9扁平コンジローマ 3
10サーモグラフィー 末梢循環障害 2
11化学性腹膜炎 2
12高カルシウム血症 2
13シンプソン徴候 2
14自動性 2
15眼球圧迫法 2
16ポイツイエーガー症候群 2
17albright 症候群 2
18心窩部痛 2
19シドフォビル 2
20強皮症 下部食道蠕動運動 2